top of page

新入荷商品更新 : 2021.06.10



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2021.06.10】

今週のWEB更新が完了いたしました!

新譜、Re-Works、再発等のお薦め商品が入荷してます!

予約商品も明日締め切りですのでお忘れなく!

(今週は土曜日にもRSD商品の更新を予定してます!)

オーダーはこちらから↓

ESPECIAL RECORDS

===================================

【新入荷商品】


●Crackazat / Period Works Album Sampler / 12” / Z Records

大推薦!!!昨年Joey Negro主宰のZ RecordsからCDとデジタルのみでリリースされたCrackazatのアルバム”Period Works”から待望の曲がようやくアナログカット!!!Local TalkやZ Recordsからのリリースでお馴染みのCrackazat。本作ではアルバムの中でも人気トラックとなっていた待望の4曲をヴァイナル化。(アルバム未収録曲1曲あり)既に数多くのDJ達にプレイされているジャジーなブギーハウス”Waterfalls”、エレクトリックかつソウルフルなハウス・トラック”In My Dreams”、アップリフティングなブギー・トラック”Fire Drift”、そして本作にエクスクルーシヴ収録となるジャジーなブギー・トラック”Sensationalised”が収録された極上の内容です!


●Touch Down / Ease Your Mind / 12” / Record Shack

Indexの”Starlight”等のリイシューも大好評であったUKの”Record Shack Records”から、1981年リリースのTouchdown"Ease Your Mind"が正規再発。ブリット・ファンクの名曲でもありガラージ/ロフト方面の定番クラシックスの一つとして知られる曲で、Masters At Work Remixでお馴染みLos Amigos Invisiblesのカヴァーもヒットした"Ease Your Mind”。ウエスト・ロンドン的なヴォーカル・ワークとファンキーなブギーサウンドが印象的なブリット・ファンク・クラシックスです。c/wには同じくファンキーなブリット・ファンク”Aquadance”が収録。オリジナル盤とほぼ同じデザインでの再発といのも嬉しいですね!


●Nile Rodgers / Do What You Wanna Do (The Reflex Mixes) / 12” / CR2 Records

2014年に未発表音源として発表されたNile Rodgers人気の楽曲を数々のリエディットでヒットを飛ばして来たThe Reflexが手掛けた話題作がようやくヴァイナル化!当時はブートレグでのリリースで少量しか出回らなかった本作。Side-Aには更に大箱仕様となったアップリフティングなヴァージョン”The Reflex Clubbed Up Revision 2021”を。そしてSide-BにはオススメのThe Reflex節全開のクラブユースなリエディット”The Reflex Greatest Dancer Mix”が収録です!Nile Rodgersの手掛けたChicの”The Greatest Dancer”の雰囲気も挿入された極上ヴァージョン。


●Dai San / Body Moves / 12” / G.A.M.M

Mad Mats主宰の人気エディット・レーベルG.A.M.Mから謎の日本人エディターDai SanによるファーストEPがリリース。Roy Ayersをネタにしたドライブ感溢れるダンサブルなブギー・トラック”Still Good”、フランス産のレア・ジャズ・ファンクをネタにしたパーカッシヴでトライバルなアフリカン・ダンス・ジャム”Body Moves”、そして最後はSunlightsquareやLouie Vegaのカヴァーでもお馴染みBoard Of Directorsが残した鮮やかなピアノがリードする激レア・ジャズファンク・ブギー鮮やかなピアノがリードする”Hanging Tough”ネタの”People To People”が収録の極上エディッツです!


●Laroye / Potion For Love / 12” / Local Talk

Mad Mats主宰の人気ハウス・レーベルLocal Talkから、Visions, Freerange等からのハウス作品でお馴染み、更には近々リリースされる”If It Aint Jazz Volume 3”でのエディットも話題のLaroyeによるEPがリリース。自身によるキーボード・ソロやボンゴ・プレイを使ったジャジーでディープなハウス作品。フューチャー・レトロなサンプリング・ハウス”Potion For Love (Never Give It Up)”と”Keep On”、そしてインスト的ヴァージョンとなる”Potion For Love (L.A Spacefunk Dub)”の3曲を収録。


●Roy Ayers / Everybody Loves The Sunshine c/w Lonesome Cowboy / 7” / Dynamite Cuts

素晴らしい7”再発が続くDynamite Cutsから、説明不要のRoy Ayersによる最高傑作が7”化!!!これまでRoy Ayersの諸作をはじめ、James Mason、Norman Connors、更にはソウル/ジャズ/ブラジリアン等、数々のアーティストのレア・グルーヴ名曲をリイシューしてきたDynamite Cutsですが、今回とうとうこの名曲が登場!Roy Ayersの代表曲にしてメロー・ソウルの最高傑作”Everybody Loves The Sunshine”をなんとアートワーク付きで7”化!!!c/wには76年の同アルバムからブルージー・ファンク・ナンバー”Lonesome Cowboy”を収録!限定盤です!


●Doug Carn / Revelation / LP / P-Vine

Black Jazz Labelオフィシャル再発シリーズ遂に本命Doug Carnの名盤が登場!Black Jazz Labelを代表する鍵盤奏者Doug Carnによる最高傑作とされる 3rdアルバム! 事実上、最後のコラボ―レーションとなった元パートナー、Jean Carnの魅力的な歌声がたまりません! Doug Carnの数あるディスコグラフィーの中でも最も評価が高く、スピリチュアル・ジャズの名盤としても知られる傑作アルバム。冒頭の”God Is One”からスピリチュアル・ジャズ感全開で、スピリチュアル・ジャズの金字塔”Power and Glory”ではソウルフルなJean Carnの歌声と優しさに溢れたDoug Carnのエレピ、そして高鳴るサックスの組み合わせが極上なサウンドを展開。更にはJohn Coltraneが生んだ名曲”Naima”のカヴァーではゆったりとした心地良いエモーショナルが広がっていく素晴らしいアレンジが展開されており、大胆なJean Carnのヴォーカルが活きた”Contemplation”も最高です! 間違いなく“名盤”と呼ばれるに相応しいBlack Jazz Labelの看板を背負う名盤です!スピリチャル・ジャズ・ファンはマストです!


●Doug Carn / Infant Eyes / LP / P-Vine

Black Jazz Labelオフィシャル再発シリーズ遂に本命Doug Carnの名盤が登場!Black Jazz Labelを代表する鍵盤奏者Doug Carnが最初にレーベルに残した大傑作!当時のパートナーであるJean Carnのスピリチュアルなヴォーカルも最高です! ドラムには Pharoah Sandersのライヴアルバムにも参加しているレジェンド・ドラマーMichael Carvin、サックスにGeorge Harper、トランペットにBob Frazierが参加しており、更にはBlack Jazz ではお馴染みのAl HallやHenry Franklinを迎えた最高のアルバム。Jean Carnの教会で聞きたくなる壮大さと美しさを併せ持っている歌声はスピリチュアル・ジャズにこれほどになくマッチ。2曲目に収録されているDee Dee Bridgewaterのカヴァーでもお馴染みの”Little B's Poem”で魅せているダンスを誘うワルツ調の楽曲とJean Carnのヴォーカルの組み合わせが多幸感を醸し出し、タイトル曲でもある”Infant Eyes”ではナチュラルなフルートとDoug Carnのオルガン、そしてJean Carnのヴォーカルが絡み合い至福の10分間を生み出しています。更にはMcCoy Tyner作の”Passion Dance”、Jon Coltrane作の”A Love Supreme”等を収録。スピリチャル・ジャズ・ファンはマストです!


●Mike Westbrook Concert Band / Love Songs (1970) / LP / Endless Happiness

UKのピアニストMike Westbrook率いるビッグバンド”Mike Westbrook Concert Band”による70年の傑作アルバム”Love Songs”がEndless Happinessからオフィシャル・リイシュー!オリジナル盤はUKのレーベルDeramからリリースされ、ヨーロピアン・ジャズ発掘期にUKジャズの名盤として再評価、その後もレア盤として人気があったアルバムです。UKジャズ・ファンク・クラシックスとして人気の”Love Song No. 1”、同路線でホーンとスキャットのユニゾンも最高な”Original Peter”は傑作ですね!オリジナル盤は現在もレア盤として高価で取引されているのでこの機会をお見逃しなく!(オリジナル盤には未収録の”Magic Garden”がボーナス・トラックとして収録されています。)


【予約商品】


●Laroye / If It Aint Jazz Volume 3 *予約受付中 / 12” / If It Aint Jazz

*予約受付中!(7月中旬〜下旬リリース予定)オーダーは6/11(金)締切です。

大推薦盤!!! 第一弾の”Reach n’ Search”、第二弾の”Chicago”共に大ブレイクしたアナログ・オンリーの人気リワーク・シリーズ“If It Aint Jazz”の新作がリリース決定!今回エディットを担当するのはLocal Talk、Visions、Freerange等からのハウス作品でお馴染みのLaroyeによるReworkが登場!Side-AにはCharles Earlandによる74年傑作ジャズ・ファンク”Leaving This Planet”をファットなボトムとブレイク・ビーツで更にダンサブルに変貌させた素晴らしいRework!そしてSide-BにはNoel Pointerのフュージョン・ファンク”Phantazia”をフロアーユースに再構築!どちらもオリジナル・ヴァージョン以上にDJプレイで使える事間違いなし!今回もアナログ・オンリーでデジタルでのリリースはありません!!!このシリーズは毎回即市場から消えてしまうで御興味ある方は必ず予約お願いします!


最新記事

すべて表示
bottom of page