top of page

緊急予約 & 新入荷商品更新 : 2024.02.22



【ESPECIAL RECORDS WEB 緊急予約 & 新入荷商品更新 : 2024.02.22】


今週の商品更新が完了いたしました!


緊急予約商品1タイトル更新しました!締め切りが近いのでお早めに!

Kawasaki Records新作7”もリリースされました!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


<緊急予約商品>


●Karin Krog - John Surman etc / Open Space (The Down Beat Poll Winners In Europe) *緊急予約受付中 / LP / Endless Happiness

*緊急予約受付中! 2/24(土)オーダー締切 (4月下旬リリース予定) 

*限定プレスの為入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

復刻盤!!!ノルウェー出身のジャズシンガーKarin KrogがJohn Surman (Sax), Albert Mangelsdorff (Trombone), Francy Boland (Piano), Niels H.O. Pedersen (Bass), Daniel Humair (Drums)をフィーチャーしてMPSに吹き込んだ69年名盤がアナログで復刻!!!Gilles Peterson選曲の名コンピ”Talkin' Jazz Volume 2 (More Themes From The Black Forest)”に収録された事でもお馴染みのHerbie Hancockの名曲カヴァー”Maiden Voyage”が収録!!!強力なブレイクビーツも印象的な古くからDJにも人気のキラーヴァージョンです!その他にもキラーなジャズトラック”Triple Play”、変拍子〜4ビート・ジャズ”Winter Song”、ディープなスピリチュアルジャズ”Hello Thursday”等が収録。77年以降復刻されていなかったのでお持ちでない方は是非この機会に!


<新入荷商品>


●Echoes Of A New Dawn Orchestra/Kyoto Jazz Massive / Substream (DJ KAWASAKI 45 Edit) c/w This Feeling (Mochi Men Remix By Young Pulse and ATN) / 7” / Kawasaki Records 

*御予約いただいた皆様お待たせしました!残り店頭分僅かです!

大推薦盤!!!DJ KAWASAKI主宰のKawasaki Recordsからの新作は、CDのみのリリースとなっていた沖野修也選曲によるコンピレーション”TOKYO CROSSOVER NIGHT 2023”から極上の2曲が7”カット!!!Side-Aは、MCDEことDanillo PlessowのレーベルSpace Grapesからのリリースで知られるJeroboamの変名、Echoes Of A New Dawn OrchestraによるKyoto Jazz Massiveの名曲”Substream”をカバー。 ヨーロッパでは沖野修也と合流し、Kyoto Jazz Massiveのライブバンドとしても活動するEchoes Of A New Dawn Orchestraが実際にKJMライブの各公演で演奏しているだけに、実質的にはKyoto Jazz Massive Live Setのスタジオ録音と言っても過言ではない。録音はDanilo Plessowが自身のスタジオで担当。あのKenny Dopeも激推しでヴァイナルがリリースされる度にソールドアウトするSpace Grapesならではのサウンドに仕上がった。この豪華な組み合わせによって完成したブギーでファンキーな”Substream”をDJ KAWASAKIが7インチ尺にリエディット。この7”だけに収録されるエクスクルーシヴなヴァージョンとなっています。Side-Bは、パリの新世代ハウスDJ / プロデューサーYoung PulseとDJプロデューサーにしてJeroboam / Echoes Of A New Dawn OrchestraのマネージャーでもあるATNによるデュオMochi MenがKyoto Jazz Massiveのアルバムから”This Feeling”をリミックス。オリジナルは70’sタイプのフュージョンブギーであったが、こちらは80’s調のサウンドを巧みに織り込んだダンサブルな仕上がりです。両面共にKyoto Jazz Massive楽曲であり、人脈の交錯に加え、サウンド面での関連性も非常に強くなっている。フランスの気鋭アーティスト2組によるKyoto Jazz Massiveの極上カバー&リミックスEPです!


●Echoes Of A New Dawn Orchestra / Substream (Kyoto Jazz Massive Cover Version) / 12” / Mukatsuku 

*予約キャンセルがありましたので少量店頭に出しました!

Kawasaki Recordsからも7”リリースされた”Echoes Of A New Dawn Orchestra / Substream”がNik Weston主宰のMukatsukuからフルレングスで12”カット!!!MCDEことDanillo PlessowのレーベルSpace Grapesからのリリースで知られるJeroboamの変名、Echoes Of A New Dawn OrchestraによるKyoto Jazz Massiveの名曲”Substream”をカバー作品。 ヨーロッパでは沖野修也と合流し、Kyoto Jazz Massiveのライブバンドとしても活動するEchoes Of A New Dawn Orchestraが実際にKJMライブの各公演で演奏しているだけに、Kyoto Jazz Massive Live Setのスタジオ録音と言っても過言ではない。録音はDanilo Plessowが自身のスタジオで担当。あのKenny Dopeも激推しでヴァイナルがリリースされる度にソールドアウトするSpace Grapesならではのサウンドに仕上がった。Side-Bには本作へのエクスクルーシヴとなるコーラスがミュートされた未発表インスト・ヴァージョンも収録です。Kawasaki Recordsからの7”は少し短いDJ KAWASAKI 45Editヴァージョンですのでフルレングスでも是非持っておいいただきたいです!再プレス無しの完全限定盤です!

最新記事

すべて表示

Komentáře


bottom of page