新入荷商品更新 : 2022.08.04



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2022.08.04】

今週の新入荷商品更新が完了いたしました!


Joyceの幻の未発表アルバム”Natureza”の予約開始!引き続きROOT SOUL / Freaky PowerのLPも予約受付中です!

いよいよ今週末はNAYUTAHの新作7”もリリースとなります!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


<予約商品>


●Joyce / Natureza *予約受付中 / LP / Far Out Recordings

*予約受付中!8/12(金)オーダー締切 (10末リリース予定)

*限定プレスの為入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

幻の作品が遂にリリース!ジョイスがあのクラウス・オガーマンによる 作編曲/指揮で1977年にNYで録音するも、長年お蔵入りとなっていた幻のアルバムがついに世界初リリース決定! 先行シングルとしてRSDにリリースされた11分を超える圧巻の"Feminina" 初演を含む全7曲を収録。クラウス・オガーマンによる作編曲/指揮はもちろん、ジョー・ファレル、マイケル・ブレッカー、バスター・ウィリアムス、マイク・マニエリ、さらにはマウリシオ・マエ ストロ、トゥッチー・モレーノ、ナナ・ヴァスコンセロスというアメリカ/ブラジルを代表する名手が参加し、NYのコロムビア・スタジオで録音されたという幻の作品がついに全貌を明らかにします!


●ROOT SOUL / Freaky Power *予約受付中 / LP / AT HOME SOUND

*予約受付中!8/12(金)オーダー締切 (11/03レコードの日2022リリース)

*完全限定プレスの為ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

KJMのベーシストとしてもお馴染みの池田憲一 a.k.a. ROOT SOULによる13年ぶりのフルアルバム『FREAKY POWER』が待望のLP化! ブーツィー・コリンズやビル・ラズウェル等、世界から絶賛された大傑作がレコードの日2022にてアナログ盤が発売決定! これぞ、21世紀型のファンキー・ミュージック! 全曲ハイブリッドにしてエモーショナルなバンド録音。 13年ぶりのニュー・アルバムは、ファンク、ソウル、ディスコ、ブギー、ジャズ、ロック、アフロを融合したエモーショナルでオーガニックなハイブリッド・サウンド。 ライブを前提にした骨太なグルーヴ、高揚感溢れるホーン・アレンジ、近未来的なシンセサイザーの導入、 更にはブギーでスラッピーなベース・ラインを随所に散りばめる等、21世紀型のファンキー・ミュージックが完成した。 参加ミュージシャンは、Kyoto Jazz Sextetのメンバーで、SOIL&"PIMP"SESSIONSのサポートで知られる栗原健、 Central/VenueVincentの西岡ヒデロー、A Hudred Birdsのタケウチ・カズタケ、オーサカ=モノレールの木村創生 他。1stアルバムにも起用された UKのヴォーカリストAndrea Clarkeが参加し、先行7inch(AHS-062)でもシングルカットされた「She's Got It」の再集録も嬉しい限り。 アート・ワークは世界中からオファーが絶えない青山トキオが担当。ぶっ飛んだパワーが、全人類を鼓舞 & 触発する!!

(収録時間と音質の兼ね合いでアルバム全曲は収録できない為、すでに7inchになっている”That Good Feeling”と”Always”は未収録となっております。)

<新入荷商品>


●Pharoah Sanders / Live At The East / LP / Chush

豪快な演奏で聴く者を圧倒する巨人ファラオ・サンダースの1971年の演奏捉えた作品”Live At The East”がアナログ盤でリイシュー!確認できる範囲では48年ぶりのアナログ盤再発になります。Cecil McBee、Stanley Clarke、Carlos Garnett、Marvin Peterson、Norman Connors等の豪華スピリチュアル・ジャズのビッグネームをメンバー従えて、20分を越える長尺曲"Healing Song"や師匠であるJohn Coltraneへのトリビュート曲などを徐々に熱を上げていくPharoah Sandersらしい演奏で感動的に聴かせる名演を収録。本作がPharoah Sandersの初ライブ盤にもなる1作です。Pharoah Sanders作品は軒並み高価になっていますが、本作のオリジナル盤も既に1万を超えるレア盤化してますのでスピリチュアル・ジャズ・ファンは是非この機会に!!!

●Les Demerle / Concerts By The Sea / LP / Groove Diggers

アルバム”Transfusion”等の人気盤で知られるジャズファンクドラマーLes DeMerleによる78年ライブ盤で彼の諸作の中でもレア盤として古くから人気の”Concerts By The Sea”が世界初オフィシャル・リイシュー!オープニングのMCと歓声から始まる軽快なジャズフュージョン”Quetza”、ソウル・フレイバーたっぷりで終盤にはキラーなドラムブレイクが挿入される”Ambidextrous”、パーカッ ション、ドラム、ベース、エレピ、そしてホーンと徐々に重なり合うパートが心地よい ミドル・テンポのファンクナンバー”Island Winds”、ヴォーカルをフィー チャーした”Music Is The Message”、疾走感溢れる高速ジャズ・ファンク”San Quentin Quail”や”Sambandrea Swing”は本ライヴのハイライトと言っても過言ではないでしょう! そして何より最高なのはEddie Harrisの名曲カヴァーでテーマとのスキャットユニゾンも最高なジャズファンク・クラシックス”Freedom Jazz Dance”!!!オリジナル盤は今や2万オーバーと言われているのでこの機会に是非!!!

★初回完全限定生産★帯付き★世界初LPリイシュー


●Kokoroko / Could We Be More / LP / Brownswood Recordings

UKジャズシーンの真打ちKokorokoが待望のデビュー・アルバムを遂にリリース!ロンドンを拠点とする8人組バンドKokoroko。 2020年にアーバン・ミュージック・アワーズで「ベスト・グループ賞」を獲得、グラストンベリー・フェスティヴァルやメルトダウン・フェスティヴァルをはじめとする多くのフェスでパフォーマンスが絶賛され、Loud & Quiet、Rolling Stone、Crack、Clashなど様々な海外メディアで高評価を受ける彼らが、待望のデビュー・アルバム『Could We Be More』をGilles Peterson主宰のBrownswood Recordingsよりリリース。 “新世代アフロビートの改革的な存在” や “ジャズの新しい形というだけではなく、ブリティッシュ・ミュージックの来るべき姿だ” などと評される彼らが作り上げた『Could We Be More』は、これまで以上にバンドの音楽性を発展させた意欲的なアルバムとなっている。 アフロビート、ハイライフ、ソウル、ファンクの間を巧みに行き来する15曲は、ウエスト・アフリカンやカリブ海という、バンドのメンバー達が育った地域に根ざした音楽からも多大な影響を受け、インスピレーションを得ており、本作はロンドンの即興音楽シーンが如何にハイレベルか、ということをココロコがあますところなく体現している。 彼らの作品は過去の産物を参照しながら作られたものでありながら、新しく響く、完全なオリジナルであり、来るべきUKのクロスオーヴァーなシーンの活況を体現したバンドである。


●V.A. (Alex Attias ft. Sohan Wilson, Life Recorder, June Jazzin, Mark E) / Evolution - Phase Four / 12” / Visions Recordings

Alex Attais主宰のVisionsよりオールエクスクルーシヴのニュートラックで送るオムニバスシリーズ『Evolution』の第4弾が到着!今回はジャズ、フュージョン、エレクトリックサウンド、デトロイト、シカゴなどのエッセンスが巡るダンスTRKを4アーティストが提供。主宰Alex Attiasがキーボード奏者Sohan Wilsonを迎えて送るウォーミーで鮮やかなフュージョン・バウンシー・ディープハウス”Magical Feeling”、Life Recorderによるジャジーなキーボードのコードチェンジも最好なディープハウス”Eternal Tones”、ブギーフィーリングも忍ばせながら70年代のジャズファンク/ソウル的なヴァイブレーションも内包したグルーヴィーなダンスTRKを展開していくJune Jazzin “Sikhanyiso”、その進化/深化止まらないサウンドとグルーヴの”鳴り”の際立ちに脱帽のMark Eによるディープ・ビートダウン・ブギー”Tracer”が収録の素晴らしい内容です


●V.A. (Melchior Sultana, PDG, Reekee, Javonntte) / Best Of Various / 12” / Ten Lovers Music

国境を超えたアーティスト達によるジャズ・エッセンス巡るクロスオーヴァー・ダンストラックを発信するTen Lovers MusicのオムニバスEPシリーズ新作は、4アーティストによる5TRK EP。裏打ちのリムショットアタックもダンサブルなビートに、メローなキーボードと流麗なピアノプレイが輝くMelchior Sultana “Spectres”に始まり、New Age~アンビエンスな奥行きのあるオーガニックサウンドを聞かせるPaul David Gillman Pres. Red Earth Design “Secret Garden (Reprise) “、Theo Parrishにも通じるビートダウンジャジーなムードをよりしなやかなグルーヴ感で体感させるかのようなReeKee “Here We”、脈打つグルーヴラインも心地よい同じく ReeKeeによる ジャジーディープハウス”Next To Me”、そして鮮やかなピアノプレイやエレピソロにも心も体も洗われるJavonntteによるジャズTRK”Satellites and Dreamers”が収録。5TRKのオムニバスEPとしてそのまま聞くことでも素晴らしいサウンドジャーニーを満喫できる1枚に。


●NAYUTAH / 君のポラロイド (CUNIMONDO REMIX c/w DJ KAWASAKI 45 Edit) / 7” / AT HOME SOUND

*8/6 (SAT)CITY POP on VINYL 2022にてリリースです!

RYUHEI THE MAN主宰のAT HOME SOUND の記念すべき60作目はNAYUTAHのRemix 7”が登場!!!

2018年突如としてシーンに躍り出た“時代を変える、時代のガール” こと大型新人シンガーNAYUTAH。2020年に発売されたファーストアルバム『NAYUTAH』から、人気曲「君のポラロイド」の7inchシングルカットが決定。 大注目のCUNIMONDO REMIXは、クニモンド瀧口の真骨頂であるシティポップが持つ艶やかで上品な音楽性が見事に融和した唯一無二のアーバンなブギー・リミックスに仕上がりました。さらにフルアルバムのプロデュースを手掛けたDJ KAWASAKIによる45 Editも収録。 実力派シンガーとして着実にステップアップしていくこれからのNAYUTAHにも注目して欲しい。


最新記事

すべて表示