新入荷商品更新 : 2022.02.04



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2022.02.04】


スミマセン!結局今週は先日アップした予約タイトルのみでの紹介となってしましました!

レア・ブラジリアン再発の4タイトルはどれもお薦めです!

明日土曜日〆切ですので御予約お忘れなく!!!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================


<予約商品>


●Zito Righi E Seu Conjunto / Alucinolandia *緊急予約受付中 / LP / Mr.Bongo

*緊急予約受付中!2/5(土)オーダー締切 (3月下旬リリース予定)

*限定盤のため大幅ショートの可能性がございます。ご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

激レア盤復刻!!!DJ NUTSはもちろんJazzanovaやKJMもプレイ! エキゾでモンドなアフロ・ブラジリアン・ボサの名盤が待望のLP復刻! ブラジルの作編曲家/コンダクターでサキソフォニスト、ジト・ヒギことイシドロ・ヒギが自身の楽団を率いリリースした『Alucinolândia』は、サンバ、ジャズ、サイケにバランソ、ブーガルー、イージーリスニングなどのエッセンスを独自のセンスで融合させたユニークな作品。カルト・レーベル HOT からリリースされたこともあり、かねてよりレコード・コレクターの間では人気の高い作品だが、近年またその評価を高めている。そのきっかけともなったのが、DJ NUTSもプレイした冒頭のサンバのバツカーダをバックに、名歌手ソニア・サ ントスがラップ的な歌唱を聴かせるあまりにキラーなアフロ・ブラジリアン・チューン"Poema Ritmico Do Malandro" ! そしてJazzanovaやKJMもプレイしたアフロブラジリアン "Birimbau”もブラジリアン・ファンにはマストな作品!更にはキャッチーなバランソ "Hert"などなど好曲ぞろい。濃密なアフロ性を独自に昇華したブラジルならではのグルーヴ感、正統派ジャ ズボサとは異なるモンド的イマジネーション溢れる世界観は、昨今のトレンドとベストマッチ。オリジナルは軽く1000USD超で取引される大人気盤となっている。トリッピーでシュールレアリスム的なアートワークも含めこれはフィジカルで持っておきたい一枚です!


●Reginaldo Bessa / Passageiro Do Vento *緊急予約受付中 / LP / Day End Records

*緊急予約受付中!2/5(土)オーダー締切 (4月上旬リリース予定)

*限定盤のため大幅ショートの可能性がございます。ご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

'78にマイナーレーベルに残されたメロウ・サンバソウル逸品が待望の世界初復刻!ブラジルとアルゼンチンで活躍し、ボサノヴァ・ファンの間で名手として語り継がれてきたシンガーソングライター、ヘジナウド・ベッサが1978年にマイナーレーベルからリリースしたメロウ・サンバソウルの逸品が待望の世界初復刻! メロウなエレピとフルートのイントロから素晴らしい”Cadê Yayá”が最高です!!! 更にはジョルジ・ベンを思わせるサンバソウル "Três Raças Tristes”や、モハメド・アリに捧げたMPB”Tributo A Cassius Clay”も◎!!!ブラジルらしい歌心とレイドバックしたグルーヴが楽しめる最高の一枚で、近年多くのコレクターやDJが探し求めている逸品だ。帯付500枚限定リイシューです!!!


●Os Tatuis / Os Tatuis *予約受付中 / LP / Far Out Recordings

*予約受付中!2/5(土)オーダー締切 (3月下旬リリース予定)

激レア盤初復刻! アジムスの鍵盤奏者/バンドリーダーとして知られる故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミが、そのキャリア初期に残していたジャズボサ・アルバム 2タイトルを、FAR OUT RECORDINGS が世界初復刻!アジムスの一員として、また類まれなる鍵盤奏者としてエリス・レジーナ、ミルトン・ナシメント、マルコス・ヴァーリといった国内のアーティストだけでなく、ジョージ・デューク、サラ・ヴォーン、エ ディ・パルミエリといった北米のミュージシャンとも共演。ブラジルを代表するマエストロとして活躍した故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミ。そんなベルトラミが、キャリアの最初期に正統派ともいえ るジャズボサ作品を残していたことはあまり知られていない。今回復刻される2タイトルは、そん なベルトラミのキャリア最初期に録音された作品である。こちらは1965年Farroupilhaレーベルに録音・リリースされた作品で、その名も『OS TATUIS(=タトゥイの者たち)』。弟でもあるベース奏者のクラウ ヂオ、ドラムのエリゼウと形成するピアノ・トリオにトランペット、テナーサックスの2管、曲によってはオルガンを配したコンボ編成で、ジョビンをはじめホベルト・メネスカル、カルロス・リラ、ドゥル ヴァル・フェヘイラといったボサ・マエストロたちの楽曲、さらには自身のオリジナル曲 "A Bossa Do Ze Roberto" などを録音。レーベルはジョンゴ・トリオ、ペドリーニョ・マタール等の良作 を残したサンパウロのジャズボサ老舗として知られる FARROUPILHA で、同レーベルらしいサロンの色香残る上品なテイストと、ベルトラミのリリカルなピアニズムが見事に融合してい る。同レーベルに残された作品群のなかでも屈指の内容を誇る一枚としてボサノヴァ、ジャズボサ・コレクターには人気の高い一枚だ。 もちろんオリジナルのアートワークでの復刻です!


●Jose Roberto Trio / Jose Roberto Trio *予約受付中 / LP / Far Out Recordings

*予約受付中!2/5(土)オーダー締切 (3月下旬リリース予定)

激レア盤初復刻! アジムスの鍵盤奏者/バンドリーダーとして知られる故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミが、そのキャリア初期に残していたジャズボサ・アルバム 2タイトルを、FAR OUT RECORDINGS が復刻!アジムスの一員として、また類まれなる鍵盤奏者としてエリス・レジーナ、ミルトン・ナシメント、マルコス・ヴァーリといった国内のアーティストだけでなく、ジョージ・デューク、サラ・ ヴォーン、エディ・パルミエリといった北米のミュージシャンとも共演。ブラジルを代表するマエストロとして活躍した故ジョゼ・ホベルト・ベルトラミ。そんなベルトラミが、キャリアの最初期に正 統派ともいえるジャズボサ作品を残していたことはあまり知られていない。今回復刻される2タイトルは、そん なベルトラミのキャリア最初期に録音された作品である。こちらは『OS TATUIS』録音の一年後、1966年Farroupilhaレーベルに録音された作品で、弟でベース奏者のクラウヂオ、ドラムのジョヴィート・コルナを迎えた自身のピアノ・トリオでの作品。バーデン・パウ エル、マンフレッド・フェスト、マルコス・ヴァーリの楽曲のほか、ベルトラミ自身の楽曲を3曲収録。またその演奏のなかにもタンバ・トリオの流れ、そしてビル・エヴァンスをはじめナット・キング・ コール、オスカー・ピーターソン、アーマッド・ジャマルなど当時ブラジルにもその名をとどろかせていたジャズ・ジャイアント達からの影響を感じさせるなど、よりベルトラミの個性が反映された作 品といえるだろう。こちらもジョンゴ・トリオ、ペドリーニョ・マタール等の良作を残したサンパウロのジャズボサ老舗 FARROUPILHA レーベルからのリリースで、同レーベルらしいサロンの色 香残る上品なテイストと、ベルトラミのリリカルなピアニズムの融合がさらに洗練を極めた作品で、オリジナルはジャズボサ、ボサノヴァ・コレクターの間で取引されるファン垂涎の逸品だ。もちろんオリジナルのアートワークでの復刻です!

最新記事

すべて表示