top of page

新入荷商品更新 : 2021.04.22



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2021.04.22】


今週のWEB更新が完了いたしました!


Da Lata等注目盤の緊急予約開始してます!

その他もMdCL, Neroli, Visionsタイトルも是非チェックで!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================

●Da Lata / Jungle Kitten c/w Asking Eyes *緊急予約受付中 / 12” / Da Lata Music

*予約受付中!4/26(月)オーダー締切 (5月下旬リリース予定)

*入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

Patrick ForgeとChris Franckのブラジリアン・ユニットDa Lataが久々にアナログをリリース!Side-Aには本作にエクスクルーシヴ収録となるManfredo Festの名曲カヴァーでKaidi Tathamが参加した”Jungle Kitten”を、Side-Bには2016年にデジタルのみでリリースされたVanessa FreemanをフィーチャーしたRaffaela Renzulliのカヴァーでアナログ化が熱望されていた”Asking Eyes"をカップリング!!!最高の内容ですのでクロスオーヴァー/ブラジリアン系共にお見逃しなく!

●Creative Arts Ensemble / One Step Out *緊急予約受付中 / LP / Pure Pleasure Records

*予約受付中!4/26(月)オーダー締切 (7月リリース予定)

*入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

Nimbus West Records原盤の激レア・スピリチュアル・ジャズ傑作が180g重量盤レコードでリイシュー!1981年にNimbus West Recordsより発表したCreative Arts Ensemble名義での作品”One Step Out”が180g重量盤レコードでリイシュー! Dee Dee BridgewaterとJean Carnを足したようなスピリチュ アル・ジャズファンにはまさにど真ん中な歌声と歌唱力を もった女性ヴォーカルB. J. Crowleyをフィーチャーした最高傑作。Gary Bias、Dadisi KomolafeなどNimbusレーベルではおなじみメンバーに加え、ベースはBlack Jazzからのリリースでも知られるHenry Franklinという強力なミュージシャンが参加し、壮大なスケールでスピリチュアル・ジャズの美しさが濃密なほどに体感できる極上の作品です。名曲 “One Step Out”、”Flashback Of Time”を始めとした全曲最高の内容。中古盤市場では今や数万円の値がついている入手困難作品です!!!スピリチュアル・ジャズファンはもちろん、カマシ・ ワシントンなど新世代ジャズを聴く方にもアプローチできる 抜群の1枚。お見逃しなく!!

●Mark De Clive-Lowe / Midnight Snacks Vol.1 / 12” / Mashi Beats

*ご予約いただいた皆様入荷致しました。店頭分は残り僅かです!

大推薦!Mark De Clive-LoweがオウンレーベルMashi Beatsからの新シリーズとなる4TRK EP『Midnight Snacks Vol.1 』をリリース。スピリチュアルな高揚感を描くピアノを軸にした多彩な鍵盤プレイが、3/4拍子でのヒップホップ的ビートに展開する「Joyful Resistance Pt 1 」、波打つボトムライングルーヴも心地よいディープなジャジー・ハウス「Blue Hour 」、2000blackサウンドとのシンクロヴァイブを感じさせるジャズ・ファンク/フュージョン・ブロークン「37,000 Feet 」、ソリッドなビート感とウォーミーなキーボードの高揚感も最高なブロークン・フュージョン「Thanks Given」と全4曲極上のクロスオーヴァー・フュージョンを披露!


●V.A. / Best Of Various / 12” / Ten Lovers Music

Caruso主宰のTen Lovers Musicより4アーティストによるクロスオーヴァーなオムニバスEPがリリース。フェンダー・ローズやストリングスのプレイも光る美しいブラジリアン・ジャジーなミッドテンポ・トラックCaruso “Souvenirs”に始まり、暖かな高揚へと誘うギターやヴィブラフォンのプレイ等が巡るジャズ/ブラジリアンTrans Of Life “Ernest”、パーカッシヴな生音・ブロークン・フュージョンJose Rico “Hora Zulu”、フェンダー・ローズ・ソロも心地よいジャジー・ハウス・トラックMelchior Sultana “No Wrong Notes”、全4曲ジャズ的なライヴ・インストゥメンタルの素晴らしさが際立った心地よいオムニバスEPです。


●The Abstract Eye / Epileptix EP / 12” / Neroli

Volcov主宰の人気レーベルNeroliからの新作は、GB aka Gifted & Blessedの変名であるThe Abstract Eyeによる4TRK EP。シンセ・エレクトリックなインタールード的トラック”Aura (Vuda Je)”に始まり、フュージョン・エレクトリックでデトロイティッシュな”Kinda Dreamlike”、エレクトリックなモダン・ブレイクビーツ・フュージョン”Gears Not Working”、鮮やかなフュージョン・ブレイクビーツ・ハウス”Back in Balance (Equilibrium)”と、Neroliからのリリースならではのフュージョン・エレクトリックなサウンド・アプローチが素晴らしいEPです。アナログ・オンリーでのリリースです!


●Jon Dixon / The New Tomorrow EP / 12” / Visions Inc.

Alex Attias主宰の人気レーベルVisions Inc.からの新作は、Galaxy 2 Galaxt(UR)、Time Lineのメンバーとして活躍し、Amp Fiddler、Carl Craig、Jeff Millsなどキーパーソンとのコラボレーションも重ねてきたデトロイトの才能Jon Dixonの新作3TRK EPがリリース。デトロイト・ギャラクティックなKevin Saundersonへのトリビュート”Tribute To Master Reese”、 “Love And Happiness”を彷彿とさせるキーボードやホーンの絡みも抜群なジャジーハウス”90 On The Lodge feat. Knmdk Horns”、随所に黒いキーボードプレイを織り交ぜながら太いグルーヴ感のあるジャズ/フュージョン・ハウスを展開する”The New Tomorrow”を収録。Visions Inc.とデトロイト・エレクトリック・ミュージックのコネクションで実現した話題の作品です。デトロイト/ディープハウス系は要チェックで!


●Marc Mac / JA-MAYE-KA / 12” / Omniverse Records

Marc Mac(4 Hero)のが主宰するレーベルOmniverseからの新作は、タイトル『JA-MAYE-KA 』からも伺えるジャマイカのサウンドシステム・バックグラウンドに裏打ちされたMarc Macによるブロークンビーツ4TRK EP。ダンスホールからの影響も伺わせるエレクトロ・ブロークン・ファンクな”Uptown Posse”に始まり、ジャズ・エレクトリックでパーカッシヴなブロークン・トラック”Kingston Hot”、シンセベースもグルーヴィーなブロークン・ファンク”Run Track”、波打つボトムラインから最高な”Duppy Riddim”を収録。ブロークン・ビーツ系はお見逃し無く!


●Saidêra / Deixa Tudo Fluir c/w Sincronicidade / 7” / Let's Play House

サンフランシスコのバンドLemonadeのAlex Pasternak、NYブルックリンのバンドAvan LavaのMike Cheever、ブラジリアン・サンバスクールのリーダー Osvaldo "Vadinho" Luiz Freire de Araújoによるトリオ・ユニットSaidêraのデビューEPがLet’s Play Houseからリリース!ミッドテンポのブラジリアンAOR”Deixa Tudo Fluir”、哀愁のギターが印象的なAORボサ・ダンサー”Sincronicidade”共に素晴らしい仕上がり。City Pop / AOR的なアートワークも良いですね。


●Swedge / Teasing / 12” / Swedge

ロンドン経由で限定300枚プレスで届けられるSwedgeによるニューレーベルからのファーストEP。Floating Pointsもサポート中の話題作。AOR的ブギー・サウンドが心地良い”Together”、Theo Parrishのプレイなどでも知られるスウィンギーなジャズ・グルーヴから、ブレイク感のあるドラミングも際立つミッドテンポのジャズ・ファンク・ブギー・サウンドに展開するThe Chocolate Jam Co. の79年作””C” Of Chocolate”のエディット”Chocolate”が収録。どちらも高揚感に溢れる素晴らしいブギー作品です。


●Spirit of Love / The Power of Your Love c/w He's Alright / 7” / Athens Of The North

レア盤の7”リリースでお馴染みのAthens Of The Northから2016年に再発され即市場から消えていたSpirit of Loveのレア7”が待望の再プレス!Spirit of Loveによる1978年レア・アルバム”The Power of Your Love”に収録のゴスペル・モダン・ダンサーがシングル・リイシュー。本作はオリジナルLPをレコーディングし現在に至るまでゴスペルを録りつづけているCalvin Bridgesの協力の元にリリースが実現した待望の作品。 グルーヴィー且つ高揚感に溢れるゴスペル・ブギー・トラック”The Power of Your Love”、冒頭のゴスペル/コール&レスポンスからムーグ系シンセも交えたパーカッシヴなゴスペル・ブギーに展開する”He's Alright”共に最高です!お見逃しなく!


●The Brand New Heavies / Shibuya 357 - Live In Tokyo 1992 (Baby blue Vinyl) / 2LP / Acid Jazz

80~90's期に英クラブ・シーンで産声をあげたアシッド・ジャズ・ ムーブメントの代名詞的存在であり、今もなお世界各地で熱烈に支持される伝説的グループ The Brand New Heavies。彼らが1992年に東京・渋谷で行ったステージの模様を収めた貴重な音源で、1997年に日本盤CDでのみリリースされたライブ盤『Shibuya 357』が、およそ30年の時を超え初のアナログLP化!目にも鮮やかなベイビー・ブルー・バイナルの2枚組、且つ丁寧なリマスタリングも施された文句ナシの仕様! N'Dea Davenportによる ボーカルの元、"Never Stop"、"Dream Come True"、"Stay This Way"な どなど当時の大ヒット・ソングを含む全12曲の収録で当時のライブを体感出来る聴き応えも十分な内容です。Acid Jazzファンの方はお見逃しなく!


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page