新入荷商品更新 : 2021.04.08



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2021.04.08】

今週のWEB更新が完了いたしました!

タイトルは少ないですが話題の作品入荷してます!

ご予約頂いていた皆様、MORA!の2タイトル入荷してます!

オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================


●EDB / True Stories / 12” / Mother Tongue

ブロークンビーツ系はもちろん、デトロイトのGerald Mitcel、ジャズ/ブロークン・ビーツをまたぐMark de Clive-Lowe、ロンドンのK15等の良質な音源をリリースしているイタリアの注目レーベルMother Tongueからの新作は、地元イタリアの新鋭EDBによる王道ヴォーカルハウスからブロークン・ビーツ、シンセブギーまでを網羅した5トラックEP。Swayloをヴォーカルにフィーチャーした心地良い極上のヴォーカルハウス”This Can't Be Life”、エレクトリックなブロークン・フュージョン”The Bow Chock”、ウエストロンドン+デトロイト的な黒いブギー・ファンク”Viridis”等デビュー作とは思えない極上の5トラックを披露したハイクオリティーな内容です!


●Patrick Gibin/Caruso / Flash Point c/w Archive / 7” / Ten Lovers Music

1997年にローンチするも2000年代初頭に活動をストップしてしまいながら、2019年に再始動、次々とスマッシュヒットを飛ばし注目が集まるTen Lovers Musicの25周年記念7インチ!!!! Josh Millanをフィーチャーした”Love To The World"が大ヒットし、先日リリースされたTheo Parrishによるリミックスも話題沸騰中のPatrick GibinとTen Lovers MusicレーベルのCarusoがそれぞれのサイドを担当。Patrick Gibinによる”Flash Point”は、フュージョン系のキーワークが素晴らしいブギー・フュージョン。そしてCarusoは2002年に制作されつつお蔵入りしていた未発表のジャジーなディープハウス”Archive”を披露。どちらも最高の仕上がりです!


●Dimitri From Paris x Fiorious / Music Saved My Life / 12” / Glitterbox

Defected傘下の人気モダン・ブギー・レーベルGlitterboxからの新作が到着!説明不要のモダンディスコ・シーンのトップとして20年以上もシーンに君臨し続けるDimitri From ParisとNYのシンガーFioriousによるコラボレーション作品で既に大ヒット中の一枚です!Dimitri From Parisの得意とするChicばりのアップリフティングなディスコ・トラックにFioriousがソウルフルに歌い上げるピークタイム・トラック!ディスコやハウスが歌い上げてきたテーマである救済と解放、更には音楽がもつパワーを称え、ディスコ黄金時代への敬意と新たな幕開けを告げる圧倒的アンセムが完成!”The Extended Discomix”、”The Full Take”、”The Club Dub”、”The Accapella”の4ヴァージョンが収録です!


●Joel Holmes / Osmosis / 12” / Toy Tonics

良質なハウス・トラックやエディットのリリースでお馴染みToy Tonicsからの新作は、グラミー賞に4度ノミネートされたCarl Creigのバンドメンバーであり音楽監督でもあるジャズ・ピアニストJoel Holmesによるベルリン・ジャムセッション!フュージョン系のキーボード・ワークに男性ヴォーカルがソウルフルに歌い上げるハウス・トラック”It Feels Good”から最高!更にはエレクトリック且つジャジーなキーボードにファンキーなヴォーカルワークが冴え渡る”Playing With My Mind”、フェンダーローズが心地いいジャジー・ハウス”Pose”、男性ヴォーカルをフィーチャーしたブギー・トラック”Got To Survive”と選曲最高な内容です!


●Francisco Mora Catlett / MORA! I / LP / Far Out Recordings

*ご予約頂いた皆様入荷致しました!店頭分は残り僅かです!

レア盤復刻!!! “Samba De Amor”収録!!! あのSun Ra Arkestraの元メンバーとしても知られるメキシコ系アメリカ人ドラマーFrancisco Moraが残した異色の汎ラテン・スピリチュアル・ジャズ名作が待望の初アナログ復刻!1947年にワシントンDCで生まれたFrancisco Mora。メキシコシティで育ち、1968年にはCapitol Recordsのセッション・ミュージシャンとして働いた後、1970年にバークリー音楽大学に入学。その後Sun Ra Arkestraの一員となり、多くの時間をその活動に費やしていった。その後Moraはデトロイトに移住。そこでStrata Eastの創始者としても知られるKenny Coxや、Roy Hargroveとの活動で知られるベーシストのRodney Whitakerらを迎え録音したのが本作『MORA!』(1986)である。Mora自身の言葉を借りるならば、本作は「アメリカ大陸におけるアフリカの遺産の存在を明らかにする」ことを意図していたのだという。そんなコンセプトを象徴するオープナー「AfraJum」は本作屈指のスピリチュアル・チューンだろう。何世紀にもわたり南北アメリカで繁栄してきた即興、リズム、ジャズの幅広いスペクトルを受け入れつつも統合。ハイチ、アフリカ、ネイティブ・アメリカンのモチーフに基づいたメロディーを展開し、アフロキューバにインスパイアされたパーカッションを背景に、デトロイトのベテランであり象徴ともいえるKenny CoxとRodney Whitakerの卓越した演奏が躍動する、あまりにも素晴らしい一曲である。なんと言ってもお薦めは、Kevin Beadleが手掛けたコンピレーションに収録された「Samba De Amor」。サンバ・トラックにスキャット・ヴォーカルが疾走するレア・ブラジリアン・フュージョンの傑作。それ以外にも、アフロキューバンのリズムにフルートやスティールパンなどがカラフルに絡み合う「Rumba Morena」、Kenny Coxのソロも実に素晴らしい「Five AM」、スピリチュアルなソプラノサックスに心打たれる「Cultural Warrior」、カーニバルの祝祭を思わせるエピローグ「Conga Hasta La Vista」に至るまで、一切捨て曲なし。Mora自身のレーベルAACMからリリースされたオリジナル盤は現在入手困難でレア盤と化しているだけに今回の初レコード・リイシューは嬉しい限りである。


●Francisco Mora Catlett / MORA! II / LP / Far Out Recordings

*ご予約頂いた皆様入荷致しました!店頭分は残り僅かです!

初アナログ化!!! あのSun Ra Arkestraの元メンバーとしても知られるメキシコ系アメリカ人ドラマーFrancisco Moraが残した異色の汎ラテン・スピリチュアル・ジャズ名作続編がなんと初のアナログ化!1947年にワシントンDCで生まれたFrancisco Mora。メキシコシティで育ち、1968年にはCapitol Recordsのセッション・ミュージシャンとして働いた後、1970年にバークリー音楽大学に入学。その後Sun Ra Arkestraの一員となり、多くの時間をその活動に費やしていった。その後Moraはデトロイトに移住。そこでStrata Eastの創始者としても知られるKenny Coxらと残した『MORA!』(1986) の続編としてTribeレーベルでの活動でも知られるトランペット奏者Marcus Belgraveらを迎え録音したのが本作『MORA! II』である。お薦めは、2004年にKindred SpiritsからCarl Craig Remixと共に12”のみでリリースされていた「Amazona」。自身の妻でもあるTeresa Moraのヴォーカルがフィーチャーされたブラジリアンかつラテンな人気のジャズ・ダンス・トラック。更には前作でも象徴的なトラックとして収録された「Afra Jum」を追加で2バージョン、「Samba De Amor」の別テイク、美しいテーマ部も印象的なスピリチュアル・チューン「El Morro」などなど、前作にも匹敵する内容を収録。素晴らしい内容にもかかわらずしばらくはお蔵入りとなり『River Drum』という曖昧なタイトルで2005年にCDでのみこっそりリリースされたのみで、これまでほとんど知られることはなかったお宝アルバムである。今回はじめてMoraの当初の意図通りに初めてのアナログ・リリース。タイトルも『MORA! II』とし、アートワークも前作を踏襲したデザインになっている。


最新記事

すべて表示