新入荷商品更新 : 2020.11.19



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2020.11.19】

今週のWEB更新が完了いたしました!

今週も緊急予約商品がございますのでお見逃しなく!

その他もハウス/エディット/再発等々の話題盤入荷してます!

御予約頂いていた”V.A. / Disco E Cultura Vol.1”も入荷しました!


オーダーはこちら新サイトから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


【予約商品】


●Bridge / Crying For Love *予約受付中 / 2LP / High Jazz

*緊急予約受付中!11/24(火)締切です!(12月下旬リリース予定)

(値段が高いので予約限定での受注とさせて頂きます。通常入荷はございませんので予めご了承の上ご検討ください。)

白人黒人混合バンドBridgeによる2000年リリースの隠れ名盤がリイシュー!!!当時は彼等の未発表作品集でありながらも唯一の作品としてリリースされましたが、現在は中古盤市場で2万オーバーとなっている極上のレア盤。Bridgeとは70年代に結成されたオークランド出身の白人黒人混合バンドであり、後にVitamin Eとして活動したことでソウル・ファンの間では有名です。 当時レコーディングされた楽曲たちは陽の目を見ることはなかったのですが、2000年に未発表曲集として突如リリースされるやいなや、その クオリティの高さから多くのソウル・リスナーを驚嘆させました。 しかしその未発表曲集も今や中古市場では高価の一途を辿っており、なかなか見かけることもなくなってきました。 そんななかスイスのレーベルHigh Jazzからジャケットも一新してリプレスが決定!! 本当に1曲1曲のクオリティが高く、捨て曲がありません。名曲TR-1「Crying For Love」やTR-3「From The Darkness To The Light」、TR-11 「Turn To Love」などモダン・ソウル・リスナーなら思わず手を叩いてしまうような佳曲ですが、やはりなんといってもお薦めはジャズ/クロスオーヴァー系DJ達のアンセムTR-2「Stella」や、ソウル/ファンク系DJにも人気のTR-5「Waiting Patiently」!Debravon LewisとDerick Hughes(Freddie Hughesの息子)の二人によるボーカルも見事にマッチしている本作、全編素晴らしい内容です!発売当時見逃していた方も多いとおもいますので是非この機会に!お薦めです!!!


●Jazztronik / Samurai *予約受付中 / 12” / 753 Records

*予約受付中!11/30(火)締切です!(1/20リリース)

世界的大ヒットを記録したJazztronikの“SAMURAI”の2020年ヴァージョンが180g重量盤アナログで限定リリース! Jazztronikの代表曲でもあり世界的大ヒットとなった 『SAMURAI』。2003年にEspecial Distributionからオリジナルがリリースされてから現在まで、House, Jazz, Hiphopなど幅広いジャンルでプレイされている名曲。 そしてこの度、その『SAMURAI』が新たに2020年ヴァージョンとしてアナログでリリース。 メインのピアノはもちろん、コーラス、そしてビートの全て を録音し直し、より一層グルーヴ感を増したヴァージョンと なっています。 B面にはBeatのみのヴァージョンとピアノのみのヴァージョン が初収録されています。 今回ジャケットには世界的に人気を誇るクリエイターの岡崎 能士(おかざきたかし)氏による書き下ろしデザインを起用。 音楽、デザイン共に非常に完成度の高いものに仕上がってい ます。 デビューから22年経ち、より精力的に活動をし始めた Jazztronikによるスペシャル・シングルを是非アナログ盤で。

※数量限定品の為、ご希望の注文数に添えない場合 がございます。予めご了承の程よろしくお願い致します。


【新入荷商品】


●Twice & Volcov / Pezzate #002 / 7” / Pezzate

Patrick Gibin名義での素晴らしいハウス・トラックや、自身のエディット・レーベル”Black Aroma”での好エディットでもお馴染みのTwiceと、Neroliレーベル主宰、Isoul8名義でもお馴染みのVolcovによるエディットシリーズ”Pezzate”の第二弾が到着!今回はFusionにフォーカスした極上トラックをDJユースに料理。Side-Aには元ネタ不明ながら80’sフレイヴァーかつフュージョン・テイストのシンセワークが素晴らしいジャズ・ファンク・ブギーを、そしてSide-Bにはイタリアのギタリスト Gianluca Mosoleが率いる フュージョンバンドGianluca Mosole Groupの1986年のアルバム”Eartheart”に収録されたブラジリアン・テイストも感じさせるブギー・フュージョン"Blues For People"のエディットを収録です!


●Zepherin Saint / Resurrection EP / 12” / Visions Inc

Alex Attiasが主宰するレーベルVisions Incからの新作は、先日リリースされたSoul II Soulのリミックスも素晴らしかったUK Soulful Houseの重鎮Zepherin Saintによる最新トラック!ロンドンの伝説的レコードショップBlack Market RecordsのマネージャーだったキャリアもあるZepherin Saintはその音楽歴も相当なもの。本作ではVisions Incから初リリースとなる事もあり、クロスオーヴァーかつソウルフルなディープ・ハウスを披露。Ron Trent系の作品を彷彿とさせる高揚するオルガンと女性ヴォーカルが掛け合うゴスペル・ディープ・ハウス”Resurrect My Feeling”、そしてジャジーなKeyワークとリムショット使いのテックなドラムワークが融合したクロスオーヴァー・ハウス”Escape”が収録。


●Mark de Clive-Lowe, Andrea Lombardini, Tommaso Cappellato / Dreamweavers / LP / Mother Tongue

自身のソロ・ワークはもちろん、昨年には日本の精鋭プレイヤーが結集したバンドRonin Arkestra等でも話題を呼び、現在も精力的な活動に衰えを見せないMark De Clive-Loweと、イタリアのドラマーTommaso Cappellato、そしてベーシストAndrea Lombardiniによるコラボレーション・アルバムがMother Tongueからリリース!ジャジーかつスペイシーなブレイクビーツ”Birds Of Prey”、変拍子ジャズ”Motherland”を筆頭に、ダンサブルでアグレッシヴなトラックから瞑想的なメランコリックとソウルフルなアンサンブルでレイドバックしたジャズ・トラック迄、西海岸〜UK Jazz以降のフレッシュで素晴らしいジャズ・サウンドが詰まった全9曲を収録。


●Young Pulse / Paris Edits Vol.7 / 12” / G.A.M.M

Mad Mats主宰の人気エディット・レーベルG.A.M.Mから、Young Pulseによる大人気シリーズParis Editsの第七弾が到着。今回はジャズ、ファンク、ブギーがミックスされた1枚に。鮮やかなホーンが高揚への暖かな極みへとリードするWillie Boboによるドライブ感のあるディスコ”Reason For Livin’”のエディット「Bobo’s Reason」、全編に渡りスペイシーなシンセプレイがファンキー/グルーヴィーに展開されるブギー「Beggar’s Run」、ファンキーでストンピンなパーカッシヴ・ディスコ・グルーヴを展開する「Bisso Love 」と、ジャズ・ファンク・ブギーをピックアップした強力な3トラックが収録。


●DJ Emanuel & Rahaan / Presents Remixes From The Dungeon / 12” / G.A.M.M

Mad Mats主宰の人気エディット・レーベルG.A.M.Mから、シカゴ・ブラックハウスの担い手DJ Emaniuelと、このレーベルでもお馴染みのエディット職人Rahaanのタッグによる2TRKエディットがリリース。DJ Emanuel & Rahaanならではのブラックネス宿るLoose Joints”Is It All Over My Face”の”Unreleased Female Version”のエディット”I’m In Love Dancing’”、Patrick Adamsによるクラシック”I’m A Big Freak”のエディット”Imma Freak”と、アンダーグラウンド・ディスコ名作の2TRKを料理。ブラック・テイストに溢れるこの2曲のチョイスは流石です! 


●Matthew Halsall & The Gondwana Orchestra / Badder Weather c/w As I Walk (feat. Josephine Oniyama) / 7” / Gondwana Records

Matthew Halsall & The Gondwana Orchestraによる限定7”!世界300枚限定生産、Bandcamp & ライヴ会場 のみの限定販売タイトル!Go Go PenguinやDwight Tribleを擁するイギリスの人気ニュージャズ・レーベ ルGondwana Recordsを主宰するアーティストMatthew Halsallが新シ リーズ「Gondwana Records 7” Series」で登場! 2015年にMatthew Halsall & The Gondwana Orchestra名義でリリースした アルバム『Into Forever』からのシングル・カットとなる今回の2作品は女性ヴォー カリストJosephine Oniyamaをフィーチャーした荘厳なスピリチュアル・ジャ ズ・ナンバー! スピリチュアル・ジャズ系、Kamasi WashingtonやPharoah Sanders好きは要チェックの極上ジャズ7”です!!


●Roland Haynes / 2nd Wave / LP / P-Vine

スピリチュアル・ジャズの名門”Black Jazz”のレア・タイトルが国内リマスター盤として復刻リリース!今回は極上のファンクネスに溢れた漆黒のグルーヴが素晴らしい鍵盤奏者Roland Haynesが唯一“Black Jazz”に残した名盤が復刻! 他の作品での活動が不明確なところから“ミステリアスなキーボード奏者”とも呼ばれることの多いRoland Haynesが生涯で唯一残したアルバム『2nd Wave』。同じくキーボード奏者であるKirk Lightseyのエレクトロニックピアノを全曲でフィーチャーし作られた本作は、ピアノ2台 &リズム楽器というシンプルな構成だからこそ1つ1つの楽器が生み出した極上のサウン ドが直接耳に訴えかけてくる。難しい要素も一切なく、ローズサウンドでジャズ特有のムーディーな心地良さを楽しめる「Eglise」から巧みな演奏技術に圧倒されるタイトルトラック「Second Wave」までジャズの心地良さと楽しさを同時に味わえる、ジャズ入門編としてもおススメな極上のジャズ・ファンク・アルバムにして名盤です!


●V.A. / Soul Togetherness 2020 : Fifteen Modern Soul Room Gems / 2LP / Expansion

お待たせしました!ようやくアナログが到着しました!

毎年恒例Expansionからの年末の贈り物”Soul Togetherness 2020”が今年も届きました!2000年に始まり通算20作目となる今作”Soul Togetherness 2020”。毎回現行の極上ソウル・ミュージックにフォーカスし、ヒット曲からCDやデジタルのみでリリースされていたマイナー曲まで一挙気に紹介してくれる人気のコンピレーション。今回もExpansionレーベルの確かな目利きで選ばれた圧巻の15曲全楽曲がオススメです。 Tower Of PowerやCharlie Wilson等の大御所作品から、JB Rose、Cool Million、Paprika Soul等のクラブ系にはお馴染みのアーティスト、更には始めて名前を聞くようなアーティスト達まで幅広いソウル・ミュージックをチョイス。信頼のExpansion。今後もこのシリーズを長く続けて欲しいですね!


●V.A. / Disco E Cultura Vol.1 / LP / Mad About Records

御予約頂いた皆様お待たせしました!入荷しました!

ブラジル・ファンに大推薦!!!Ronie & Central Do Brasil, Luiz Carlos Vinhas, Edson Frederico E Transa等々の激レア・ブラジル盤を多数復刻して来たポルトガルのレーベルMad About Recordsによるブラジリアン・ソウル〜ファンク〜ディスコの激レア・トラックスを集めたコンピレーションが登場!どのトラックもブラジル・レコード・コレクターにはよだれ物の激レア盤ばかりだが、ただレアなだけでなくどれもが極上のセンスでチョイスされている素晴らしい内容。冒頭のBrylhoやLafayetteから度肝を抜かれる極上のブラジリアン・ブギーで幕を明け、極上のメローPaulo Jerónimo、ブラジリアン・ブギー・クラシックCornelius、ブラジリアン・ファンクFranco、ジルベルト・ジルのバックバンドといわれる Brazil Very Happy Band、サイケ・テイストもある軽快なインスト・ファンクAloisio 、ステッパーズ・デライト使いのディスコOs Carbonos、Jazzanova監修のPaz E Futebol 3にも収録予定のSan Rodrigues、Gay Vaquerによるフュージョン・ブギー、Gilberto Gilの”Palco”的コードワークが最高なGrupo Naturezaによるブラジリアン・ソウル迄、全曲最高の内容です!7”オンリーのレア盤もありますのでオリジナルで揃えるのはほぼ不可能です。ひとまずはこちらをゲットしておいて下さい!

●Light Of The World / Jazz Funk Power / LP / Quo Cadiz Music

御予約頂いた皆様お待たせしました!入荷しました!

英国発信ながら世界中で一大ブームを巻き起こした伝説のブリティッシュ・ジャズ・ファンク・バンドLight Of The Worldが奇跡の復活リリース! 2018年のChange復活と並ぶ衝撃です!70年代後半から80年代前半のブリティッシュ・ジャズ・ファンク"BRIT FUNK"シーンで英国から世界に一石を投じたLight Of The World。(当時IncognitoのBlueyも在籍) ”London Town”、”Pete's Crusade”、”Time”等々、名曲を多数く生み出してGilles Peterson, Patrick ForgeからJoey Negro, Norman Jay等々数多くのDJ達にプレイされ続けて来た彼等がなんと数十年の時を経て復活!それも当時のサウンド路線そのままにニューアルバムを完成!ダンサブルなブギー・トラックからお洒落なソウル・トラック迄最高の内容です!!!"BRIT FUNK”ファンはもちろん、ブギー/ソウルからハウス/クロスオーヴァー系まで必聴の一枚です!大推薦!!!