新入荷商品更新 : 2020.11.03



【ESPECIAL RECORDS WEB 新入荷商品更新 : 2020.11.03】

今週のWEB更新が完了いたしました!

(今週は”レコードの日”リリースがあるのでタイトルは少ないですが本日更新にさせて頂きました。)


御予約頂いた皆様お待たせしましたレーコードの日アイテムのDJ KAWASAKI & NAYUTA 7”入荷しました!


オーダーはこちら新サイトから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================

【レコードの日タイトル】


●DJ KAWASAKI / When It Feels Right feat. Monday Michiru (7" Edit) c/w When It Feels Right feat. Monday Michiru (Danny Krivit 7"Edit) / 7” / KAWASAKI RECORDS/HMV record shop

(11/3 レコードの日アイテム)

KAWASAKI RECORDSより2か月連続リリースとなる第6弾は、ジャズとハウスの両シーンからリスペクトされるシンガー・ソングライターのMonday満ちるをヴォーカルに迎えたDJ KAWASAKI渾身の新曲!しかも、NYダンス・ミュージックシーンのレジェンドDanny KrivitがEDITを担当!!これぞDJ KAWASAKIというメロディ・ラインは自身が数年かけて温め続けてきたもので、この混沌とした時代に投げかけるかのような、”今”最も伝えたいグルーヴを乗せて満を持してのリリースとなる。そのメロディを昇華させるために召集したのは、BASS: 池田憲一(ROOT SOUL)、PIANO: 中村新史、GUITAR: Tetsuta Otachi(JARIBU AFROBEAT ARKESTRA)、DRUMS: 白根佳尚、PERCUSSION: 西岡ヒデロー、CELLO: 河内ユイコ(Retrospective)、VIOLIN: 金子由衣といった世代を超えた優秀なミュージシャン達。自身が本当に目指していた音楽を追求した結果、生演奏での贅沢なアレンジに徹した一曲となった。作詞はMonday満ちるが担当。突き抜けるようなハイトーン・ヴォイスにリッチなコーラスワークは、ジャンル=Monday満ちるとも言える抜群の安定感が伺える。クラブ・ジャズの先駆者としてシーンを牽引してきた沖野修也氏(KYOTO JAZZ MASSIVE/ KYOTO JAZZ SEXTET)がプロデュースする渋谷のタマリバ「THE ROOM」を拠点に活動してきたDJ KAWASAKIにとって、Monday満ちるとのコラボレーションは音楽家としての長年の夢でもあったのだ。B面には、説明不要のレジェンドであり、これまで膨大なリミックス、リエディットを手掛け、キング・オブ・エディットとも称されるDJ/プロデユーサーのDanny KrivitによるEDITを収録。オリジナル・ヴァージョンとの差別化を図るためにストリングスやコーラスの旋律を大胆に削ぎ落としたエディットは、彼にしか成し得ない見事にして究極的なアレンジである。長年レジェンドとして君臨してきた彼ならではの感覚が冴え渡る、よりDJ的でクールかつタイトなグルーヴを演出。マニアックでありながら温かみのある特別な世界観に仕上がったこの7インチは、ダンス・ミュージックを愛するすべてのVinylファンにとってマスト・バイと言えよう。


●NAYUTAH / 君を見つけて(RYUHEI THE MAN EDIT) c/w 君を見つけて(EXCLUSIVE R&B VERSION) / 7” / AT HOME SOUND

(11/3 レコードの日アイテム)

大型新人女性シンガーNAYUTAH(ナユタ)がレコードの日に帰ってくる! 一昨年のレコードの日にリリースされたデビュー7インチシングルはオリコントップ30入りする 大ヒットを記録!約一年半ぶりとなる新作は爽やかなシティポップ~シティソウル「君を見つけて」! カップリングは軽やかなR&Bヴァージョン!作曲/プロデュースはDJ KAWASAKI 、 作詞は沖野修也、EDITはRYUHEI THE MAN!ナユタの第三章が遂に幕を開ける! 一昨年彗星のごとく現れた期待の大型新人女性シンガーNAYUTAH(ナユタ)による待望の第三弾! あの“新しくて懐かしく、懐かしくて新しい、力強くて、しなやかな”魅力魅惑の歌声が再び!過去作に 続き今作も日本が誇るメロディーメーカーDJ KAWASAKIによる都会的な香りが漂うメロディアスな極上ト ラックと、世界の沖野修也によるソウル溢れるハートフルな歌詞が見事にクロスオーヴァー!そしてフロ ア仕様のエディットには、デビューシングル「見知らぬ街」でも担当しエディターとしても話題を呼んだ RYUHEI THE MAN! NAYUTAH初とも言える爽やかなメロウシティポップ~シティソウル、軽やかなR&Bテイス トの新曲「君を見つけて」をどうかお聴き逃しなく! シティポップ~シティソウル~R&B~和物~ソウル~ ファンク~レアグルーヴ~ディスコ~ブギー~ヒップホップのファンに幅広く強烈にアピールする超強力 なダブルサイダーの7インチ!

【予約商品】


●Aroop Roy / A Festa c/w Hustle do Brasil (Aroop Roy Edit) *予約受付中 / 7” / Kampana

*予約受付中!11/11(水)締切です!(12月リリース予定)

Aroop Royが手掛けるエディット・レーベルKampanaからの7作目となる新作は、久々にAroop Roy自身による最新エディットがリリース。今回はブラジリアン・クラシックスをDJユースにリエディットした2曲が収録!Side-AにはSilvio Cesarによる1977年リリースのアルバムに収録されたブラジリアン・クラシックス”A Festa”をフロア向けにリワーク。キーボード & アレンジにJosé Roberto Bertrami、ドラムにはMamão (Azymuth)、更にはBurnier & Cartier等も参加した素晴らしい原曲を使用し、イントロの引き延ばし & ボトム強化 & BPMアップで更にフロア仕様に。Side-BにはDaniel Salinasがプロデュースを手掛けた1976年作のAlice Street Gangによるブラジリアン・ブギー”Brazilian Hustle”のファンキーな部分のみを引用し引き伸ばしたアレンジでフロア仕様に再構築した”Hustle do Brasil”を収録。ブラジル系はもちろん、ブギー/クロスオーヴァー系も要チェックです!

【新入荷商品】

●Kon and the Gang / We Like It / 7” / Star Time

The Visionでのヒット作や、エディット諸作でも素晴らしいリリースを続けるKONによるプロジェクトKon and the Gangが自身のエディット・レーベルStar Timeから新作をリリース!BBEからのアルバムでもブギー/ハウス・スタイルで素晴らしい作品をリリースしたKon and the Gang。本作ではRick Jamesの作品を引用した極上のブギー・ソウル・エディットを披露!キーボードにはオランダのSoul Supureme、そしてベースにはThe VisonやDetroit Swindle作品にもフィーチャーされてきたXander Crientenが参加。今までのエディット・ワークで培ってきたグルーヴと腕利きミュージシャンのグルーヴが絶妙な気持ちよさを生んだ素晴らしいブギー作品です!c/wにはエディット職人CasertaによるエフェクティヴなDubヴァージョンも収録!


●Dave Lee (Joey Negro) / Music For The Mind EP / 12” / Z Records

現在進行中の”30 Years of Z Records”シリーズも好評なZ Recordsから、レーベル主宰のDave Lee (Joey Negro)名義での新作EPがリリース!USの大御所ヴォーカリストBilly Valentineをフィーチャーしたジャジーかつソウルフルなピークタイム仕様のファンキー・アンセムとなった”Power of the Mind (JN Redemption Mix) “ + Dub MixをSide-Aに。そしてc/wのSide-BにはDave Leeの別名義であるAC Soul Symphonyによるジャズ・ファンク・ブギー”Manhattan Skyline (JN Spirit of ‘77 Mix)”を収録!こちらも70’sフレイヴァーでクロスオーヴァー系には大満足の素晴らしい楽曲です!


●Byron The Aquarius / Ambrosia / 2LP / Axis

キース・ジャレット、ヤン・ハマー、ハービー・ハンコック。偉大な先達たちの意思を受け継ぐアトランタの鍵盤奏者Byron The Aquariusが、デトロイトテクノの伝説であるジェフ・ミルズのレーベルAXISとサインしニューアルバムをリリース!! 幼少期に祖父いからジャズを教わってきたようなミュージシャンたちと同じく、リズム感のある音程やコードが散りばめられ、聴くものを魅了してきたByron The Aquarius。2015年にBBEからデジタルのみでソロアルバム「PLANETS OF LOVE」をリリース、同じアトランタのディープハウス・プロデューサーであるKai Alceのスタジオでキーボードを引いていた。その楽曲はTheo Parrishの目にとまり”HIGH LIFE EP”をSOUND SIGNATUREから発表しフロアヒットする。続けて、Floating PointsのEGLOやKyle HallのWILD OATSから矢継ぎ早にリリースし、こちらもヒット。DEKMANTELやDIMENSIONSなどビッグフェスへ招致されるまでになった。フィジカルでのファーストLPである”ASTRAL TRAVELING”をノルウェー・オスロのジャズ/ヒップホップ・レーベル〈MUTUAL INTENTIONS〉から2019年に発表し、迎えた2020年はUKのアンダーグラウンド・ハウスレーベルSHALL NOT FADEから12インチを、FUNKINEVEN名義でJay DanielやDelroy EdwardsらUS新世代のプロデューサーとコラボしてきた鬼才 Steven JulienのAPRONからはLPをリリースし、それでも抑えきれないほど溢れ出すエモーションがこのAXISからの2枚組「AMBROSIA」に詰め込まれた。キーボード、シンセ、プログラムはByronが担当し、フルートをKai Alceやデトロイトの14KTの作品に参加したRasheeda Ali が、ドラムはPrince、Stevie Wonder、Janet Jacksonの作品に関わり2014年のソロアルバムではRobert GlasperやGeorge Dukeが参加したことでも話題となった名ドラマー Lil John Robertsなどミュージシャンも納得の実力者がそろって参加。アトランタのPatchwerk Studios に集結しJeff Mills監修のもと数日間のセッションが行われ本作が完成した。


●Augusto Martelli / Black Sound From White People *緊急予約受付中 / LP / Soner Music

御予約頂いた皆様入荷しました!在庫ショートでの入荷となってしまいましたので店頭/通販での販売はございません。。すみません!