top of page

予約商品更新 : 2023.10.26



【ESPECIAL RECORDS WEB 予約商品更新 : 2023.10.26】


今週の商品更新が完了いたしました!

緊急予約商品3タイトルアップしました!

どれもお薦めですので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


<予約商品>


●V.A. / Fusion Global Sounds Vol.2 (1976-1984) *緊急予約受付中 / LP / Favorite Recordings

*緊急予約受付中! 10/28(土)オーダー締切 (11月下旬リリース予定)

*限定プレスの為入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

大推薦!良質なブラジリアンやブギー等のリリースや人気コンピレーション”AOR Global Sounds”シリーズでもお馴染みフランスのFavorite Recordingsからの新作コンピレーションは、第一弾も大人気となった”Fusion Global Sounds!の第2弾が登場! 今回のコンセプトは”Brazilian influence”という事でブラジル、フィリピン、オランダ、ポーランド、そしてアメリカ等、世界中のジャズファンク/フュージョンからキュレーターのCharles Maurice選曲による知る人ぞ知るキラーチューンだけをセレクトした好内容コンピレーションとなりました!83年にA&W Horiizon (Philippines)からリリースされた激レア・コンピレーションにのみ収録されたフィリピン出身のカルトシンガーLerma dela Cruz極上のブラジリアン・フュージョン”Free”に始まり、Especialでも古くからプッシュしてきたポーランドのシンガーKrystyna Prońkoのブラジルイアン・ブギー”Oto Przyczyna”、78年MPBCからのアルバムでも有名なブラジルのサキソフォニストNivaldo Ornelasがフランスからリリースした82年のアルバム”A Tarde”より2曲、USのキーボーディストDana Kaproffがインディーレーベルに残した激レア・フュージョン”Brownstones”等々、世界中のブラジリアンフュージョン・サウンドが堪能できる極上の一枚です!


●Curtis Lundy / Never Gonna Let You Go *緊急予約受付中 / 7” / Dynamite Cuts

*緊急予約受付中! 10/28(土)オーダー締切 (11月下旬リリース予定)

*限定プレスの為入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

大推薦!レアかつ人気のクラシックスの7”化でお馴染みDynamite Cutsからの新作は、Carmen Lundyの実兄にしてジャズ・ベーシストCurtis Lundyによる87年作”Just Be Yourself”からの7”カット!古くからロンドンのジャズDJ達にプレイされ、2020年にはColin Curtis選曲による人気コンピレーション”Jazz Dance Fusion Vol.2”にも収録されたジャズ・クラシックス”Never Gonna Let You Go”が収録!ヴォーカルには実妹のCarmen Lundyも参加した極上のヴォーカル・ジャズです。古くはCompostのアーティストKOOPがYukimi Naganoをフィーチャーした横浜でのライブ・ヴァージョンもありましたね。c/wには同アルバムから極上ジャズ”Jabbos Revenage”が収録。アルバム”Just Be Yourself”は近年値段が急騰中で1万近い値段になりつつあるので是非この7”を持っておいて頂きたいです!450枚限定プレスです!


●Antonio Adolfo / Viralata (2023年リプレス)*緊急予約受付中 / LP / Far Out Recordings

*緊急予約受付中! 10/28(土)オーダー締切 (11月下旬リリース予定)

*限定プレスの為入荷数ショートの可能性がございますので予めご了承ください。

(ショートした場合はご予約先着順で確保させていただきます。)

人気盤2023年リプレス!ブラジリアン・サイケファンクの最高峰”Antonio Adolfo & A Brazuca / Transamazonica”を始め数々の名作を生み出したAntonio Adolfoによる79年名作”Viralata”がFar Out Recordingsからリプレス!作曲家、アレンジャー、鍵盤奏者でもあるAntonio Adolfoが1970年代に 立ち上げたレーベル”Artezanal”。コマーシャルな音楽にとらわれない自主レーベル らしい芸術性の高い楽曲と、ブラジルを代表するミュージシャン達による最高峰の演奏をフィーチャーした当時としては画期的なレーベルとして、オリジナル盤はどれも高い人気を誇る。本作”Viralata”は、その中でもとりわけ人気を誇る1979年の名作。冒頭の"Cascavel"はあまりにも有名なブラジリアン・ファンク・クラシック。軽 快なパーカッションにとベースと鍵盤のユニゾンによる印象的なリフから開放感溢れる ホーンセクションが挿入されるなど、数々のDJがプレイするキラーチューンである。そ の他の楽曲も捨て曲ナシ。サイケデリックな雰囲気をまといながらも、メロウかつアップリフティングなグルーヴをブラジル特有の多彩なリズムで演奏するその内容は、Azymuth諸作やJoan Donato “Quem e Quem”と並び、世界中のコレクター/DJがまさ に今求めている一枚である。 今迄の再発を買い逃していた方はマストです!

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page