top of page

中古盤商品更新:2024.06.06



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2024.06.06】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週はヨーロピアン・タイトルを紹介してます。

人気のユーロジャズ/フュージョンからFuture Jazzお薦めタイトルもありますので是非チェックを。


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●George Duke / The Inner Source (MPS Records / 88.031-2 / 1977 / Germany)

George DukeがThe Cannonball Adderley Quintet在籍中にMPSレコードから依頼を受けて制作した1973年レア・アルバム”Inner Source”の77年Encore!シリーズでのサードプレス盤。古くからジャズDJのアンセムある”My Soul”は、ダンサブルでパーカッシヴなブラジリアン・ジャズ/フュージョンの最高傑作!冒頭の”Au Right”はエフェクティヴなフェンダーローズサウンドも心地いいジャズ・ファンクの傑作です!他にも美メロのジャズ・トラック”Love Reborn”を筆頭にフェンダーローズのサウンドも最高なレイドバックしたジャズファンク”Feels So Good”、軽快なピアノジャズ”Some Time Ago”等々George Dukeのプレイが堪能出来る素晴らしい作品が一挙15曲も収録された好内容アルバム。73年盤は今や2万近く迄価格が高騰しているレア・アルバムとなっていますが、こちらのオフィシャル・サード・プレス盤も値段が上がってますので今のうちに!!!


●To Be / To Be (Brain / 60.053 / 1977 / Germany)

ドイツのジャズロック/フュージョン・バンドTo Beによる77年デビューアルバム。ヨーロピアン・ジャズ・ブーム時に発掘されRainer Truby選曲による大人気コンピ“Glucklich”に楽曲が収録された人気盤!Rainer Trubyのコンピ・タイトルにも使われた”Glucklich”はカッティング・ギターとフェンダーローズが心地良くからむ極上のドイツ産ブラジリアン・フュージョンの傑作。同じくDJユースでサンサブルなブラジリアン・フュージョン”Samba For Heino R.”も最高!その他にも軽快なフュージョン/ジャズファンク” Flügel”、メローなボサフュージョン”Is It Liebman's Song?”、イントロのブレイクビーツも◎なフュージョンファンク”Tell The Truth”等、他の収録曲も◎です。こちらはオリジナル・ファーストプレスと同年に追加プレスされたオリジナル・セカンドプレスとなります。(レーベルに一箇所異なる印刷がある以外はファーストプレスとほぼ同じです。


●George Duke / Faces In Reflection (MPS Records / 21 22018-4 / 1974 / Germany)

George DukeがThe Cannonball Adderley Quintet在籍中にMPSレコードから依頼を受けて制作した1974年作。John Heard (Bass), Leon Ndugu Chancler (Drums)とのトリオでのレコーディング盤。Cannonball Adderleyの名曲をGeorge Duke節全開の最高のコーラスワークとモダンなトラックでカヴァーしたメローグルーヴの最高傑作”Capricorn”を筆頭に、高速ジャズファンク/フュージョン”The Opening”、レアグルーヴ系にも人気のサイケデリックなフュージョン・ファンクダンサー”Psychocomatic Dung”、Milton Nascimentoのカバーとなるブラジリアンジャズ”Maria Tres Filhos”、ローズ弾きまくりな高速ブラジリアンフュージョン”Da Somba”、極上メロー”Faces In Reflection No. 1”とヴォーカル入りの”Faces In Reflection No. 2”、A.T.C.Q.やPete Rockのサンプリングネタとして知られる”North Beach”等、アルバムを通して素晴らしい内容です。同年にUS盤もリリースされていますがこちらはMPS Recordsオリジナル・ドイツ盤です。新品同様の美品です!


●Monika Linges Quartet / Songing (Nabel / NBL 8415 / 1984 / Germany)

Mr. CircleやJohn Thomas & Lifeforceの作品にも参加したドイツのジャズ・ヴォーカリストMonika Lingesが率いるMonika Linges Quartetによる84年2ndアルバム。1stアルバム”Floating”に収録された”Running”でも人気ですが本作も◎。スピリチュアルなヴォーカルが心地良いジャズ・ヴォーカル作品”Song Of Changes”、ダンサブルなブラジリアン・ジャズ”Samba De Coração”、Side-Bに”Survival Suite”として収録されるスキャットジャズ”Song Of Light”から”Waiting”迄の流れ、そして何と言ってもイントロのファットなブレイクビーツ的ジャズ・ドラムとMonika Lingesのスキャットが冴え渡るダンス・ジャズ・トラック”Courage”が最高です!その他にも極上のヴォーカルジャズが収録。ほぼ新品・美品のオリジナル・ドイツ盤です。


●The Fritz Pauer Trio / Blues Inside Out (MPS Records / MPS 15.522 / 1979 / Netherlands)

Fritz Pauer (Piano)、Jimmy Woode (Bass)、Tony Inzalaco (Drum)からなる3人編成バンドThe Fritz Pauer Trioによる79年デビュー作品。膨大なジャズ・カタログを持つMPS(独)産の人気アルバム。冒頭からトリオ・サウンドながらゴージャスなプレイで圧倒されるジャズ・ダンス・クラシックス”The Beacon”に度肝を抜かれますが、一番のお薦めは96年にMPS音源が数曲収録されたコンピレーション”Mojo Club Presents Dancefloor Jazz Volume Three”に収録され一気に人気が高まったブラジリアン・ジャズ・トラック”Terra Samba”。ジャーマン・ジャズならではの洗練されたサウンドが素晴らしいジャズ・サンバです!その他にも”English Garden Walk”、”My Little Girl”等を始めとした他の収録曲も素晴らしいです!こちらはドイツ盤と同年リリースのオランダ盤です!


●Baden Powell + Janine / Images On Guitar (MPS Records / 21 29057-3 / 1972 / Germany)

説明不要のブラジリアン・ギタリストBaden PowellがフレンチシンガーJanineをフィーチャーしドイツMPS Recordsに残した72年名盤。Gilles Peterson & Joe Davisが選曲を手がけた94年Talkin’ Loudからのブラジリアン・コンピレーション”Brazilica!”にも収録された事でもお馴染みの”Blues A Volonte”はソウルジャズの影響も感じさせるブラジリアン・ダンサーでJanineのスキャットワークも最高の名曲です!同年にブラジル盤でも別タイトル/別アートワークでリリースされていますが、やはりこのMPS Records盤でのアートワークが最高です!!!


●Deborah Brown, Kwartet Zbigniewa Namysłowskiego / Double Trouble (PolJazz / PSJ 253 / 1989 / Poland)

ジャズ・シンガーDeborah Brownがポーランドのサックス奏者Zbigniew Namysłowskiと共作で吹き込んだ89年作。お薦めはDeborah Brownの歌が冴え渡る極上のヴォーカル・ジャズ”Sunshine Express”。 須永辰緒氏プロデュースでIsabelle Antenaがカヴァーした事でも知られる人気曲です。4ビートの高速スキャット・ジャズ”Double Trouble Blues”、アフロキューバンなイントロから始まる”Star Eyes”等も◎。89年作という事でレア度は低いですがサウンドはレア盤級です!


●The Dudley Moore Trio / The Dudley Moore Trio (Decca / SKLA 4976 / 1969 / Australia)

UKを代表するピアニストであり俳優としても活躍したDudley Moore、ベーシストJeff Clyne、ドラマーChris KaranからなるThe Dudley Moore Trioによる69年人気アルバム。UK産のブラジリアン・ジャズの傑作トラックでジャズ・サンバのリズムと哀愁のメロディーも最高なダンス・ジャズ・クラシックス”Amalgam”が最高です!!!ブラジリアン・テイストを含みながらエレガントなプレイも最高なダンスジャズ”Fanfare”、更にはワルツ、スウィングからメロー迄洗練されたジャズが聴ける好内容アルバムです。こちらはオリジナルUK盤と同年リリースのオーストラリア盤です。


●Toni Esposito / La Bands Del Sole (Philips / 6323 058 / 1978 / Italy)

イタリアのシンガーソングライターにしてパーカッショニスト/ドラマーでもあるToni Espositoによる78年作。南米サウンドやスパニッシュサウンドを取り入れたトロピカルなジャズファンク/フュージョン・サウンドを披露した一枚。なんと言ってもお薦めはPharoah Sanders の名曲”Hum Allah, Hum Allah, Hum Allah”のカヴァー曲。原曲のスピリチュアルなサウンドをフュージョン的にアレンジした素晴らしいヴァージョンです。その他にもブギーテイストのベースラインにトロピカルなサウンドや透明感のあるコーラスが挿入されたフュージョン・トラック”La Banda Del Sole”、爽やかなフュージョンファンク”Mugurrù”、スパニッシュ/アラビックな”Quartetto”、軽快なフュージョンブギー・ダンサー”Il Lungo Viaggio”等が収録です。オリジナル・イタリア盤です。


●Dave Liebman / Drum Ode (ECM Records / ECM 1046 / 1975 / Germany)

エレクトリック・サウンド時代のMiles Davisバンドのメンバーでもあったサックス奏者Dave Liebmanによる75年作。フュージョン〜ラテン・プレイヤー迄が参加した人気作品。お薦めはパーカッシヴな高速トラックにエレピ、そしてDave Liebmanのサックスも素晴らしいブラジリアンフュージョン/ジャズ・ダンス・トラック”Loft Dance”!インタールードとなっている”Goli Dance”から使えます。レア盤ではありませんがサウンドはレア盤に並ぶ最高の作品です!その他にもローズサウンドが最高なメローなヴォーカルジャズ”Oasis”等を収録した好内容なスピリチュアル・ジャズ/フュージョン/ジャズファンク・アルバムです。こちらはECMオリジナル・ドイツ盤です。


●Ximo & Judy / Via Brasil (Rillenschlange / RL 11002/83 / 2001 / Germany)

復刻盤です!Ximo GregorioとJudy Enxutoのデュオによるブラジリアン・ユニットXimo & Judyによる83年唯一のアルバム。Rainer Trübyが手掛けたヨーロッパ産ブラジリアン・コンピ”Glücklich II”に収録され衝撃を受けたドイツ産ブラジリアン・ジャズ/フュージョンの傑作”Vou Vencer”が収録です!!!哀愁のメロディーとダンサブルなブラジリアン・トラックでフロアが盛り上がるトップ・チューン。その他にもブラジリアン名曲メドレーの”Potpourrie”、洗練されたヨーロッパ産ボサノヴァ”Lua No Céu”、軽快なサンバ・フュージョン”Nem É Maracatu”、BPM早めのボサノヴァ”Time”、名曲カヴァー”Samba De Orfeu”等アルバム通して素晴らしい内容です。こちらは2001年にリリースされた復刻盤です。オリジナル盤はもちろんですがこの復刻盤も今やあまり見かけないので是非この機会に。


●Aquarius Y Luiz Antonio / Brasil Aquarius Y Luiz Antonio (Ariola / CR10088 / 2002 / Japan)

復刻盤です!ブラジル出身でスペインで活動したシンガー/コンポーザーLuiz Antonio Moraes da SilvaことLuiz Antonio率いるAquarius Y Luiz Antonioによるスペイン・オンリーでリリースされた73年唯一のアルバム”Brasil Aquarius Y Luiz Antonio”の2002年リイシュー盤。ブラジルの名曲カヴァーを中心に極上のサウンドを披露したスペイン産ブラジリアンの最高傑作。古くからDJクラシックスとして”ベスト・カヴァー作”と言われてきた”Agua De Beber”は、Jordi Sabatés作品等にも参加した女性シンガーErica Norimarを起用したアップ・リフティングなヴァージョン。中盤のブレイクからのジャジーな展開も最高です!他にもファンキーな”Se Voce Pensa”や”Nada Será Como Antes”、”Que nem Jilo”等含め最高の内容。オリジナル盤はもちろんですがこの復刻盤も今やあまり見かけないので是非この機会に。


●Various / Bossa Très... Jazz (Yellow Productions / YP 040 / 1999 / France)

日本のアーティストとヨーロッパのアーティストをブラジリアン・コンセプトで紡した99年Yellow Productionsからのコンセプトアルバム。当時日本のFuture Jazz系アーティスト達を世界に向けて発信する事になった重要アルバム。2000年にFrançois Kが手掛け世界的大ヒットを記録したDJ Mix CD”Essential Mix”にも収録されFuture Jazzシーンおいて世界的に名を広める事となるKyoto Jazz Massiveの名曲”Nacer Do Sol”が収録です!その他にもSalomé De Bahia, Modaji, St. Ernesto, Neon Phusion等の海外勢、Calm, Chari Chari, Jazztronik等の国内勢の作品がエクスクルーシヴで収録された最高傑作作品集。近年見かける事が少ないのでお持ちでない方は是非!ほぼ新品の美品です!


●Kyoto Jazz Massive / Eclipse c/w Silent Messenger (Compost Records / COMPOST 068-1 / 2000 / Germany)

Kyoto Jazz MassiveによるCompost Recordsからの記念すべき2000年ファーストEP。Side-AにはKyoto Jazz Massiveが本格的にワールドワイドに活動するきっかけとなったヒット作にしてFuture Jazz Classics”Eclipse”を、Side-Bにはアルバムに未収録で本作にのみエクスクルーシヴ収録となった“Silent Messenger”を収録。


●Various / Glücklich III EP (Compost Records / COMPOST 056 / 1999 / Germany)

アナログ・アルバムに未収録となったエクスクルーシヴ曲収録です!Rainer Trüby (Trüby Trio)監修による大ヒットコンピレーション・シリーズ”Glücklich”の第三弾から先行リリースとなったサンプラーEP。Side-BにはこのサンプラーEPにエクスクルーシヴ収録となったTrüby Trioによる傑作トラック”Prima Vera”を、Side-Bには当時ヨーロッパ産ブラジルとしてBrazil Selectionという名前で注目を浴びていたこの作品は後にLuiz Carlos Vinhas E Seu Conjuntoによる82年作”Da Vinci Bar Baila Com Vinhas”からのヴァージョンと判明するラテン/ジャズ・アレンジも取り入れつつ中盤からフェンダーローズも最高なブラジリアンフュージョンに展開する素晴らしいヴァージョンが収録。


●Various / Glücklich IV EP (Compost Records / 083-1 / 2001 / Germany)

アナログ・アルバムに未収録となったエクスクルーシヴ曲収録です!Rainer Trüby (Trüby Trio)監修による大ヒットコンピレーション・シリーズ”Glücklich”の第四弾から先行リリースとなったサンプラーEP。当時全曲アナログ・アルバムには未収録となったエクスクルーシヴな内容で、2003年のアルバムには”Alegre 2003”という名前でヴォーカルヴァージョンでしたが、本作はオリジナルのインストヴァージョン”Trüby Trio / Alegre”が収録です。更にまさにヨーロッパ産ブラジリアンフュージョンで当時大ヒットした”Wei Chi / Heaven”、オリジナルはドイツのクリスチャン系レーベルから2枚組7” “Brasil Corcovado”としてひっそりリリースされていた激レア・トラック”Coisa Nossa Feat. Salome De Bahia / Procurando O Caminho”の3曲が収録。


●Various / Glücklich V EP (Compost Records / COMPOST 115-1 / 2002 / Germany)

アナログ・アルバムに未収録となったエクスクルーシヴ曲収録です!Rainer Trüby (Trüby Trio)監修による大ヒットコンピレーション・シリーズ”Glücklich”の第五弾から先行リリースとなったサンプラーEP。CDアルバムには収録されたがアナログには未収録となったエクスクルーシヴな3トラックが収録。UKのレゲーバンドUB40による変名ユニットR.E.Qによる唯一の作品で驚きのEdu Loboによる名曲ブラジリアン”Casa Forte”を極上のアレンジでカヴァーしたダンサブルなキラートラック”R.E.Q. / Casa Forte”、Nu Tropicによるジャジーでダンサブルなブラジリアン”Moonlight”、後にKYODAIとして活躍するWagon Cookin’による爽やかなブラジリアン”Lua”の3曲が収録。


●Various / Glücklich III (A Collection Of Brazilian Flavours From The Past And The Present) (Compost Records / COMPOST 055-1 / 1999 / Germany)

Rainer Trüby選曲による99年リリースの最重要コンピレーション!!!”A Collection Of Brazilian Flavours From The Past And The Present”というサブタイトル通り、Rainer Trübyお薦めの世界各国産ブラジリアン・フュージョン作品に加え、当時活躍してしたFuture Jazzアーティスト達のブラジリアン作品を収録。”Jean-Claude Kerinec / Mamba Percussion / Samba”、”Brazil Selection / Ye Mele”、”Nico Gomez / Rio”、”Evaldo Montenovo / Chili Con Carne”の旧譜、”Pathless / Goddess”、”Da Lata / Pra Manha”、”Brother Of Soul / Ife Bobowa”、”Modaji / The Latin Protocol”、”Tom & Joyce / Vai Minha Tristeza (Mr. Bob S. Remix)”等の新譜が収録。Rainer Trübyによる流石の選曲です!


●Various / Glücklich IV (A Collection Of Brazilian Flavours From The Past And The Present) (Compost Records / COMPOST 084-1 / 2000 / Germany)

Rainer Trüby選曲による2000年リリースの最重要コンピレーション!!!”A Collection Of Brazilian Flavours From The Past And The Present”というサブタイトル通り、Rainer Trübyお薦めの世界各国産ブラジリアン・フュージョン作品に加え、当時活躍してしたFuture Jazzアーティスト達のブラジリアン作品を収録。”Madeline Bell / That's What Friends Are For”、”David Matthews / Sambafrique”、”Himiko Kikuchi / What's Baby Singin’”等の旧譜、”Gotan Project / Triptico - Promo Version”、”Espen Horne / Magnetica”、”Mark De Clive-Lowe / El Dia Perfecto”、”Supersempft (Intuit) / O Preguicoso”、そして本作の為に制作された”Kyoto Jazz Massive / A Calmaria”等の新譜が収録。Rainer Trübyによる流石の選曲です!

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page