top of page

中古盤商品更新:2023.11.16 



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.11.16】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は新入荷のヨーロピアンジャズ & フュージョンを更新しました!

どれもESPECIALでは定番になっている人気タイトルですので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS

===================================


●Mary Lou Williams / Black Christ Of The Andes (MPS Records / 21 20611-4 / 1974 / Germany)

名盤!!!数多くのミュージシャン達に影響を与えた偉大な女性ジャズピアニストMary Lou Williamsによる64年最高傑作アルバム。1940年代から活動を始めスウィング、ビバップ、スピリチュアル、フリー等様々なジャズを表現してきた彼女ですが、本作ではジャズでありながらも宗教的サウンドやブルースの影響も感じさせるディープでブラックな世界観を披露した崇高内容の名作アルバム。中でもお薦めは、パーカッシヴなスウィング/ダンスジャズの傑作にしてDJクラシックス”A Grand Nite For Swingin”!最高です!更にはYusef Lateefの名作”Love Theme From Spartacus”と並ぶムーディージャズの最高傑作”It Ain't Necessarily So”も収録。2016年にリリースされたGilles Petersonによるコンピ”Magic Peterson Sunshine”に収録され、2008年にはJazzman Recordsから7”再発もされた不屈の名曲です。他にも”Anima Christi”、”Praise The Lord”等の人気曲も収録しています。USオリジナル盤(ピンクジャケット)、SABAオリジナル盤共に現在は激レア。その他にも再発盤がリリースされていますが2013年以降の近年復刻盤以外は全て高価になっています。本作は74年のMPS Recordsからの正規リプレス盤です。こちらも既に1万前後の値段がついているレア盤です。ジャズ・ファンは是非持っておきたい一枚です。


●Edition Speciale / Horizon Digital (RCA Victor / PL 37215 / 1978 / France)

フランスのジャズロック/フュージョン/プログレッシヴ・バンドEdition Specialeによる78年サード・アルバム。”Mr Business”が収録された76年1stアルバム”Allée Des Tilleuls”と、”La Ville En Béton”が収録された2rdアルバム”Aliquantel”も含め古くからフレンチ・フュージョンの傑作としてCortex同様に人気の作品です。お薦めは何と言ってもフレンチ・フョージョン・ファンクの傑作”Camara”!ジャジー & ファンキーなベースライン、ファンキーなトラック、シンセワーク、そして女性ヴォーカルもマッチし、曲内でも幾つかの展開をみせる極上のフレンチ・フュージョンです!その他にもフュージョン・ファンク〜変拍子に展開する”Aurore”、レイドバックしたメロー・フュージョン・ファンク”Daisy”、中盤からの展開も最高な”Jungle's Jingle”、メローなイントロからジャズ、そしてファンク、フュージョンへと様々な要素を含んだ曲に展開する”Confluence”等、彼等のスーパーテクニックと興味深い曲の構成が堪能できるキラーな内容です!


●John Thomas & Lifeforce / 3000 Worlds (NABEL / NBL 8104 / 1981 / Germany)

数多くのジャズ・アーティストのサポートメンバーとして活躍したギタリストJohn ThomasがドイツのNabelレーベルに残したJohn Thomas & Lifeforce名義での81年名盤。同レーベルで活躍したヴォーカリストMonika Lingesのスキャットをフィーチャーしたブラジリアン・フュージョンの名曲“Like A Samba”は、Rainer Trüby選曲による名作コンピレーション”Glücklich”に収録された最高傑作!その他にも高速フュージョン・トラック”3000 Worlds”、ムーディーなボサノヴァから中盤サンバ・ブレイク〜サンバ・フュージョンに展開する”Promontory”も◎です。1994年にドイツ盤、2001年に日本盤で再発されていますが、こちらはもちろんオリジナル・ドイツ盤です。現在海外市場での価値は上昇中です。盤面は滅多にお目にかかれない良好盤です!コレクターは是非オリジナル盤で!!!(巷でたまに見かける安い盤は再発です!)


●Meta Roos & Nippe Sylwens Bands / Meta Roos & Nippe Sylwens Bands (1980) (Click Records ‎/ 6580 / 1980 / Sweden)

“Zazurira”のカヴァーでもお馴染みスウェーデンの歌姫Meta Roos率いるNippe Sylwens Bands による80年人気作品。ジャジーなアレンジとポップな要素が融合したジャズ〜ブラジリアン〜ポップ〜ロックにまで幅広く愛される素晴らしいアルバム。本作ではSergio Mendesヴァージョンでもお馴染みのStevie Wonderによる名曲をブラジリアン・フュージョン・テイストで見事にカヴァーした人気トラック”The Real Thing”を収録!ヨーロッパ産ブラジリアンの最高傑作です!更にはB-3に収録されているフュージョン・ソウル・トラック“Comza”や爽やかなソウル・トラック”Give A Little Love”も古くからDJ人気のトラックです。意外にも今まで一度もアナログで再発された事のないスウェーデン・オリジナル盤です!


●Rimona Francis / Rimona Francis (MPS Records / 0068.187 / 1978 / Germany)

イスラエル生まれのブルガリアンでドイツを拠点に活躍したジャズ・シンガーRimona Francisによる78年MPSからの名盤。Gilles Peterson選曲による名作コンピTalkin’ JazzのCDにのみ収録され一気に人気ジャズ・トラックとなった”Colours Of Excitement”が収録!ムーディーなイントロで幕を開け、スピリチュアルなベースラインとブラジリアンなトラック、そしてRimona Francisのスキャットと文句無しの最高傑作です!ファンキーな変拍子スキャット・ファンク”Bulgarian Beans”も人気です!2001年に一度だけ再発になった事もありますが、こちらはもちろんオリジナル・ドイツ盤です!


●John Thomas & Lifeforce / Devil Dance (Nabel / NBL 8001 / 1980 / Germany)

“Like A Samba”でお馴染み数多くのジャズ・アーティストのサポートメンバーとして活躍したギタリストJohn ThomasがドイツのNabelレーベルに残したJohn Thomas & Lifeforce名義での80年アルバム。同レーベルで活躍したヴォーカリストMonika Lingesのスキャットをフィーチャーしたブラジリアン・フュージョン”Maryke”は“Like A Samba”と並ぶ彼の代表作。Kevin BeedleによるBBEからのコンピレーション”Private Collection Volume 3”に収録された事でさらに人気となった作品です。他にもアルバムの冒頭を飾るブラジリアン/ラテン・フュージョン”Devil Dance”、ボサ・フュージョン”Seven Kinds Of Jewels”、キラージャズの”Vector”等も◎。92年に再発盤もリリースされていますが、こちらはもちろんオリジナル・ドイツ盤です!コレクターは是非オリジナル盤で!!!(巷でたまに見かける安い盤は再発です!)


●The Keyboard Conclave / The Keyboard Conclave (‎Supraphon / 1 15 2228 / 1978 / Czechoslovakia)

チェコスロヴァキアのピアニストKlávesová KonklávaによるバンドThe Keyboard Conclaveによる78年作。76年OKD Concert Hallでのライブレコーディング作品。レア盤ではありませんが、今迄日本国内でほとんど見かけた事がないある意味ニューディスカヴァリー的作品です!アルバムを通してKlávesová Konklávaのフェンダーローズのプレイが光るチェコスロヴァキア産ジャズ/フュージョン・アルバムですが、お薦めはA-2に収録されるブラジリアン・フレイヴァーなフュージョン・トラック”Shooting-Gallery Rose”。そしてB-1に収録されているボサ・フュージョン”Honey Cakes”もお薦めです。更には冒頭のムーディー且つスピリチュアルなジャズ”Third Eye”も◎。当時同年にKlávesová Konkláva名義での同内容アルバムがリリースされてますが、こちらのジャケットの方がお洒落なのでお薦めです!ヨーロッパ産ジャズ/ブラジリアン系の方是非チェックを。


●Horst Jankowski Quartett / Jankowskinetik (MPS Records / MPS 15273 ST / 1970 / Germany)

ドイツのジャズ・ピアニストHorst Jankowski率いるHorst Jankowski QuartettによるMPSからの70年作。トリオにギターを加えたカルテット編成で極上のジャズを披露した名盤。お薦めは2007年にMPS Recordsからのオフィシャル・コンピレーション”Talkin’ Jazz - Legendary Jazz Grooves From The Black Forest”のCDヴァージョンにのみ収録されていた”Speech Craft”。クールなピアノが主旋律をとり哀愁のサビのメロディーも最高なピアノ・ジャズの傑作。ブラジリアン・タッチの”Black Flower”、美しいメロディーのジャズ・トラック”I’ve Got You Under My Skin”辺りも含め、洗練されたクールなプレイが素晴らしいアルバムです。MPS 1stプレスのオリジナル盤です。盤のコンディション◎の美品です!


●Dimenzio / Dimenzio (Pepita / SLPX 17651 / 1981 / Hungary)

ハンガリーのフュージョン・バンドDimenzioによる81年1stアルバム。お薦めはPhil AsherがFocus名義でリリースしたアルバム”Sweet And Sour”でKaidi Tathamをフィーチャーしてカヴァーを披露した”Bamba”のオリジナル・ヴァージョン。ブロークン・フュージョンとなったFocusのヴァージョンも最高でしたが、よりブラジリアン/ラテン・フュージョン・サウンドの本作に収録されているオリジナル・ヴァージョンも同じく最高です!他にもジャジーかつファンキー、そしてブラジリアンのテイストも注入されたフュージョン・トラック”Távoli Város”、二部構成の”Lebegés”後半のダンサブルなジャズ・パート等も◎です。


●Cătălin Tîrcolea / Zboruri (Electrecord / ST-EDE 01951 / 1982 / Romania)

ルーマニアのペンパイプ奏者にしてパーカッション/フルート/コンダクターまでこなすマルチプレイヤーCătălin Tîrcoleaによる82年作。お薦めはA1に収録されている”Zboruri”。ファンキーなベースラインにジャジーなフェンダーローズ、そしてペンパイプがメロディーを奏でる素晴らしいダンサブル・フュージョン・トラックです!他にもDeodato作のラテンテイストなフュージョン・トラック”Latino”、ブラジリアン・テイストの”De-a Lung Şi Joc”、ジャズの名曲”Take Five”のカヴァー”Pe Cinci”、ダンサブルな変拍子フュージョン”Exotica”等も◎。可愛いジャケットもいいですね。


●Kate Ceberano / Love Dimension c/w Like Now (Regular Records / K 820 / 1989 / Australia)

オーストラリアのシンガーソングライターKate Ceberanoによる89年Limited Editionでリリースされた7”!Side-Aには同年にリリースされたアルバム”Brave”からのカット”Love Dimension”が収録となっていますが、注目はリリース当時この7”のみに先行収録されたSide-Bの”Like Now”!!!2016年にJazzanovaが手掛けたコンピレーション”Paz E Futebol 2”に収録され一気に注目が上がった、Rainer TrubyやKJMが古くからプレイしているオーストラリア産キラー・ブラジリアン・ヴォーカル・ジャズ!国内でもあまり見かけないある意味レアな7”です!90年にKate Ceberano And Her Sextet名義のアルバムに収録されましたが、これは是非7”で持っておきたいですね。c/wには同年にリリースされたアルバム”Brave”からグランドビート的な80’s Australian Soul ”Love Dimension”が収録です!


●Serge Gainsbourg / Requiem Pour Un Con (Remix 91) (Philips / 878 904-7 / 1991 / France) ¥ 2000

68年のフランスとイタリアの合作映画”Le Pacha”(’68)のテーマ曲となったSerge Gainsbourgの人気作”Requiem Pour Un Con”の7”。キラーなブレイクビーツが最高な”Requiem Pour Un Con (Remix 91)”はフレンチ/ラウンジ系のみならずジャズ系やHipHop/Rare Groove系にもプレイされた傑作トラックです!!!Side-AにはRemix 91ヴァージョン、そしてSide-Bにはオリジナルヴァージョンが収録です!

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page