top of page

中古盤商品更新:2023.10.05



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.10.05】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は人気の定番ブラジリアン・タイトル15タイトルをアップしました。

どれもESPECIAL RECORDSが自信を持ってお薦めする持っておくべき名盤ばかりですので是非!

オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Sandra Sá / Sandra Sá (RGE / 303.6011 / 1982 / Brazil)

大人気盤!!!ブラジルのソウル/ブギー・シンガーSandra Sáによる82年人気アルバム。ミュージシャンにLincoln Olivetti、Mamao (Azymuth)、Robson Jorge、Claudio Stevenson (Banda Black Rio)等のメンバー参加した最高の内容です!Favourite Recordingsからのコンピレーション”Brazilian Disco Boogie Sounds“に取り上げられた大人気ブラジリアン・ブギーの傑作”Negra Flor”を筆頭に、Banda Black Rioサウンドを彷彿とさせるキャッチーなブラジリアン・ブギー・ソウル”Música Maravilha”(Yoshihiro Okino DJ Mix at KBMC2022に使用)、古くからソウル/ファンクDJにも人気のブラジリアン・フォーク・ファンク”Olhos Coloridos”、ブラジリアン・ブギー・ファンク”Preciso Urgentemente Falar Com Cassiano”、AOR的且つEW&F風のコーラスも心地良い爽やかなブラジリアン・ブギー”Conte Comigo”等々が収録の最高の内容です。もちろん今まで再発された事も無いオリジナルのブラジル盤です!現在も値段が上昇し続けておりコンディションの良い物は既に海外市場で2万オーバーの値段となっておりますのでお早めに入手しておいてください!


●Leci Brandao / Questao De Gosto (Polydor / 2451 083 / 1976 / Brazil)

人気盤!ブラジルのサンバ・シンガーLeci Brandaoによる76年2ndアルバム。ブラジルの音楽シーンにおいて長年活躍し数多くのリリースがある彼女ですが、本作が彼女のキャリアの中でも最高の1枚。アレンジャーにRoberto Menescal、メンバーにはWilson Das Neves, Mamao (Azymuth)等も参加。基本サンバ・トラック中心で構成された内容ですが、一番のお薦めはダンサブルなファンキー・サンバ・クラシックス”Questao De Gosto”。ファンキーなフェンダー・ローズのプレイと彼女のヴォーカルがマッチした極上の高速サンバ・トラックです!アップ・リフティングなファンキー・サンバの中でも最高傑作といえる素晴らしい作品です。他にも哀愁のサンバ”Maria Bela, Maria Feia”、”Mãos Libertas”、”Deixa Pra Lá”辺りもお薦めの人気作品です!滅多に出会えないコンディション◎の美品です!


●Eliana Pittman / Quem Vai Querer (RCA Victor / 103.0187 / 1977 / Brazil)

サンバの女王Eliana Pittmanによる77年作。60年代からジャズ・サンバ界でトップ・シンガーとして活躍してきた彼女による本作は、Aroop Royのエディット作品でもお馴染みのブラジリアン・クラブ・クラシックス”Quem Vai Querer”が収録。ファットなサンバ・リズムとフェンダーローズのコードワークも彼女のヴォーカルを引き立てます!その他にも“Nem Tudo Esta Perdido”、“Triste Desilusão”等を始めとした哀愁のメロー・サンバの数々や、ダンサブルなサンバも含めアルバムを通して素晴らしい好内容アルバムです。今迄再発されていませんので是非ブラジル・オリジナル盤で!


●Emilio Santiago / Ensaios De Amor (Philips / 6328 521 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!ブラジルのソウル・シンガーEmilio Santiagoによる82年作。ミュージシャンにLincoln Olivetti & Robson Jorge等が参加!レア盤”Mais Que Um Momento”の前年リリース作ということでサウンドも◎。お薦めはLeon Wareが同年にリリースしたMarcos Valleとの共作にして人気作”Someware”のカヴァーとなるブラジリアン・ブギー・ソウル”Dentro De Você”。Len Wareヴァージョンも良いですがこちらも素晴らしいアレンジで最高です!そに他にもアーバンなAOR的ブラジリアン・ソウル”Pelo Amor De Deus”、美しいメロディーのメロー・トラック”Lua Nova”、爽やかなブギー・ソウル”Gente Séria”、更には”Ensaios De Amor”、”Velas Içadas”、”Flor Dos Trópicos”等、他の収録曲も含めて素晴らしい内容のアルバムです!もちろんブラジル・オリジナル盤です!


●Elis Regina / Elis In London (Philips / 6349 042 / 1982 / Brazil)

名盤!!!ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年のロンドンで録音した最高傑作にして人気盤。ブラジリアン・ファンクの傑作となった”Se Você Pensa”、数あるカヴァー作の中でもトップ・クラスの極上ヴァージョン”Zazueira”を筆頭に、”Corrida de Jangada”、”Giro”、”Upa Neguinho”、”How Insensitive”等が収録された最高の内容!オリジナルとなるUK盤、同年リリースのオランダ盤、そして日本盤はスーパー・レアで入手困難。各地でリリースされた後発盤ですら値段高騰中。こちらはブラジル盤としては初めてのリリースとなった82年プレスです。このブラジル盤も最近コンディションの良い物は海外市場で1万前後に値段が上昇してますのでお持ちでない方はお早めに!今や滅多に見つからない新品同様の美品です!


●Elis Regina / Como & Porque (Philips / R 765.080 L / 1969 / Brazil)

人気盤!ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年の”Elis In London”と同年にリリースした人気アルバム。ジャケットには記載されていませんが、Antonio Adolfo, Hermes Contesini, Roberto Menescal, Wilson das Neves等がバックを務め”Elis In London”と同様のサウンドワークで録音した彼女の全盛期作品の一つといえる作品です。ファンキーなアレンジでのEgberto Gismontiのカヴァー”O Sonho”やMilton Nascimentoのカヴァー”Vera Cruz”、Edú Lôboのカヴァー”Casa Forte” & “Memórias De Marta Saré”、Baden Powellのカヴァー”Canto De Ossanha”、彼女の代表作の一つ”Giro”、名曲”O Barquinho”等々、素晴らしいアレンジで後にブラジリアンの名作となった楽曲が一挙に収録された最高傑作です!もちろんオリジナル・ブラジル盤です!ジャケットも最高ですね!コンディションの良い物を見つけるのが困難盤です。


●Elis Regina / ...Em Pleno Verão (Philips / R 765.112 L / 1970 / Brazil)

人気盤!ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる69年の”In London”, ”Como & Porque”の翌年リリースとなる70年作。Erlon Chaves率いるオーケストラがバックを担当。冒頭に収録されているBaden Powell作の”Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaqua)”はElis Reginaの代表作の一つであるダンサブルなブラジリアン・クラシックス。その他にもJorge Benのカヴァー”Bicho Do Mato”、Nonato Buzar作の”Verão Vermelho”、Jorge Ben作のファンキーな”Até Aí Morreu Neves”, Gilberto Gilのカヴァー”Fechado Pra Balanço”等名曲一挙収録の好内容アルバムです!ジャケットも素敵ですね。もちろんオリジナル・ブラジル盤です!


●Elis Regina / Elis Especial (Philips / 6349 413 / 1979 / Brazil)

人気盤!!!ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる79年作。60年代から長きに渡って数多くの名曲を残して来た彼女ですが79年の本作では極上のMPB & フュージョンを披露!ファンだーローズのサウンドも◎なダンサブルなブラジリアン・ファンキーフュージョン”Ou Bola Ou Bulica”は最高のブラジリアン・クラシックスです!その他にもダンサブルなMPB作品”Noves Fora”、Ivan Linsのカヴァーでメローなファンク・トラック”Dinorah, Dinorah”、極上のメローボサ”Entrudo” & “Bonita”等を始めとした他の収録曲も◎。70年代のElis Regina作品の中でも圧倒的にDJ人気が高い名盤!コンディション◎のブラジル・オリジナル盤です!


●Miucha & Antonia Carlos Jobim / Miucha & Antonia Carlos Jobim (RCA Victor / 103.0213 / 1977 / Brazil)

当時Joan Gilbertoの妻であったMiuchaと巨匠Antonia Carlos Jobimの共作による77年作。Danilo Caymmi, Dory Caymmi, Novelli, Roberto Silva, Wilson Das Neves等も参加。極上のボサノヴァ・アルバムですが中でもお薦めは”Tiro Cruzado”。Nelson Angelo e JoyceのレアヴァージョンやSergio Mendesのカヴァーでも有名な作品ですが、このMiucha & Antonia Carlos Jobimのヴァージョンも最高です。Toninho Hortaの名曲”Aquelas Coisas Todas”を彷彿とさせるイントロのギターから痺れる傑作ヴァージョンです!他のボサノヴァ曲も◎の好内容アルバムです!


●Djavan / Alumbramento (EMI / 31C 064 422859 / 1980 / Brazil)

数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる76年1st “A Voz, O Violão, A Música De Djavan”、78年2nd “Djavan”に続く80年3rdアルバム。1st・2ndの流れを汲んだサウンドは、Djavanの名曲”Fato Consumado“と同様のサウンド・ワークで人気のキラーMPBトラック”Aquele Um”を筆頭に、Djavan節全開の”Tem Boi Na Linha”、爽やかなサンバ・トラック”A Rosa”や、ブリージンなメロートラック等を多数収録した好内容アルバムです!Djavanサウンドがお好みの方必聴盤です!


●Djavan / Luz (Discos CBS / 138.251 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。レコーディングにはStevie Wonder, Ronnie Foster, Hubert Laws, Paul Jackson Jr等USミュージシャンも参加。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”が収録!他にもミッドテンポのブラジリアン・ソウル・トラックの傑作”Luz”や、極上のメローブラジリアン”Capim”や”Sina”、ダンサブルな”Minha Irmã”等その他の楽曲も含めて最高です。当時US盤はリリースされておらず、日本盤はインコのジャケットですがオリジナルとなるブラジル盤はこの顔ジャケットです!


●Djavan, Ivan Lins Special Guest Patti Austin / Brazilian Knights And A Lady (Verve Records / 841 292-1 / 1988 / US)

86年にLAのBill Graham's Wiltern Theatreにて行われたLiveのレコーディング盤。Side-AはIvan LinsのライブにSpecial GuestとしてPatti Austinが参加した熱演。そしてSide-BにはDjavanのライブが収録。なんといってもオススメはB2に収録されているDjavan “Samurai”のライブ・ヴァージョン!観客の歓声とライブ・アレンジでオリジナルとはまた少し違ったサウンドが楽しめます!”Samurai”好きの方必聴です!


●Olivia Hime / Estrela da Vida Inteira Manuel Bandeira (Continental / 1.35.404.031 / 1986 / Brazil)

リオ出身のブラジリアン・シンガー/ソングライターOlivia Himeによる86年作で彼女がブラジルの偉大な詩人で作詞家のManuel Bandeiraに捧げた作品。Tom Jobim、Dori Caymmi、Gilberto Gil、Toninho Horta等の豪華メンバーが参加。お薦めはJoyceによる作曲でもちろんManuel Bandeiraが作曲を手掛けたキラートラック”Berimbau”。軽快なブラジリアンでヴォーカルも素晴らしい古くからDJに人気のダンサブルな作品です。他にも男性ヴォーカルとのデュエット作品でAORフィールなメロー・ブラジリアン・トラック”Portugal, Meu Avozinho”等が収録。お買い得なブラジリアンですが”使える”一枚です!


●Sergio Mendes / Horizonte Aberto (Som Livre / 403 6200 / 1979 / Brazil)

内容最高です!ブラジリアン・サウンドを代表するSergio Mendesによる79年作。アメリカで活動していたSergio Mendes作が79年のブラジル一次帰国時に現地で録音された作品。ブラジル盤名”Horizonte Aberto” & 他国盤名”Alegria”でリリースされた本作はUSAからリリースされなかったので意外に見落としがちな名作。現地録音というだけあってDjavan, Dori Caymmi, Oscar Castro Neves, Toninho Horta等参加メンバーも豪華。一番のお薦めはToninho Hortaの名曲カヴァー”Aquelas Coisas Todas (Sanguessuga)”。Toninho Horta本人も参加しただけあってオリジナルヴァージョンにも近い最高のカヴァーです!更にDjavan本人参加の名曲”Fato Consumado”や、哀愁のサンバ・トラック”Última Batucada”はもちろん、”Tô Voltando”、”Milagre”、”Adeus América”等も含めアルバム通して全曲素晴らしい最高の内容です!こちらはオリジナル・ブラジル盤です。


●Simone / Cigarra (EMI / 31C 064 421089D / 1978 / Brazil)

ブラジルのシンガーSimoneによる78年作。Alex from Jazzanova等もプレイしていた”A Sede dp Peixe”はファンキーなベースラインとアップリフティングなギタープレイで盛り上がる極上のMPBクラシックスです。そに他にも”Coisas De Balada”、”Então Vale A Pena”辺りを始めとした美しいメロー・トラックや、レイドバックしたソウル・トラック”Petúnia Resedá”辺りも◎の好内容アルバムです!オリジナル・ブラジル盤です。


最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page