top of page

中古盤商品更新:2023.08.31



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.08.31】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は久々に7”特集です!(店頭の7”コーナースカスカだったので補充しました)

定番のブギーソウル・クラシックス中心に一部ジャズ/ラテン7”等も紹介してますので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Aquarian Dream / Look Ahead c/w Phoenix (Buddah Records / BDA 560 / 1977 / US)

Norman Connorsがプロデュースを手掛けた8人組黒人男女混合グループAquarian Dreamによる76年にリリースされたアルバム”Norman Connors Presents Aquarian Dream”からの7”カット。Shuya Okinoのカヴァーでもお馴染みBoogie Soulの傑作”Look Ahead”が収録!c/wには同じくアルバムからフュージョン・ブギーの傑作”Phoenix”が収録。今や市場でこのジャケット付きの7”はほとんど見ないレア・ヴァージョンです!7”派の方はお見逃しなく!!!(ジャケット付きUS盤)


●Pharoah Sanders / As You Are c/w Pharomba (Arista / AS 0329 / 1978 / US)

説明不要スピリチュアル・ジャズの巨匠Pharoah Sandersによる78年作”Love Will Find A Way”からの7”カット。プロデューサーにNorman Connorsが参加。アルバムのハイライトトラックでもあるブラジリアン・テイストのダンスジャズの傑作でDingwallesクラシックス”Pharomba”が収録!c/wにはPhyllis Hymanをヴォーカルに起用した極上メロー“As You Are”が収録です。あまり見かけないPharoah Sandersの名曲7”。是非この機会に!


●The McCrarys / Night Room (Capitol Records / P-B 5090 / 1982 / US)

Alfred, Charity, Howard, Linda, SamからなるMcCrary兄弟+姉妹ソウル・グループThe McCrarysによる82年アルバム”All Night Music”からの7”カット。アルバムも値段急騰でレア盤となって来てますが、本作はアルバム内の大人気トラック”Night Room”の7”プロモ盤。ブギー・ソウルど真ん中のサウンドは伸びやかなヴォーカルとファンキーなトラックで最高に気持ち良い名曲です!サビの高揚感も最高です!本作はプロモ盤という事で両サイドに”Night Room”が収録されています。本作は7”ショートヴァージョンです。12”はレア盤となっており、正規盤7”含め本作もあまり中古市場で見なくなっていますので今のうちに!


●Paulinho da Costa / Deja Vu c/w Love Till The End Of Time (Polydor, Pablo Today / 2018 005 / 1979 / Netherlands)

ブラジル出身のパーカッショニストPaulinho da Costaの79年人気アルバム”Happy People”からの 7”カット。数多くのDJ達に愛されるフューション・ブギーの名曲”Deja Vu”が収録!EW&FからPhilip Baileyもヴォーカルで参加!c/wにはイントロが某アーティストにサンプリングされた事でもお馴染み人気のブラジリアン・フュージョン・ブギー”Love Till The End Of Time”が収録です!こちらはオランダ盤で独自ジャケットも◎なレア7”です!(ジャケット付きオランダ盤)


●Donald Byrd / Change (Makes You Want To Hustle) (Blue Note / BN-XW726-Y / 1976 / US)

ジャズ・トランペッターDonald Byrdによる76年名作アルバム”Places and Spaces”からの7”カット。プロデュースをLarry & Fonce Mizell (Sky High Productions)が手掛けた説明不要のブギー・ソウル/レア・グルーヴ・クラシックス。Side-AにはPart 1、Side-BにはPart-2と二曲に分かれて収録です!名作ですので是非この機会に7”で。


●Dee Dee Bridgewater / Sweet Rain (Stereo c/w Mono) (Elektra / E-45495 / 1978 / US)

Dee Dee BridgewaterがStanley Clarkeのプロデュースでリリースした78年の人気アルバム”Just Family”からの7”カット。VolcovのCDにも収録されたブギー・ソウルの傑作”Sweet Rain”の7”プロモ盤。なんと!この7ヴァージョンはアルバムとはイントロ違いのレアな別ヴァージョンで収録されています!ちなみに12”のプロモ盤はレアで入手困難です。Stereo c/w Monoでの収録。


●Gonzalez / (I Want To Get) Close To You c/w Cuidido (Toots Frooti / TOOT 1 / 1982 / UK)

UKのファンク・バンドGonzalezによる82年作。ファンク/ブギーにラテン・テイストを取り入れたサウンドが印象的な彼等の作品の中で、キャリア最後のアルバムとなった80年作の後に12”と7”のみでリリースされた隠れ名作。Earth, Wind & Fire的なコーラス・ワークも心地良いラテン・フュージョン・ブギーの傑作”Cuidido”が収録。c/wには某AOR曲かと思うようなカッティング・ギターのイントロからエモーショナルなブギー・ファンクへと展開する”(I Want To Get) Close To You”を収録。当時ヨーロッパのみでのリリースとなっていたので知る人ぞ知る名曲です。


●Rodney Franklin / Windy City c/w Theme For Jackie (Columbia / 11-11419 / 1980 / US)

“Endless Flight”でもお馴染みのジャズ・ピアニストRodney Franklinによる80年作”Rodney Franklin”からの7”カット。DJ御用達の極上ミッドテンポ・フュージョン・ブギー”Windy City”が収録!是非7”で持っておきたい傑作トラックですね。c/wには同アルバムからジャジーなメロートラック”Theme For Jackie”等が収録。


●Sergio Mendes Y El Nuevo Brasil ´77 / If You Leave Me Now c/w The Real Thing (Elektra / 45-1444 / 1977 / Spain)

ブラジル音楽の巨匠Sergio MendesがThe New Brasil '77を率いてリリースした77年の同名アルバムからの7”カット。Stevie Wonderの名曲をディスコ・アレンジでカヴァーした”The Real Thing”はダンス・クラシックスの最高峰ですね。是非7”で持っておきたい名曲です。c/wのは同アルバムから”If You Leave Me Now”が収録。スペイン盤の独自ジャケットも◎のレア7”です!(ジャケット付きスペイン盤)


●Loleatta Holloway / Hit And Run (Gold Mind Records / GM-4001 / 1977 / US)

Salsoul Orchestra等への参加でもお馴染みのディスコ・クイーンLoleatta Hollowayによる76年3rdアルバム”Loleatta”からの7”カット。Norman Harrisプロデュース & MFSBがバックを担当した名作Disco/Garage Classic”Hit And Run”が7”ヴァージョンで収録。プロモ盤という事でc/wにも同曲が収録です!


●T.S. Monk / Candidate For Love c/w The Last Of The Wicked Romancers (Mirage / K 11648 / 1980 / UK)

ジャズ・ピアニストThelonious Monkの息子としても知られるT.S.Monkによる80年のアルバム”House Of Music”からの7”カット。Gilles PetersonからNYハウスDJまでがフェイヴァリットに挙げていたブギーソウルの傑作”Candidate For Love”が収録。c/wには同アルバムからメロー・トラック”The Last Of The Wicked Romancers”を収録。(ジャケット付きUK盤)


●Ray Barretto / Stargazer (Atlantic / 3548 / 1978 / US)

ラテン・パーカッショニストRay Barrettoによる78年作”Can You Feel It”からの7”カット/プロモ盤。Jazzanovaのコンピレーション”Computer Incarnations For World Peace”にも収録されたDJユースなパーカッシヴな極上ラテン/フュージョン・ブギー”Stargazer”が収録。プロモ盤という事でMono c/w Stereoでの収録です!ブギー系も要チェックです!


●Narada Michael Walden / Give Your Love A Chance c/w Give Your Love A Chance (Atlantic / 3580 / 1979 / US)

プロデュースにPatrick Adams、Sonny Burkeが参加したNarada Michael Waldenによる79年アルバム”Awakening”からの7”カット。Shuya Okinoによるカヴァーで再評価された当時ポップチャートにも取り上げられたアーバン・ディスコの名曲”Give Your Love A Chance”が収録!Stereo c/w Monoの2ヴァージョンで収録のプロモ盤です。


●Emiliano Salvador con la voz de Pablo Milanés / Puerto Padre c/w El Montuno(Movieplay / 01.0459/4 / 1979 / Spain)

キューバのピアニストEmiliano Salvadorによる78年ファースト・アルバム”Nueva Vision”からスペイン盤プロモオンリーでリリースされたレア7”。フェンダーローズ使いのジャジー/フュージョンなアルバム内でも人気のお洒落なメローラテングルーヴ”Puerto Padre”が収録。後半のPablo Milanésによるヴォーカルも◎ですね。c/wにはロングイントロからダンサブルに展開するラテンジャズ・ダンサー”El Montuno”が収録です。(ジャケット付きスペイン盤)


●Donald Byrd / Thank You For Funking Up My Life c/w Loving You (Elektra / E-45545 / 1978 / US)

巨匠ジャズ・トランペッターDonald Byrdによる78年のアルバム”Thank You … For F.U.M.L.”からの7”カット。Jim Gilstrapのヴォーカル、Syreeta Wrightのコーラス、そしてストリングス・アレンジも最高なフュージョン・ブギーの最高傑作”Loving You”が収録。c/wにはファンキーなサウンドも最高なブギーファンク”Thank You For Funking Up My Life”を収録です。


●Beggar And Co. / (Somebody) Help Me Out / c/w Rising Sun (Ensign / 0037.502 / 1981 / Germany)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドBeggar And Co.による81年リリースの名盤”Monument”からの7”カット。後にはLight Of The WorldやThe Funk Jazz Collectiveとの共作も手掛ける彼等ですが、本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”(Somebody) Help Me Out”が収録。c/wはアルバムには未収録のUKブギー・フュージョン”Rising Sun”が収録。Brit Funkの名曲です!ドイツ盤の独自ジャケットも◎です!(ジャケット付きドイツ盤)


●Lonnie Liston Smith / Give Peace A Chance (Make Love Not War) (Columbia / 1-11217 / 1980 / US)

“Expansions”を始めとした数多くの名作を生み出してきたジャズ鍵盤奏者Lonnie Liston Smithの80年作”Love Is The Answer”からのプロモ7”カット。アルバムのハイライト曲でもあるDonald Smithをヴォーカルにフィーチャーした”ive Peace A Chance (Make Love Not War)”を収録。75年Lonnie Liston Smith And The Cosmic Echoes名義でのジャズファンク・クラシックス”A Chance for Peace”をセルフカヴァーしダンサブルにアップデートしたジャズファンクブギーの傑作です!7”のショートヴァージョンです。プロモ盤という事でc/wにも同曲が収録です。


●Sergio Mendes & Brasil '66 / Viramundo c/w For What It's Worth (A&M Records / 7 AM-5053 / 1970 / Brazil)

説明不要のブラジリアン・ミュージックを代表するアーティストSergio MendesによるSergio Mendes & Brasil ’66名義での70年作”Stillness”からの7”カット。アルバムでのハイライトとなっていた”For What It's Worth”はGilles PetersonをはじめとしたロンドンのジャズDJ達が古くからプレイしていたブラジリアン・ファンクの傑作です。c/wにはGilberto Gilのカヴァーであるダンサブルなサンバトラック”Viramundo”が収録。こちらはレアなブラジル盤です!


●Tata Vega / Get It Up For Your Love c/w I Just Keep Thinking About You Baby (Motown ‎/ 1C 006-62 737 / 1979 / Germany)

ソウル・シンガーTata Vegaが78年にリリースしたアルバム”Try My Love”からの7”カット。Ned DohenyのカヴァーでTheo ParrishやDimitri from Paris等のプレイでお馴染みのブギー・ソウル・クラシックス”Get It Up For Your Love”が収録!c/wには同じくゴスペル系のダンス・クラシックス”I Just Keep Thinking About You Baby”を収録したダブルサイダー7”。こちらはドイツ盤で独自ジャケットありです!(ジャケット付きドイツ盤)


●Ramsey Lewis / Spring High c/w The Messenger (Columbia / 3-10571S / 1977 / US)

先日惜しくも他界した“Sun Goddess”でお馴染みのジャズ・ピアニストRamsey Lewisによる77年のアルバム”Love Notes”からの7”カット。Stevie Wonder参加。フュージョン・ブギーの傑作”Spring High”が収録。c/wには同アルバムからキラーなピアノ・ジャズファンク/フュージョン・トラック”The Messenger”が収録。


●Rodney Franklin / The Groove c/w God Bless The Blues (CBS / CBS 8529 / 1980 / Europe)

“Endless Flight”でもお馴染みのジャズ・ピアニストRodney Franklinによる80年アルバム”You’ll Never Know”からの7”カット。ガラージ・クラシックスとしてもお馴染みピアノ・ブギーの名曲”The Groove”が収録。中盤のピアノソロは圧巻です。c/wには同アルバムからムーディーなジャズトラック”God Bless The Blues”が収録。アルバムのジャケットを引用したヨーロッパ盤独自スリーヴが◎ですね!(ジャケット付きヨーロッパ盤)


●Sister Sledge / He's The Greatest Dancer c/w Somebody Loves Me (Cotillion / COT 11.257 / 1978 / Netherlands)

プロデュースにNile Rogersを迎えたSister Sledge79年の最高傑作アルバム”We Are Family”からの7”カット。Dimitri From Paris等のエディット・ワークでもお馴染みのブギー/ダンス・クラシックス”He's The Greatest Dancer”が収録。c/wには同アルバムからメロートラック”Somebody Loves Me”を収録。(ジャケット付きオランダ盤)


●Donna Summer / Bad Girls c/w On My Honor (Philips / 6175 013 / 1979 / Netherlands)

Donna Summerによる79年のアルバム”Bad Girls”からの7”カット。The Reflexがエディットしていた事でも知られるアルバム・タイトル曲にもなったアーバン・ブギーの最高傑作”Bad Girls”を収録。c/wには同じくアルバムからメロー・トラック”On My Honor”が収録。アルバムのジャケットを引用したオランダ盤独自スリーヴが◎ですね!(ジャケット付きオランダ盤)


●Chic / Everybody Dance c/w You Can Get By (Atlantic / ATL 11 097 / 1978 / Germany)

Nile Rodgersと、Bernard Edwardsを中心メンバーとしたディスコ・バンドChicによる77年デビューアルバム”Chic”からの7”カット。Side-AにはChicの代表曲の1つとも言えるダンスクラシックスのビッグチューン”Everybody Dance”を、そしてSide-Bには同アルバムからミッドテンポのブギーソウル”You Can Get By”を収録。(ジャケット付きドイツ盤)


●Chic / Le Freak c/w Good Times (Atlantic / 11570 / 1981 / Benelux)

Nile Rodgersと、Bernard Edwardsを中心メンバーとしたディスコ・バンドChicによる78年”C'est Chic”と79年作”Risqué”からのヒット作を7”でカップリングした極上ダブルサイダー!Side-Aには説明不要の大ヒット・ブギークラシックス”Le Freak”を、そしてSide-Bには数多くのサンプリングでもお馴染みのChicによる代表作のディスコクラシックス”Good Times”を収録。(ジャケット付きベネルクス盤 *ベネルクス = ベルギー・オランダ・ルクセンブルク連合名)


●Eddie Kendricks / Goin’ Up In Smoke c/w Thanks For The Memories (Tamla / T 54277F / 1976 / US)

元The Temptationsのメンバーで、その後ソロシンガーとして多くの名作を生み出したEddie Kendricksによる76年のアルバム”Goin’ Up In Smoke”からの7”カット。プロデュースをNorman Harrisが手掛けたタイトル曲”Goin’ Up In Smoke”は、数多くのカヴァーやサンプリング・ネタとしてもお馴染みの名作ブギー・ファンク・クラシックス。c/wには同アルバムからダンサブルなブギーソウル”Thanks For The Memories”を収録!

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page