top of page

中古盤商品更新:2023.04.27



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.04.27】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は新着ブラジリアンをアップしました!

レア盤から定番迄お薦めばかりですので是非チェックしてみてください!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Ivan Lins / Modo Livre (RCA Victor / 103.0092 / 1974 / Brazil)

名作!!!ブラジルを代表するアーティストであるIvan Linsによる74年アルバム。Arthur Verocaiが参加!!!数多い彼のアルバムの中でもTop Wantsとなるこの4th Albumには、ブラジリアンの最高傑作”Essa Mare”が収録!数多くのDJ達にプレイされてきた大名曲でありながらも意外とコンピレーション等に収録された事が少なく古くからWantが絶えない大人気作品です。その他にもClaudiaのヴァージョンでもお馴染みのブラジリアンクラシックス”Deixa Eu Dizer”、更にはPaulinho Da CostaやMondo Grossoのカヴァーでもお馴染みの名曲”Abre Alas” (Carnival Of Colors)も最高です!その他にも”Rei Do Carnaval…”、”Não Tem Perdão”、”Chega”、B6のメドレー等、最高の内容です!!! もちろんレアなブラジル・オリジナル盤です!現在海外市場で値段が上昇しコンディションの良い盤も発見困難になっています!今後も更に値段が上がると思われるので今のうちに!(滅多に見かけない当時のブックレットが付いています!)


●Sandra Sá / Sandra Sá (RGE / 303.6011 / 1982 / Brazil)

ブラジルのソウル/ブギー・シンガーSandra Sáによる82年人気アルバム。ミュージシャンにLincoln Olivetti、Mamao (Azymuth)、Robson Jorge、Claudio Stevenson (Banda Black Rio)等のメンバー参加した最高の内容です!Favourite Recordingsからのコンピレーション”Brazilian Disco Boogie Sounds“に取り上げられた大人気ブラジリアン・ブギーの傑作”Negra Flor”を筆頭に、Banda Black Rioサウンドを彷彿とさせるキャッチーなブラジリアン・ブギー・ソウル”Música Maravilha”(Yoshihiro Okino DJ Mix at KBMC2022に使用)、古くからソウル/ファンクDJにも人気のブラジリアン・フォーク・ファンク”Olhos Coloridos”、ブラジリアン・ブギー・ファンク”Preciso Urgentemente Falar Com Cassiano”、AOR的且つEW&F風のコーラスも心地良い爽やかなブラジリアン・ブギー”Conte Comigo”等々が収録の最高の内容です。もちろん今まで再発された事も無いオリジナルのブラジル盤です!現在も値段が上昇し続けておりコンディションの良い物は既に海外市場で2万オーバーの値段となっておりますのでお早めに入手しておいてください!


●Lennie Dale E O Sambalanço Trio / Lennie Dale E O Sambalanço Trio (Elenco / ME-21 / 1965 / Brazil)

名盤!!!俳優/ダンサーでもあったNY生まれのシンガーLennie DaleがCésar Camargo Mariano (Piano), Humberto Clayber (Bass), Airto Moreira (Drums)によるトリオSambalanço Trioをバックに従えElencoレーベルに残した65年最高傑作アルバム。冒頭のジャズトラック”The Lady Is A Tramp”から最高で、”Samba De Mudar〜Consolação”、”Reza”、”O Morro Não Tem Vez”、”Menino Das Laranjas〜Opinião”、”Quem É Homem Não Chora〜Berimbau”、”O Pato”等がキラーでダンサブルなヴァージョンで収録された素晴らし過ぎるアルバムです!!!1994年に国内盤で復刻された事が1度だけありますがジャケットの質感は全く違います。本作はもちろんオリジナル・ブラジル盤で、今後この値段では発見不可能と思われるコンディションほぼ完璧の美品です!コレクターの方お見逃しなく!!!


●Os Devaneios / Raça Suor E Suingue (EMI / 052 422126 / 1979 / Brazil)

レア盤です!!!ブラジリアン・サンバ/ファンク/MPBバンドOs Devaneiosによる79年4thアルバム。ファンキーな3rdアルバム”O Conjunto Que Faz Você Vibrar”も人気ですが、哀愁溢れるサンバの傑作大量収録のこちらも最高の内容です。Mr.BongoのBrazil 45シリーズで7”化にもピックアップされた事でも人気のフェンダーローズのプレイが最高心地いい哀愁のサンバ・クラシックス”A Beleza É Você Menina”は本作に収録です!!!(Yoshihiro Okino Play at KBMC 2020に収録) 更にはDJ人気のファンキーかつ哀愁のサビが最高なサンバ・トラック”Nosso Samba”も最高です!その他にもJorge Ben的な哀愁のサンバ”Minha Deusa, Minha Flor Menina”を筆頭にアルバムを通して聴ける極上のアルバムです!今まで再発された事もないオリジナル・ブラジル盤です!近年値段上昇中ですのでこの機会に是非!


●Elza Soares / Com A Bala Branca (Odeon / MOFB 3459 / 1966 / Brazil)

先日惜しくも他界してしまったサンバの女王Elza Soaresによる66年作にして彼女の代表作の1つとして人気のアルバム。このアルバムのハイライトはなんと言ってもラテン・テイストのジャズ・サンバの傑作”Deixa A Nega Gingar”!Gilles Peterson & Paul Bradshawが手掛けたブラジル・コンピレーション”Brasil - Escola Do Jazz”や、Far Out RecordingsのJoe Davisが選曲を手掛けたBlue Noteからのブラジル・コンピレーション”Blue Brazil Vol. 2”にも収録されていた人気曲です!その他にも”Quizumba”、”No Carnaval”、”A Infelicidade”、”Volta Pro Morro”、”Meu Tudo E Por Que”、”Tudo É Balanço”等、極上のサンバ・ジャズが一挙収録された素晴らしい内容です。今迄再発された事も無いオリジナル・ブラジル盤です!60年代のブラジル盤にしては滅多に出会えないコンディション良好盤です!


●Primo Trio / Primo Trio (Musidisc / ST 2120 / 1965 / Brazil)

名盤”Sambossa”やPrimo 7名義でのアルバムでも知られるピアニストJoão Antonio Peixoto Primo率いるPrimo Trioによる65年作。メンバーにTancredo M. De Oliveira (Bass), Luiz Sergio Pacce (Drums)が参加したジャズサンバ・アルバム。João Antonio Peixoto Primoによるピアノも素晴らしい極上のジャズサンバ”Vai Menina”を筆頭に、冒頭のダンサブルな”Garôta Moderna”や、”Mascarada”、”Charade”、”A Visinha Do Lado”、”Olha A Favela”等、美しく洗練されたサウンドを披露した素晴らしい内容のアルバムです。更に65作品ながら録音のクオリティーも素晴らしいです。今までに再発された事が無いオリジナル・ブラジル盤でコンディションの◎の美品です!

●Orquestra E Coro / Sambas (Odeon / SC-10.012 / 1973 / Brazil)

Milon Mirandaがプロデュースを手掛けたサンバ・バンドOrquestra E Coroによる73年作。Wanderléaの激レア 7”や、Os Carbonosによるカヴァーでも有名なHelio Matheus作の”Kriola”の極上カヴァーが収録!Patrick ForgeやKyoto Jazz Massiveのプレイや、2002年にStrutからリリースされたコンピレーションで現在1万越えの値段となっている”Black Rio (Brazil Soul Power 1971-1980)”にも収録されていた傑作・ヴァージョンです!その他にも哀愁のサンバトラック“Cicatrizes”や”Tristeza Pé No Chão”、”Pressentimento”を筆頭にした素晴らしいサンバが披露されている好内容サンバ・アルバムです!もちろん再発された事も無いオリジナル・ブラジル盤です!近年値段が上昇中ですので今のうちに!


●Eduardo Costa & Os Hit-Makers / Festa De Brotos (Rozenblit, AU - Artistas Unidos ‎/ LP 70.004 / 1967 / Brazil)

ブラジルのオルガン奏者Eduardo Costaによる67年作。基本スタジオ・エンジニアとしての仕事がメインだったようでミュージシャンとしての作品は数少ないが本作は彼の残したジャズ・ボサの名盤として古くから知られている名作アルバム。なんといっても本作のハイライトは同じオルガン奏者であるEd Lincolnの最高傑作”Cochise”のカヴァー・ヴァージョン!Ed Lincolnヴァージョンに勝るとも劣らないキラーなジャズボサ・ヴァージョンで、よりスイング感のあるEduardo Costaヴァージョンの方が好きなリスナーも多いです。何気にマイナー作品なので”このヴァージョンは?”と聞かれる事も多々。その他にも“Our Day Will Come”, “Never, Never”, “Rossana”, “Ginga 7”等々、ソウルジャズやラウンジ・テイスト等の素晴らしい作品が収録されたナイス・アルバム。今までにアナログでの再発は無いオリジナル・ブラジル盤です!


●Milton Banana Trio / O Trio (Odeon / SMOFB 3558 / 1968 / Brazil)

ブラジリアン・ジャズドラマーMilton Banana率いるジャズ・サンバ・トリオMilton Banana Trio名義での68年5thアルバム。哀愁のメロディーも素晴らしいキラーなジャズ・サンバ”Samba Do Perdão”で幕を開け、”Segura Êste Samba (Ogunhê)”、”Você Passa Eu Acho Graça”、”Bom Tempo”、”Mudando De Conversa”、”Ultimatum”等の美し過ぎるジャズサンバが一挙に収録された素晴らしいアルバムです。今まで再発された事の無いオリジナル・ブラジル盤です!

●Tamba Trio / Avanço (Philips / P-632.154-L / 1963 / Brazil)

Luiz Eça、Bebeto、Hélcioの三人からなるブラジリアン・ジャズ・トリオTamba Trioによる63年セカンド・アルバム。Durval Ferreira (Guiter), Helcio Millito (Percussion)等も参加。Jorge Ben作の名曲を素晴らしいアレンジでカヴァーした超有名ヴァージョン”Mas, Que Nada”、こちらも有名ヴァージョンの”Só Danço Samba”が収録された名盤。その他にも、”Garôta De Ipanema”、”Negro”、”Mania De Maria”、”Vento Do Mar”、”Sonho De Maria”、”O Samba Da Minha Terra”、”Rio”等々、Antonio Carlos Jobim, Jorge Ben, Roberto Menescal, Luiz Bonfá, Marcos Valle, Dorival Caymmi等の名曲を見事なカヴァーで披露しています。もちろんオリジナル・ブラジル盤で滅多に出会えないコンディション◎の美品です!ブラジルリスナーは是非オリジナル盤で持っておくべき歴史的名盤です!


●Zimbo Trio / Consolação c/w O Norte (RGE / C.S.-70.141 / 1964 / Brazil)

Amilton Godoy (Piano), Luís Chaves (Bass), Rubinho Barsotti (Drums)からなるジャズボサ・トリオZimbo Trioによる64年リリースの記念すべきデビューアルバムからの7”カット。アルバム内でもハイライト曲の中の1つであったダンサブルな”Consolação”が収録。c/wには同アルバムからLuiz Chaves作の”O Norte”ナイスヴァージョンを収録です。7”のみのアートワークも良いですね。コンディションも◎です!ブラジリアンジャズ・コレクターの方は7”も是非!


●Elis Regina / Elis Especial (Philips / 6349 413 / 1979 / Brazil)

人気盤!!!ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる79年作。60年代から長きに渡って数多くの名曲を残して来た彼女ですが79年の本作では極上のMPB & フュージョンを披露!ファンだーローズのサウンドも◎なダンサブルなブラジリアン・ファンキーフュージョン”Ou Bola Ou Bulica”は最高のブラジリアン・クラシックスです!その他にもダンサブルなMPB作品”Noves Fora”、Ivan Linsのカヴァーでメローなファンク・トラック”Dinorah, Dinorah”等を始めとした他の収録曲も◎。70年代のElis Regina作品の中でも圧倒的にDJ人気が高い名盤!ブラジル・オリジナル盤です!


●Doris Monteiro / Doris (Odeon / SMOFB-3744 / 1972 / Brazil)

1950年代からブラジリアン・シンガー/女優として活躍してきたDoris Monteiroによる72年作。個性的なDoris Monteiroの歌声が堪能出来る彼女の代表作の一つ。中でもお薦めはOsmar Militoによる73年激レア・アルバム”Nem Paletó, Nem Gravata”に収録されたヴァージョンが古くからDJ/コレクターの間で人気の作品”Regra Tres”をカヴァー。アップテンポでダンサブルなアレンジでOsmar Militoヴァージョンにも劣らない隠れ傑作です!その他にもErasmo Carlos-Roberto Carlos作の名曲を70年代初頭のMarcos Valle的アレンジで披露した”Moço”を筆頭に、”Ora, Acho Que Vou-Me Embora”、”Nêgo Me Chamou De Imbecil”、”Dose Prá Leão”、”Sinceramente”、”Tudo Muda Toda Hora”、Lero, Lero、”Quem Dera”、”Essa Menina”、”O Bondinho”、”Alô Fevereiro”等、クラシックなサンバ/ボサノヴァでありながらもフェンダーローズ使い等で素晴らしいサウンドが満載のアルバムです。今まで再発された事も無いオリジナル・ブラジル盤です。


●Dóris Monteiro ‎/ Dóris (Odeon ‎/ SMOFB-3808 / 1973 / Brazil)

1950年代からブラジリアン・シンガー/女優として活躍してきたDoris Monteiroによる73年作。個人的には数ある彼女のアルバムの中でもトップ・クラスの内容のアルバムです。お薦めはフェンダーローズのバッキングも素晴らしいメローなMPB/ボサ・トラック”Lá Se Foi A Imagem Do Bom Crioulo”。最高に気持ちいいです。更には、United Future Organizationの初期作品でKyoto Jazz MassiveがRemixを手掛けた事でも知られるDominguinhos作の”Make It Better”こと”Eu Só Quero Um Xodó”や、Patrick forge選曲による2006年コンピレーション”The Brazilian Funk Experience”に収録された”Se É Questáo De Adeus, Até Logo”、軽快なサンバ”Palhacada”や”Pedra De Guaratiba”辺りも素晴らしいです!今まで再発された事も無いオリジナル・ブラジル盤です。

●Djavan / Luz (Discos CBS / 138.251 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。レコーディングにはStevie Wonder, Ronnie Foster, Hubert Laws, Paul Jackson Jr等USミュージシャンも参加。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”が収録!他にもミッドテンポのブラジリアン・ソウル・トラックの傑作”Luz”や、極上のメローブラジリアン”Capim”や”Sina”、ダンサブルな”Minha Irmã”等その他の楽曲も含めて最高です。当時US盤はリリースされておらず、日本盤はインコのジャケットですがオリジナルとなるブラジル盤はこの顔ジャケットです!

●Gal Costa / Baby Gal (Philips / 814 854-1 / 1983 / Brazil)

ブラジリアンMPBを代表する女性シンガーGal Costaによる83年作。当時のAORやフュージョンのテイストを積極的に取り入れた心地良いアルバムです。中でもお薦めはPatrick ForgeがEspecialからのブラジリアン・コンピレーション”Brasil: Skill & Samba: Brasilian Selection For World Cup 2010”に収録していた”Bahia De Todas As Contas”。サンバのリズムとハンド・クラップによるグルーヴ、そしてヴォーカルとコーラスが最高に気持ちいいダンサブルなブラジリアン・クラシックスです。後半のサンバ展開も極上!その他にもミッドテンポ・ブラジリアン・ブギー/AOR ”Sutis Diferenças”や”Olhos Do Coração”等も◎です。


●Milton Nascimento / Milton (EMI ‎/ XEMCB-7024 / 1977 / Brazil)

定番!!!数多くの名曲を生み出してきたMilton Nascimentによる76年作品。アメリカに渡ってレコーディングした作品という事で、Airto、Toninho Horta等ブラジル・ミュージシャンに加え、Herbie Hancock、Wayne Shorter、Raul De Souza等のUSミュージシャンも参加。今でもGilles Peterson等のヘビープレイ・ブラジリアンである”Cravo E Canela (Clove And Cinnamon)”はやっぱりこのヴァージョンが最高です!更には”One Coin (Tostáo)”、”Saídas E Bandeiras (Exits And Flags)”等他の収録曲も含めてブラジル・ファンは絶対に持っておきべきブラジリアン・クラシックスです。こちらはあまり見かけないEMIからのブラジル盤となります。

●Tania Maria / Come With Me (Concord Jazz Picante ‎/ CJP-200 / 1983 / US)

言わずと知れたブラジリアン・シンガー/ピアニストであるTania Mariaの83年作にして名盤。ブラジリアン・クラシックスのマスター・ピースである”Come With Me”の収録はもちろん、彼女のピアノとスキャットが疾走するダンサブルなナンバー”Sangria”、ファンキーなベースラインも◎な”Lost In Amazonia”、ブラジリアン・ダンサー”Sementes, Graines & Seeds”、ミッドテンポのフュージョン・サンバ”Euzinha”等、アルバムを通して最高の内容です。


●Flora Purim / Open Your Eyes You Can Fly (Milestone / 9102 / 1976 / France)

ブラジリアン・シンガーFlora Purimによる76年作。George Duke, Alphonso Johnson, Chick Corea, Hermeto Pascoal, そしてもちろんAirto等豪華ミュージシャンが参加。説明不要のFlora Purimによるブラジリアン・フュージョン・クラシックス”Open Your Eyes You Can Fly”が収録。その他にもChick Corea作のフュージョン・トラック”Sometime Ago”、Hermeto Pascoal作のブラジリアン・ファンク・トラック”Andei (I Walked)”、シンセソロとスキャットの掛け合いも最高な”Ina's Song (Trip To Bahia)”等も収録された最高の内容です!こちらはUS盤と同年リリースのフランス盤です。

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page