top of page

中古盤商品更新:2023.04.06



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.04.06】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は新着のブラジリアン・タイトルを紹介してます!

一部激レア盤ですが、お手頃価格のブラジリアン・クラシックスが多めですので是非この機会に!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Brasil Show / Brasil Show (Vôo Livre / 31C 036 420736 / 1983 / Brazil)

大推薦レア盤!ブラジリアン・ブギー/サンバファンク・バンドBrasil Showによる83年デビューアルバム!Music Director & Executive-ProducerにPaulo Ramosが参加。Copa 7と共に80年代のサンバファンクシーンで活躍したにも関わらずリリースはアルバム2枚とコンピレーションに楽曲を数曲提供したのみの謎が多いバンドです。2015年に300枚限定でリリースされた幻のコンピレーション”Jóia Rara Vol. 1”に収録され世界中のDJやコレクターを唸らせた楽曲”Lágrimas”は、イントロのギターのリフから最高で泣きのボーカルワークやホーンアレンジも素晴らしいサンバファンクの最高傑作です!(Yoshihiro Okino DJ Mix at KBMC2022に使用) その他にもブラジリアンソウル”Meu Retrato”、レゲエ調の”Decisão”、メロートラック”Pense Em Mim” & “Saudações A Jorge”、ブラジリアンファンク”Você Pode”、ブラジリアンブギー”América Do Sul”、女性ヴォーカルでのメロー”Mar De Ilusão”、そして最後のブラジリアンメドレー迄アルバムを通して最高の内容です!今まで再発された事もないレア盤で海外で高値で取引されています!Tim MaiaやBanda Black Rio辺りのサウンドがお好みの方にお薦めです!


●Aécio Flávio & Quartezanato / Caminho Da Barra (Philips / 6349 448 / 1980 / Brazil)

激レア・ブラジリアンフュージョン・アルバム!!!Marcos Resende & Index, Octávio Burnier, Célia Vaz等、幾つかの激レア盤を生み出したMPBCシリーズ(Musica Popular Brasileira Contemporanea)からのAécio Flávio & Quartezanatoによる80年作。Marcos Valle, Emílio Santiago, Marku等の名盤にも参加したピアニストAécio Flávioの唯一のアルバムです。なんと言っても本作のハイライトはUnited Future Organizationが手掛けた”Brownswood Presents Phonophile Zanzibar”(’94)に収録された事でも知られる”Nigritim”。ブラジリアンシンガーJane DubocのスキャットもフィーチャーしたMPBCサウンド全開の極上ブラジリアンフュージョンです!(Yoshihiro Okino DJ Mix at KBMC2022に使用) その他にも子供によるスキャット・トラック”O Menino Azul”、ジャジーなメローブラジリアン”Caminho Da Roca”、”Crave e Canela”的フュージョン”Folia”、スパニッシュ・サウンドな”Mar De Espanha”、ローズのサウンドも最高なキラーフュージョン”Zero Grau”、美しいサウンドの極上メロー”Rastro De Outono”、同じくメローな前半からダンサブルに展開する“Vôo Livre”、心地良いメロートラック”Caminho Da Barra”等、アルバムを通してMPBCらしい美しいサウンドで構築された傑作アルバムです。もちろん再発された事は一度も無くレア盤としてMPBCコレクターに人気の一枚です。滅多に出会えないコンディション最高レベルの美品です!


●Jorge Ben / Dádiva (Som Livre / 403.6274 / 1983 / Brazil)

ブラジルの偉大なシンガーソングライターJorge Benによる83年名盤!ブラジリアン・ブギーの最重要人物Lincoln Olivettiがアレンジを担当。近年評価の高まる80年代以降のJorge Ben作品の中で最も人気盤のひとつが本作”Dadiva”。数々のコンピレーションに収録されてきたブラジリアン・ブギー・クラシックス”Rio Babilonia”をはじめ、Tim Maiaをフィーチャーしたソウルフルなブラジリアン・ブギー”Eu Quero Ver A Rainha”、極上ブラジリアン・ソウル”Conquero”、ブギーアレンジでの”Taj Mahal / Filho Maravilha / Pais Tropical”のメドレー、サンバ・ソウルの傑作”A Loba Comeu O Canário”、サンバ・ダンサー”O Reino Encantado Do Amor”等、キラーチューンを多数収録した最高のアルバムです。もちろんオリジナル・ブラジル盤です!昨年Vampisoulからもリイシューされましたが是非オリジナル盤で持っておきたい名盤です!コンディション◎の美品です!


●MPB4 / Cicatrizes (Philips / 6349 056 / 1972 / Brazil)

60年代から活躍するブラジルのコーラス・グループMPB4による72年作。彼等の70年代の作品はサンバの影響も積極的に取り入れたファンキーな作品も生み出しています。本作でのお薦めはサンバ・グループTom & Dito作の”Agibore”。ファンキーなベースラインにスピード感に溢れるギターとピアノ、そして彼等のコーラス・ワークでダンサブルなブラジリアン・ファンクを披露。その他にもJorge Ben, Milton Nascimento, Baden Powell等のカヴァーを含めたサンバ・トラック等を中心に収録した好内容アルバムです。Antonio Carlos E Jocafi等がお好みの方にお薦めです!


●Viva Voz / Viva Voz (EMI / 31C 062 421188 / 1979 / Brazil)

ブラジルのコーラスグループViva Vozによる79年デビューアルバム。なんとIvan Lins, Joyce, Antonio Adolfo等の豪華ゲスト陣が参加。Milton Nascimento, Djavan, Joyce等の楽曲を素晴らしいコーラスワーク/ハーモニーで表現した素晴らしいMPB/サンバ/ソフトロックの人気アルバム。高揚感に溢れるサンバ・トラック”Tô Aqui Te Esperando”、美しいコーラスと心地良いサウンドが最高な”Desesperar, Jamais”を筆頭に、爽やかなサンバ”A Voz Do Brasil”、フュージョンテイストの”Cançào Amiga”、ミナス・サウンド系の美しいブラジリアン”Lado Do Avêsso”辺りも最高です!今迄アナログは復刻された事のないオリジナル・ブラジル盤です。


●Nana Caymmi / Atras Da Porta (CID / LP-CID 8014 / 1977 / Brazil)

ブラジリアン・シンガーNana Caymmiによる77年作。父親でもあるDorival Caymmi作の”Cala A Boca Menino”はJoão Donatoが名盤”Quem É Quem”でもカヴァーを披露したブラジリアン・クラシックス!!!本作にされているNana Caymmiヴァージョンも素晴らしいキラーヴァージョンです!その他は基本Nana Caymmiのヴォーカルが堪能できるメロー作品が中心の内容で、Flora Purim & João Donato作のフルートの音色も心地良いメローブラジリアン”Ahiê”、フェンダーローズのサウンドも最高な”Rosa Morena”、”Vestido De Bolero”、”Diz Que Fui Por Aí”辺りのお洒落ブラジリアンも素晴らしいアルバムです。


●Wando / Ilusão (Beverly / BLP-9155 / 1977 / Brazil)

ブラジルのシンガーシングライターWandoによる77年作。当時の日本盤では”Ilusão De Carnaval”というタイトルでもリリースされていた本作は、ダンサブルな人気のサンバソウル・トラック”Se Quiser Chorar Por Mim”、Ronnie Lawsのブギー名曲”Nuthin' 'Bout Nuthin’”のイントロを彷彿とさせるMPB/サンバ・トラック”Boca Calada”、軽快なブラジリアン・トラック”Peito Aberto”、哀愁のサンバ”Samba Do Perdao”等々、素晴らしい内容のアルバムです。オリジナル・ブラジル盤です!


●Baby Consuelo / Canceriana Telúrica (WEA / BR 22.027 / 1981 / Brazil)

元Novos BaianosのメンバーでもあったブラジリアンシンガーBaby Consueloによる81年作。プロデュースはAzymuth作品等も手掛けたGuti Carvalhoが担当。アルバムのハイライト曲でJazzzanova等もプレイしているJorge Benのカヴァー曲”Todo Dia Era Dia De Índio”はキラーなメロー・ブラジリアン・サンバ/ブギーの傑作トラックです!Jorge Ben好きにもお薦めです!その他にもイントロのドラムブレイクから土着的なヴォーカルとサウンドでダンサブルに展開する”Viva O Malê De Malê”、ブラジリアンブギー”Paz E Amor”や”Juventude”、心地良いメロー”Um Auê Com Você” 、爽やかなミッドテンポブギー“Canceriana”等が収録。オリジナル・ブラジル盤です。


●Tania Maria / The Real Tania Maria: Wild! (Concord Jazz Picante / CJP-264 / 1985 / Germany)

ブラジリアン・ピアニスト/シンガーであるTania Mariaによる85年ライブ盤。サンフランシスコのThe Great American Music Hallでのライブ・レコーディング。何と言ってもお薦めはTania Mariaの名曲”Come With Me”のライブ・ヴァージョン。アルバム・ヴァージョンとは違うアレンジ/ライブ感に溢れる演奏、そしてオーディエンスとの掛け合いまでが収録された素晴らしいテイクです!朝方のクラブやイベント終了前にDJで使えます!”Yatra-Tá”や、”Funky Tamborim”、“Sangria”等、アルバム全編に渡ってTania Mariaの名曲の数々をライヴ・ヴァージョンで聴ける最高の内容です!こちらはUS盤と同年リリースのドイツ盤です。コンディション◎の美品です!


●Tania Maria / Love Explosion (Concord Jazz Picante / CJP-230 / 1984 / US)

言わずと知れたブラジリアン・シンガー/ピアニストであるTania Mariaの84年作。名盤”Come With Me”の翌年リリースされた本作は、ブギー/フュージョン/ブラジリアン・ジャズと彼女らしい内容。ファンキーなベースラインが印象的なブラジリアン・ブギー・クラシックス”Funky Tamborim”、”Come With Me”路線の”Deep Cove View”、Tania Mariaらしいインスト・ブラジリアン・トラック”Bela Be Bela”、なんとJon Lucienがヴォーカルで参加しているメロー・トラック”The Rainbow Of Your Love”等を収録です。コンディション◎の美品です!

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page