top of page

中古盤商品更新:2023.03.23 Part.1



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.03.23 Part.1】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は60’sジャズサンバに加えEdu Lobo & Elis Regina作品をアップしました!

レア盤から定番迄お薦めタイトルばかりです!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Trio 3D / Tema 3-D (RCA Victor / BBL-1287 / 1964 / Brazil)

Antonio Adolfo (Piano), Carlos Monjardim (Bass), Nelson Serra De Castro (Drums)によるジャズサンバトリオTrio 3Dによる64年激レア・アルバム。後にブラジリアンの最重要ピアニスト/作曲家となるAntonio Adolfoによるデビュー作となったのが本作”Tema 3-D”。冒頭のBaden Powell & Vinicius De Moraes作の傑作ジャズサンバ・ヴァージョン”Consolação”から最高!!!そしてこちらもサンバ・ジャズ・クラシックスとして古くから人気のの極上ヴァージョン”Berimbau”も収録です!他にもダンサブルなジャズサンバ”Céu E Mar”、極上ヴァージョンの”Garota De Ipanema”や”Samba De Uma Nota Só”のブラジリアン・クラシックス、美しいジャズワルツ”A Morte De Um Deus De Sal”を筆頭にお洒落なブラジリアン・ジャズの数々が収録された名盤です。大人気レア盤ながら今迄一度も復刻された事が無い入手困難なオリジナル・ブラジル盤です!コンディションも良好!!!現在海外で同等のコンディションの盤は4万超えの高価盤になっています!お見逃しなく!


●Edu Lôbo / Edu (Phillips / R 765.013 L / 1967 / Brazil)

数多くのブラジリアン・クラシックスを生み出したEdu Loboによる67年レア・アルバム。Gilles Petersonが手掛けたSoul Jazz Recordsからのコンピ”Bossa Nova (Bossa Nova And The Rise Of Brazilian Music In The 1960s)”に収録されたEdu Lôboの代表作の一つでもある傑作トラック”Jogo De Roda”、Segio Mendesの元奥様でBossa RioやSegio Mendes作品でもヴォーカルを担当したGracinha Leporaceとのデュエット作で人気のブラジリアン・クラシックス”Embolada”を筆頭に、Elis Reginaヴァージョンでもお馴染みのブラジリアンクラシックス”Corrida De Jangada”、更にはメローなボサノヴァ等が収録。全編にPeter Dauelsbergによるストリングスアレンジを施したその後のEdu Lôboサウンドの礎となった重要な作品です。オリジナル・ブラジル盤で今迄にアナログ再発は一度もされていないレア作品です!


●Edu Lobo e Maria Bethânia / Edu E Bethania (Elenco / ME-37 / 1967 / Brazil)

数多くのブラジリアン・クラシックスを生み出したEdu LoboがMaria Bethâniaと共に手掛けた67年歴史的名盤。後にElis Reginaを始めとした多くのアーティストにカヴァーされたブラジリアンに最高傑作”Upa Neguinho”のオリジナル・ヴァージョンが収録!その他にもお洒落なボサノヴァ”Candeias”、Maria Bethâniaの歌声も最高なブラジリアン・クラシックス”Boranda”等、極上のメロートラックスも収録された傑作アルバムです。今やオリジナル盤は高価になっています!本作はオリジナル盤の翌年にリリースされたブルーレーベルの2ndプレスです。


●Milton Banana Trio / O Som Do Milton Banana Trio (Odeon / MOFB 3501 / 1967 / Brazil)

ブラジリアン・ジャズドラマーMilton Banana率いるジャズ・サンバ・トリオMilton Banana Trio名義での67年4thアルバム。本作でのお薦めはなんと言ってもGilberto Gilの名作でブラジリアンクラシックス”Roda”のカヴァー!極上のイントロからMilton Banana Trioならではのジャズアレンジでダンサブルに変貌を遂げたキラーなジャズサンバ・カヴァーです!その他にも同じく人気のキラー・ジャズサンバ”Palmas No Portão”を始め、”Pede Passagem”、”Sonho De Lugar”、”Lamento”、”Arueira”、”Apêlo”、”Quem Te Viu, Quem Te Vê”、”Triste Madrugada”、”Mundo Melhor”、”E Nada Mais”、”Ai! Que Saudades De Amélia”、アルバム全編に渡って最高のジャズサンバが満載の好内容盤です!人気のアルバムですが67年リリースという事でコンディションの良いアルバムを見つけるのは困難です。今までにアナログでの再発は無いオリジナル・ブラジル盤です!盤面良好の美品です!


●Balanço Trio / Ritmo... Bossa... Balanço (Imperial / IMP 30.076 / 1965 / Brazil)

古くからMilton Banana Trioの変名?とも言われている詳細不明のジャズボサ・トリオBalanço Trioによる65年1stアルバム。数多くの名作を手掛けて来たMilton Mirandaがプロデュースを担当。冒頭のEdu Lobo作のSambrasa Trioによるカヴァーでも知られる”Aleluia”から素晴らしいジャズボサを披露し、Baden Powell & Vinicius de Moraes作の”Consolação” & 素晴らしすぎるキラーなカヴァー・ヴァージョン“Berimbau”、メローな名曲カヴァー”Reza”、クールなジャズサンバな”Garôta Moderna”、そしてErlon ChavesやMeirelles E Os Copa 5の激レア・ヴァージョンでもお馴染みの名曲”Balanço Zona Sul”や” Telefone”等Side-Bの心地良い流れも含めてアルバムを通して聴ける素晴らしいジャズサンバ・アルバムです。オリジナル・ブラジル・モノ盤です。


●Elis Regina / Como & Porque (Philips / R 765.080 L / 1969 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年の”In London”と同年にリリースした人気アルバム。ジャケットには記載されていませんが、Antonio Adolfo, Hermes Contesini, Roberto Menescal, Wilson das Neves等がバックを務め”In London”と同様のサウンドワークで録音した近い彼女の全盛期作品の一つといえる作品です。ファンキーなアレンジでのEgberto Gismontiのカヴァー”O Sonho”やMilton Nascimentoのカヴァー”Vera Cruz”、Edú Lôboのカヴァー”Casa Forte” & “Memórias De Marta Saré”、Baden Powellのカヴァー”Canto De Ossanha”、彼女の代表作の一つ”Giro”、名曲”O Barquinho”等々、素晴らしいアレンジで後にブラジリアンの名作となった楽曲が一挙に収録された最高傑作です!ジャケットも素敵ですね。もちろんオリジナル・ブラジル盤です!盤面良好の美品です!ジャケットも最高ですね!


●Elis Regina / Elis (Philips / P 765.001 P / 1966 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる66年作にして名盤。バックバンドはZimbo Trioが担当。本作は当時21歳であった彼女高く評価される事となる出世作品ともいえる一枚で、数多い彼女の作品の中でも人気のアルバムです。軽快なイントロから素晴らしいブラジリアン・クラシックスにして最高傑作”Roda”、Elisの代表作の一つでもある”Tereza Sabe Sambar”や”Canção Do Sal”を筆頭に、”Samba Em Paz”、”Tem Mais Samba”や、他の美しいメロー曲の数々迄Elis Reginaの魅力が存分に詰まった傑作アルバムです。もちろん66年リリースのオリジナル・ブラジル盤です。


●Elis Regina / ...Em Pleno Verão (Philips / R 765.112 L / 1970 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる69年の”In London”, ”Como & Porque”の翌年リリースとなる70年作。Erlon Chaves率いるオーケストラがバックを担当。冒頭に収録されているBaden Powell作の”Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaqua)”はElis Reginaの代表作の一つであるダンサブルなブラジリアン・クラシックス。その他にもJorge Benのカヴァー”Bicho Do Mato”、Nonato Buzar作の”Verão Vermelho”、ファンキーな”Até Aí Morreu Neves”, Gilberto Gilのカヴァー”Fechado Pra Balanço”等名曲一挙収録の好内容アルバムです!ジャケットも素敵ですね。もちろんオリジナル・ブラジル盤です!


●Elis Regina / Ela (Philips / 6349.003 / 1971 / Brazil)

ブラジルを代表するヴォーカリストElis Reginaの71年作。本作でのお勧めはElis Reginaには珍しいブラジリアン・ファンク・トラック”Mundo Deserto”。更には同じくパーカッシヴ且つファンキーなアレンジの”Ih! Meu Deus Do Céu”、Elis Reginaの代表曲の一つ”Madalena”も最高です!その他にも”Cinema Olympia”、”Golden Slumbers”、”Falei E Disse”、”Aviso Aos Navegantes”、”Ela”等含め好内容アルバムです!レア盤ではありませんが、69年にリリースされた”Elis in London”の流れを汲むElis Reginaの隠れ名盤です!

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page