top of page

中古盤商品更新:2023.02.02



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2023.02.02】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は新着のブラジリアン・タイトルを紹介しています!

レア盤から定番迄お薦めばかりですので是非チェックしてみて下さい!


オーダーはこちらから↓


===================================

●Tamba 4 / Tamba 4 (Orfeon / LP-12-715 / 1970 / Mexico)

激レア盤!!!Luiz Eça率いるTamba 4によるメキシコ録音のレア・アルバム!なんと当時Luiz Eçaが不在のメキシコ公演後に現地でレコーディングされたという逸話をもち、ピアノはライブメンバーとして参加したLaercio De Freitasが担当。ムーディーなコーラスでのイントロからファンキーなサウンドにキックアップする”Se Voce Pensa”、ダンサブルなヴァージョンとなった”Zazueira”はもちろん、”Correnteza”、”Juliana”、”Lenga - Lenga”、”Veracruz”、”Pais Tropical”、”Samarina”、”Sem Voce En Nao Vivo”、”Pensando”と全曲最高の内容でJorge Ben, Antonio Adolfo, Milton Nascimento等のカヴァーを含めた楽曲を極上のコーラスワークとファンキーなアレンジでプレイしています!(他のTamba 4作品のサウンドとは全く違います。)当時ブラジルやアメリカではリリースされず、メキシコとベネズエラそして日本だけでリリースされた希少盤。(もちろんベネズエラ & 日本盤も激レアです)同年にメキシコ盤オンリーでリリースされ再発もされた”Luiz Eca Y La Familia Sagrada”名義のアルバムは恐ろしい値段でのウルトラ・レア盤として有名ですが、こちらもメキシコ盤のコレクターズ・アイテムです!今後きっと出会う事が出来ないほぼコンディション完璧の美品です!


●Filo / Filo (Chantecler / 2-08-404-102 / 1978 / Brazil)

名作!!!ブラジルのシンガーソングライターFilo MachadoことFiloによる78年デビュー・アルバム。その後の83年”Origens”、84年”Canto Fatal”と共に人気盤です!プロモ盤オンリーでリリースされたレア 7”でもお馴染みのアルバムの中でも人気のブラジリアン・ソウルの傑作”O Polvo”が収録!哀愁のメロディー/コードワーク/ヴォーカル & スキャット全てが最高!(Yoshihiro Okino Play at KBMC 2020に収録) 更にはMBPの人気トラック”Menino Diabo”も古くからDJに人気のダンサブルなブラジリアン・クラシックスです。その他にも”Viver E Sonhar”、”Tigre De Bengala”、“Pindorama”、”Ascensão”等々含め最高の内容です!今までに復刻された事はありません!他のアルバム同様値段上昇中ですので今のうちに!


●The Marvelous / The Marvelous (SOM / SOLP-40296 / 1973 / Brazil)

7人組のブラジリアンFunk/MPBバンドThe Marvelousによる73年唯一のアルバム。Jorge Benのカヴァー作品でDJユースなサンバ・ファンク”La Vem Salgueiro”は最高!Kyoto Jazz Massiveのプレイや、スウェーデンからのブートレグ・ブラジル・コンピ”Via Brazil 3”に収録された事でも知られるレア・ブラジリアンです!!!(Yoshihiro Okino Play at KBMC 2020に収録) その他にも”Quem Viver, Verá”、”Vou Pular Neste Carnaval”、”Ninguem Tasca (O Gavião)”、”Violão Não Se Empresta A Ninguem”、”Do Lado Direito Da Rua Direita”、”Canário Do Reino”等も◎の好内容アルバムです!現在も値段上昇中で今後は更に入手困難になると思われます!


●Chico Batera / Ritmo (Som Livre / 403.6186 / 1979 / Brazil)

お薦め!!!ブラジリアン・ドラマー/パーカッショニストChico Bateraによる79年唯一のアルバム。João Bosco, Lincoln Olivetti, Sonia Burnier, Don Beto, Carlos Dafé等豪華ミュージシャン達が参加。ブラジリアン・ブギーはもちろんラテン・も取り入れた近年人気上昇中のアルバム。Don Betoをフィーチャーした”La Rumba”はブラジリアンとラテンソウルを融合させた人気トラック。中盤キックアップするフェンダーローズ・ソロパートの展開も最高です!その他にもファンキー且つ高揚感に溢れる極上のMPB “Yndaya-Ê”、Carlos Daféをフィーチャーしたミッドテンポ・ブラジリアン”A Ilha”、ファンキーでアップリフティングなブギートラック”Zezé”、João Boscoをフィーチャーした”Tiro De Misericórdia”等を収録。今まで再発された事もありません。既に海外市場では高価になってきていますので今のうちに!


●Fernanda ‎/ Simplesmente...Fernanda (Copacabana ‎/ COLP 12079 / 1977 / Brazil)

レア盤!!!知る人ぞ知るブラジルのシンガー・ソング・ライターFernandaことFhernanda Fernandesによる77年デビュー・アルバム。同年に2種類のジャケットでリリースされていますがこちらの方がレアです!お薦めはRainer Trubyがプレイしていたダンサブルなトラック”Ora Bolas”。Elis Reginaタイプの曲がお好みの方にお薦めです!その他にも軽快なサンバ・トラック”Ta Ai”、心地いいMPB/Bossaトラック”Esta Noite Serenou”、哀愁のサンバ”Sacudir O Pó”、”Samba Colorido”、”Sem Bossa”、ファンキーな”Virou Lagrimas”、等を中心に素晴らしい歌声とサウンドを披露した好内容アルバムです!もちろんオリジナル・ブラジル盤です!


●Manfredo Fest Trio / Manfredo Fest Trio (RGE / XRLP-5.272 / 1965 / Brazil)

名盤!!!盲目のブラジリアン・ピアニストManfredo Fest、ドラマーHeitor Guy、ベーシストMathias da Silva Mattosからなるサンバ・ジャズ・トリオManfredo Fest Trioによる65年デビューアルバム。変名Os Sambeatlesとしてのレア・アルバムでも有名ですが本作も入手困難な作品です。ダンサブルなブラジリアン・ジャズの最高傑作”Quem É Homem Não Chora”を筆頭に、”Reza”、”Samba De Verão”、”Estamos Aí”、”Consolação”、”Impulso”、”Só Você”、”Enquanto A Tristeza Não Vem”、”O Menino Das Laranjas”等も含めアルバムを通して最高のサンバ・ジャズを披露しています。人気のアルバムですが65年リリースという事でコンディションの良いアルバムを見つけるのは困難です。こちらはRGEからのオリジナル・ブラジル盤です!


●Ed Lincoln / Ed Lincoln (Musidisc / Hi-Fi-2149 / 1966 / Brazil)

ブラジルのオルガン奏者Ed Lincolnによる66年人気アルバム。オルガン・ジャズ・サンバの最高傑作”Cochise”は永遠のブラジリアン・クラシックスです。その他にも爽やかなコーラスワークも心地いい人気曲”O Ganso”、ファンキーなジャズ・サンバ”Eu Nao Vou Mais”を筆頭に、”Querida”、”Ali Têm”、”O Amôr Que Eu Guardei”、”Meu Querido Amôr”等名曲多数を収録。もちろんブラジル・オリジナル盤(Mono)です!滅多に出会えないコンディションほぼ完璧の美品です!ブラジルファンは是非オリジナル盤で持っておいて下さい!


●Edu Lobo Com A Participação Do Tamba Trio / A Música De Edu Lobo Por Edu Lobo (Elenco / ME-19 / 1964 / Brazil)

数多くのブラジリアン・クラシックスを生み出したEdu Loboによる64年作のファーストアルバム。バックにLuiz Eça率いるTamba Trioを迎えて吹き込まれたElencoレーベルからの名盤。60’sブラジリアンの名作”Borandá”, ”Resolução”, ”Aleluia”, ”Reza”, ”Arrastão”, “Chegança”等、以降のブラジリアン・ミュージックに大きな影響を与えた素晴らしい内容のアルバムです。Elencoスタイルのこのジャケットも最高ですね!人気のアルバムですが64年リリースという事でコンディションの良いアルバムを見つけるのは困難です。もちろんオリジナル・ブラジル盤で比較的コンディション良好です。


●Luiz Carlos Vinhas E Seu Conjunto / Da Vinci Bar Baila Com Vinhas (Polyfar / 2494 628 / 1982 / Brazil)

幾つかのレア盤でも有名なブラジリアン・ピアニストLuiz Carlos Vinhasが82年にリリースしたLuiz Carlos Vinhas E Seu Conjunto名義でのアルバム。60年代はジャズ・ボサ作品で有名ですが、本作では得意のラテン/ジャズ・アレンジも取り入れつつフェンダーローズ等の楽器も使用したアップデートなサウンドに。自身の作品のセルフ・カヴァーとなる”Yê Melê”は、68年作のオリジナル同様のラテン・アレンジを更にダンサブルにアレンジ。中盤のフェンダーローズのソロあたりの展開も最高です。実はヨーロッパ産ブラジルとしてBrazil Selectionという名前で注目を浴びていたのは実はこのLuiz Carlos Vinhas E Seu Conjuntoヴァージョンです。(Brazil Selectionというアルバムにはクレジットがなかったので) 99年にはRainer Trubyの”Glücklich III“にも収録されましたがその時もBrazil Selectionとクレジットされてましたね。その他にも81年に”土岐英史とサンバフレンズ”がカヴァーしていたサンバ・クラシックス”Maracanã”の極上ヴァージョンや、何気にGilberto Gillの”Luar / Palco”もメドレーで収録してます。”Palco”のアレンジ◎!他のブラジリアン・メドレーも含めて素晴らしいです!


●Djavan / Luz (Discos CBS / 138.251 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。レコーディングにはStevie Wonder, Ronnie Foster, Hubert Laws, Paul Jackson Jr等USミュージシャンも参加。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”が収録!他にもミッドテンポのブラジリアン・ソウル・トラックの傑作”Luz”や、極上のメローブラジリアン”Capim”や”Sina”、ダンサブルな”Minha Irmã”等その他の楽曲も含めて最高です。当時US盤はリリースされておらず、日本盤はインコのジャケットですがオリジナルとなるブラジル盤はこの顔ジャケットです!


●Astrud Gilberto / Lo Mejor De Astrud Gilberto - La Chica De Ipanema (Verve Records / 18012 / 1973 / Mexico)

説明不要のボサノヴァ・シンガーAstrud Gilbertoが73年にメキシコ・オンリー/限定盤としてリリースしたコンピレーション・アルバム。”The Girl From Ipanema”、”Meditation”、”How Insensitive”、”Agua De Beber”等、Astrud Gilbertoの60年代ボサノヴァ名曲の数々が一挙収録された内容です。お家やお店のBGM等にお薦めです

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page