top of page

中古盤商品更新:2022.12.15



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.12.15】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は新着のヨーロピアン・タイトルをメインにオーストラリアン,カナディアン・アルバム等も紹介してます!

どれもお薦めの作品ですので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Wolfgang Dauner Quintet / The Oimels (MPS Records / 15 248 ST / 1969 / Germany)

レアアルバム!!! ドイツのジャズピアニストWolfgang Dauner率いるWolfgang Dauner Quintet名義での69年唯一のアルバム。Gilles Petersonが手掛けた名コンピレーション”Talkin' Jazz Volume 2 (More Themes From The Black Forest)”に収録され当時DJやコレクター達が血眼になって探し回ったと言われる傑作”Take Off Your Shoes To Feel The Setting Sun”が収録!!!Siegfried Schwabによるシタールで幕を開け、Novi Singersサウンドを彷彿とさせるメンバーによるコーラスワークも最高なインディアン/ブラジリアン・テイストのキラージャズです!その他にもジャズファンク”Oh Baby I Don't Love You Anymore”を始め”My Man's Gone Now”、”Dig My Girl”、”Uwiii”等が収録された極上アルバムです。既に海外市場ではコンディションの良いものは4万〜5万の値段が付いているMPS Recordsからのオリジナル盤です!


●Kenny Clarke / Jazz A Confronto 20 (Horo Records / HLL 101-20 / 1975 / Italy)

US出身で50年代から活躍し、ヨーロッパでも数多くのリリースを重ねた偉大なジャズドラマーKenny ClarkeによるイタリアHoro Recordsに残した”Jazz A Confronto”シリーズからの75年作。Cicci Santucci、Enzo Scoppa、Enrico Pieranunzi、Roberto Della Grotta等のイタリアン・ジャズミュージシャンが参加。なんと言ってもお薦めは、Gilles Petersonがセレクトした2010年リリースのCDオンリーのコンピレーション”Horo: A Jazz Portrait”に収録された”Big Bang”。ジャズダンサー達も大好物のキラーなダンスジャズ・トラックです!!!その他にも”Close To The Door”、”Nudibranco”、”New April”等含め極上のジャズアルバムです!ジャケ違いの2ndプレスもリリースされていますが、本作はオリジナル・イタリア盤です!!!


●Cast / Cast (ATC / L20 9020 / 1980 / Argentina)

イタリアの7人組ソウル/フュージョン・バンドCastによる80年唯一のアルバム。古くからPatrick Forge等のDJ達にプレイされ、Rainer Truby選曲のBPM110以下をルールとした極上ソウル・コンピ”Soulgliding”に収録された”Sweetness”はNaïmy Hackettのヴォーカルも最高に気持ち良いイタリア産メロー・ソウルの傑作トラック!その他にもファンキー・ソウル”Love Me Babe”、ジャジーなAOR調ソウル”Love Wants To Be”、ヴォーカルも気持ち良い軽快なソウル・トラック”Found The Paradise”、フリーソウル的な”Take A Message”、Brit Funk的サウンドの”Savannah” & ”Mama Sun”等々全曲最高の内容!ヨーロッパの洗練されたサウンドとファンク〜ソウル〜フュージョンのテイストがマッチした素晴らしいアルバムです!ソウル・ファンにもお薦めです!こちらはイタリア盤と同年リリースのアルゼンチン盤です。コンディションも完璧です!


●Meta Roos & Nippe Sylwens Bands / Meta Roos & Nippe Sylwens Bands (’80) (Click Records ‎/ 6580 / 1980 / Sweden)

“Zazurira”のカヴァーでもお馴染みスウェーデンの歌姫Meta Roos率いるNippe Sylwens Bands による80年人気作品。ジャジーなアレンジとポップな要素が融合したジャズ〜ブラジリアン〜ポップ〜ロックにまで幅広く愛される素晴らしいアルバム。本作ではSergio Mendesヴァージョンでもお馴染みのStevie Wonderによる名曲をブラジリアン・フュージョン・テイストで見事にカヴァーした人気トラック”The Real Thing”を収録!ヨーロッパ産ブラジリアンの最高傑作です!更にはB-3に収録されているフュージョン・ソウル・トラック“Comza”や爽やかなソウル・トラック”Give A Little Love”も古くからDJ人気のトラックです。意外にも今まで一度もアナログで再発された事のないスウェーデン・オリジナル盤です!


●Archie Shepp / Attica Blues Big Band (Live At The Palais Des Glaces) (Blue Marge / 1001 / 1979 / France)

ジャズはもちろんレアグルーヴとしても名作の72年作”Attica Blues”でお馴染みのサックスプレイヤーArchie Shepp率いる”Attica Blues Big Band”による79年パリの”Palais des Glaces”でのライブレコーディング・アルバム。注目はもちろん”Attica Blues”のライヴヴァージョン!!!2015年にPantone Musicからリリースされた”DJK Jazz Funk Boogie Edit”にも使用されたヴァージョンで、ファンキーなベースラインで始まる”Attica Blues Part One”、オリジナルよりも更に高揚感に溢れるヴォーカル/コーラス等含めライブテイクならではのアレンジも素晴らしい”Attica Blues Part Two”共に最高です!その他にもSleep Walkerもカヴァーを手掛けたスピリチュアル・ジャズの名曲”Quiet Dawn”もアルバムヴァージョンとは一味違う素晴らしいライブヴァージョンで収録!ほぼ全編にフィーチャーされているTarika Blueにも参加していたヴォーカリストIrene Datcherのヴォーカルも最高です!更には”Simone”や“Crusificado”、その他にもスピリチュアルなジャズトラックを含めた一挙16曲収録!当時フランスと日本でのみリリースされ今まで一度も再発された事もありません。コンディション◎の美品です!

●Catharsis / Le Bolero Du Veau Des Dames (Vol. 5) (Disques Festival / FLD 676 / 1976 / France)

フランスのインスト・サイケロック・バンドCatharsisによる74年作。インストのプログレッシヴなファンク/フュージョンな内容ですが、ジャズ系にお薦めなのはA4に収録されている”Styx”!ブラジル・フレイヴァーも感じさせるカッディングギターに心地よいスキャット・ヴォーカル、そしてグルーヴィーなミッドテンポのフュージョンファンク・サウンドで構築された極上のヨーロピアン・フュージョンです!同じくフランスのジャズロック/フュージョン/プログレッシヴ・バンドEdition Specialeと共に古くからDJ達に人気の作品です!その他の曲もフュージョン系には興味深いトラックばかりですので要チェック!本作は76年リリースの2ndプレスとなります。盤面コンディション最高レベルの美品です!


●Monika Linges Quartet / Songing (Nabel / NBL 8415 / 1984 / Germany)

John Thomas & Lifeforceの作品にも参加したドイツのジャズ・ヴォーカリストMonika Lingesが率いるMonika Linges Quartetによる84年2ndアルバム。1stアルバム”Floating”に収録された”Running”でも人気ですが本作も◎。スピリチュアルなヴォーカルが心地良いジャズ・ヴォーカル作品”Song Of Changes”、ダンサブルなブラジリアン・ジャズ”Samba De Coração”、そして何と言ってもイントロのファットなブレイクビーツ的ジャズ・ドラムとMonika Lingesのスキャットが冴え渡るダンス・ジャズ・トラック”Courage”が最高です!ほぼ新品・美品のオリジナル・ドイツ盤です。


●Renee Geyer / Moving Along (RCA Victor / VPL1-0140 / 1977 / Australia)

オーストラリアのシンガーRenee Geyerによる77年作。Norman Connersがカヴァーした事でもお馴染みのオーストラリア産ソウル・クラシックス”Be There In The Morning”が収録の人気アルバム!他にもファンキーソウル"Tender Hooks”、”Moving Along”、メロートラック”Just To Make Love To You”等を収録した好内容アルバム。2019年にDiplomats Of Soulから”Be There In The Morning”が7”復刻されて現在さらにWantが高まっている名盤です!こちらはオリジナル・オーストラリア盤です。近年国内ではほとんど見なくなりました!


●Marcia Hines / Marcia Shines (Wizard / ZL 209 / 197? / Australia)

アメリカ出身でオーストラリアで活動したソウルシンガーMarcia Hinesによる75年人気アルバム。97年にSwedenのコレクターによってリリースされたコンピレーション”Cosmic Agogo 4”に収録されて以来人気となり現在もオーストラリア産のソウルクラシックスとして愛され続けてる”You Gotta Let Go”は本作に収録です!その他にも爽やかなソウルトラック”Don't Let The Grass Grow”、The Rolling Stonesの”カヴァーをファンキーソウルにアレンジした”Jumpin' Jack Flash”、ミッドテンポのファンキーソウル”Easy Evil”等が収録されています。本作は年代不明のリプレスとなりますが、75年のオリジナル盤と全く同じGatefold仕様での翌年〜70年代後半リリースの2ndプレスと思われます。オリジナル盤ほどでは無いですが本作も現在値段が上昇しています。


●Kate Ceberano / Love Dimension c/w Like Now (Regular Records / K 820 / 1989 / Australia)

オーストラリアのシンガーソングライターKate Ceberanoによる89年Limited Editionでリリースされた7”!Side-Aには同年にリリースされたアルバム”Brave”からのカット”Love Dimension”が収録となっていますが、注目は当時この7”のみに収録されたSide-Bの”Like Now”!!!2016年にJazzanovaが手掛けたコンピレーション”Paz E Futebol 2”に収録され一気に注目が上がった、Rainer TrubyやKJMが古くからプレイしているオーストラリア産キラー・ブラジリアン・ヴォーカル・ジャズ!国内でもあまり見かけないある意味レアな7”です!90年にKate Ceberano And Her Sextet名義のアルバムに収録されましたが、これは是非7”で持っておきたいですね。c/wには同年にリリースされたアルバム”Brave”からグランドビート的な80’s Australian Soul ”Love Dimension”が収録です!


●Diane Tell / Enter Nous (Polydor / 2424 203 / 1979 / Canada)

カナディアン・シンガーDiane Tellによる79年3rdアルバムにして人気作品。お薦めはカナダ産のダンサブルなブラジリアン/ラテンフュージョン・トラック”Le Mauvais Numéro”。爽やかなコーラスワークとヴォーカルがトラックに映えるナイス・トラックです。その他にもフュージョン・フィールな”Entre Nous”、フュージョン・ブギー”Le Chemin Menant Vers Toi”、変拍子ジャズ・トラック”Les Hommes”、心地良いボサノヴァ・ナンバー”Gilberto”等が収録された好内容盤です。発掘された当初はカナダ産のレア盤としてDJ達がこぞってプレイし値段も高価でしたが現在はかなり安く見つけられるようになりました。是非この機会に!


●The Bukkyleo Quintet / Rejoice In Righteousness (Acid Jazz / JAZID 7 / 1988 / UK)

なんと!デッドストック盤発見!!!ロンドンでAcid Jazzブームが始まる直前、”ジャズで踊る”シーンが始まった頃に初期Acid JazzレーベルからリリースされたThe Bukkyleo Quintetによダンス・ジャズの傑作!プロデュースはGilles PetersonとEddie Piller (Acid Jazz)。当時Gilles Peterson等のDJ達がBrothers In JazzやIDJ等のジャズ・ダンサー達を踊らせていたキラー・ジャズでPharoah Sandersの名曲”You've Got To Have Freedom”とジャズの名曲”Jeannine”を組み合わせたような”Rejoice In Righteousness”は最高のジャズ・ダンス・トラック!その他にもラテンジャズ・トラック“Happy Faces”、ダンスジャズ“Inheritance”、アフロキューバン的な“Observation Is No Crime”が収録。このミニアルバム最近ではほとんど見ませんのでこの機会に是非!(なんと!デッドストック盤は海外で1万超えの値段がついています!!!)


●Incognito / Jazzfunk (Ensign / ENVY 504 / 1981 / UK)

Bluey率いるIncognitoによる1981年デビュー作品にしてBrit Funkの傑作アルバム。Talkin' Loudのデビュー前でBlueyがThe Warriorsのメンバーであった時の作品。Brit Funkサウンド全開の極上UKブギーを披露しています。”Summer Madness”的イントロで始まる”Shine On”、ブラジリアン・テイストの”Wake Up The City”、AOR的なブギー・トラック”Why Don't You Believe”、女性ヴォーカルのメローフュージョン”Chase The Clouds Away”、Roy AyersばりのBrit Funkトラック”Incognito”、ジャジーなBrit Funk “Sunburn”、変拍子ジャズ・トラックの”Walking On Wheels”迄素晴らしい内容。Bluey & Gilles Petersonが手掛けたSTR4TAリリース〜 昨今のBrit Funkのリバイバルもあり、今改めて聴くとど真ん中サウンドです!(2ndプレスとなるジャケ/収録曲違いの1992年盤もリリースされていますが、本作がUKオリジナル盤です。)


●Joe Gallardo / Latino Blue (Sandra Music Production / SMP 2108 / 1980 / Germany)

激レア盤”Sol” (Joe Gallardo & Sol)でもお馴染みで、Kitty Winter Gipsy NovaやRhythm Combination & Brassにもメンバーとして参加していたUS出身のトロンボーン奏者Joe GallardoによるドイツのレーベルSandra Music Productionからの80年2ndアルバム。スキャット・ヴォーカルにドイツのシンガーAnne Haigisをフィーチャーした”Sambita”は古くからジャズDJ達がプレイしているダンサブルなドイツ産高速フュージョン・サンバの傑作トラックです!その他もラテンフュージョンの”Amanecer”、ジャジーなサルサ・トラック”Slidin' Home”、パーカッシヴでダンサブルなラテンジャズ/サルサ”El Brujo”等、素晴らしいフュージョン/サルサ/ラテン・トラックを収録している好内容でお薦めのアルバムです。新品同様の美品です!


●Dudley Moore Trio / Today (Atlantic / SD-1000 / 1972 / Australia)

UKを代表するピアニストであり俳優としても活躍したDudley Moore、ベーシストPete Morgan、ドラマーChris KaranからなるThe Dudley Moore Trioによる72年作。彼等の代表作”Amalgam”と並んで人気の洗練されたスキャット・ジャズファンク”Song For Suzy”は本作に収録されています!その他にもクールなジャズボサ”Waterloo”を筆頭に洗練された極上UKジャズを披露したアルバムです。本作はオーストラリア盤でUK盤とは別デザインのジャケットとなりますが、オリジナル・ファーストリリースであったニュージーランド盤と同じデザインとなります。


●Nico Gomez And His Orchestra / Bossa Nova (P-Vine Records / PLP6915 / 2002 / Japan)

2002年リイシュー盤です。ブラジリアン/ラテン/アフロと数多くのラテン・アメリカ・サウンドを生み出したオランダ出身でオランダ/ベルギー等で活躍したNico Gomez率いるNico Gomez And His Orchestra名義での72年傑作アルバム。Rainer TrubyのコンピレーションGlücklich IIIのに収録されたヨーロッパ産ブラジリアンの傑作”Rio”が収録!冒頭からのピアノのフレーズ、そしてスキャットをフィーチャーしたダンサブルなブラジリアン・ジャズ・サウンドは正にユーロ・ブラジリアンの最高傑作です。A-1に収録されている”Aquarela”も人気のブラジリアンですね。その他のボサノヴァ名曲カヴァー作品も含め素晴らしい内容のアルバムです。先日Mr.Bongoから別ジャケデザインで再発もされましたがやはりこのオリジナル盤デザインのジャケットが最高ですね!本作は2002年リリースの国内リイシュー盤となります。ほぼ新品同様の美品です。

最新記事

すべて表示
bottom of page