top of page

中古盤商品更新:2022.12.08



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.12.08】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週も先週に続き新着のブラジリアン・タイトルをアップしました!

レア盤から定番迄ありますので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Os 3 Morais / Os 3 Morais (London Records / LLB-1068 / 1971 / Brazil)

レア盤!Jane, Roberto, Sidneyの3兄妹コーラス・グループOs 3 Moraisによる71年3rdアルバムにして最高傑作。アルバム全編に渡って彼等の素晴らしいコーラス/スキャットワークが聴けるアルバムですが、お薦めは”Blue Brazil Vol. 2 (Blue Note In A Latin Groove)”、”Blue Note Trip - Sunset / Sunrise”、”Mondo Bossa”等多数ののコンピレーションに収録された事でも知られるレア・ブラジリアンの人気作品”Freio Aerodinâmico”。Marcos Valleの名作を独自のアレンジでカヴァーしたDJからコレクターに迄人気となっている最高のヴァージョンです。その他にもファンキーなグルーヴが素晴らしい”Se Quiser Valer”、美しいコーラスワークのスキャット・トラック”Odeon” 、“Sambachiana”、”Tico-Tico No Fubá”辺りも◎です。Mono録音でのオリジナル・ブラジル盤です!


●Elza Soares / Com A Bala Branca (Odeon / MOFB 3459 / 1966 / Brazil)

先日惜しくも他界してしまったサンバの女王Elza Soaresによる66年作にして彼女の代表作の1つとして人気のアルバム。このアルバムのハイライトはなんと言ってもラテン・テイストのジャズ・サンバの傑作”Deixa A Nega Gingar”!Gilles Peterson & Paul Bradshawが手掛けたブラジル・コンピレーション”Brasil - Escola Do Jazz”や、Far OutのJoe Davisが選曲を手掛けたBlue Noteからのブラジル・コンピレーション”Blue Brazil Vol. 2”にも収録されていた人気曲です!その他にも”Quizumba”、”No Carnaval”、”A Infelicidade”、”Volta Pro Morro”、”Meu Tudo E Por Que”、”Tudo É Balanço”等、極上のサンバ・ジャズが一挙収録された素晴らしい内容です。今迄再発された事も無いオリジナル・ブラジル盤です!60年代のブラジル盤にしては滅多に出会えないコンディション完璧の美品です!


●Bossa Jazz Trio / Bossa Jazz Trio Vol.2 (Fermata / FB-133 / 1966 / Brazil)

65年に7”のみでリリースされた激レア・トラック “Vamos Embora Uau”でも知られるAmilson Godoy (Piano) , Jurandir (Bass), Zé Roberto (Drum)によるBossa Jazz Trioによる66年2ndアルバム。冒頭のブラジリアン・クラシックスである”Canto de Ossanha”のダンサブルなキラー・ヴァージョンから最高で、美しい哀愁のメロディーが最高な”Deixa”、同じくブラジリアン・クラシックスのカヴァー”Sonho de Um Carnaval”、キラーなブラジリアンジャズ”Vim de Santana”、アフロキューバン・スタイルのSambossa 5ヴァージョンでもお馴染みの名曲で極上のジャズヴァージョン”Zero Hora”、エンディングを飾る”Labareda”等、最高の美メロ作品も多数収録されたジャズサンバアルバムです!!!コンディションの良い盤は既に値段が上昇してます!今までにアナログでの再発は無いオリジナル・ブラジル盤です!


●Eduardo Costa & Os Hit-Makers / Festa De Brotos (Rozenblit, AU - Artistas Unidos ‎/ LP 70.004 / 1967 / Brazil)

ブラジルのオルガン奏者Eduardo Costaによる67年作。基本スタジオ・エンジニアとしての仕事がメインだったようでミュージシャンとしての作品は数少ないが本作は彼の残したジャズ・ボサの名盤として古くから知られている名作アルバム。なんといっても本作のハイライトは同じオルガン奏者であるEd Lincolnの最高傑作”Cochise”のカヴァー・ヴァージョン!Ed Lincolnヴァージョンに勝るとも劣らないキラーなジャズボサ・ヴァージョンで、よりスイング感のあるEduardo Costaヴァージョンの方が好きなリスナーも多いです。何気にマイナー作品なので”このヴァージョンは?”と聞かれる事も多々。その他にも“Our Day Will Come”, “Never, Never”, “Rossana”, “Ginga 7”等々、ソウルジャズやラウンジ・テイスト等の素晴らしい作品が収録されたナイス・アルバム。今までにアナログでの再発は無いオリジナル・ブラジル盤です!


●Emilio Santiago / Ensaios De Amor (Philips / 6328 521 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!ブラジルのソウル・シンガーEmilio Santiagoによる82年作。ミュージシャンにLincoln Olivetti & Robson Jorge等が参加!lレア盤”Mais Que Um Momento”の前年リリース作ということでサウンドも◎。お薦めはLeon Wareが同年にリリースしたMarcos Valleとの共作にして人気作”Someware”のカヴァーとなるブラジリアン・ブギー・ソウル”Dentro De Você”。Len Wareヴァージョンも良いですがこちらも素晴らしいアレンジで最高です!そに他にもアーバンなAOR的ブラジリアン・ソウル”Pelo Amor De Deus”、美しいメロディーのメロー・トラック”Lua Nova”、爽やかな・ブギー・ソウル”Gente Séria”等も素晴らしいアルバムを通してお薦めの内容です!もちろんブラジル・オリジナル盤です!


●Boca Livre / Bicicleta (Boca Livre / BL-0002 / 1980 / Brazil)

お薦めです!ブラジルの4人組グループBoca Livreによる80年作自主制作盤。ブラジリアン特有の美しいヴォーカル・ハーモニーが素晴らしい極上のMPBアルバム。収録曲“Um Canto de Trabalho”は沖野好洋が"KYOTO BRAZILIAN MUSIC CONFERENCE"でプレイしていた最高のトラック!軽快なサウンド + 美しいメロディー & ハーモニーでグッときます。他にもB1に収録されアルバム・タイトルにもなっている美メロ・ブラジリアン”Bicicleta”、アコースティックなメロー・トラック"Porto Seguro”等も素晴らしいです!もちろん他の収録曲含めアルバム通して最高の内容です!


●Fafá De Belém / O Prestígio De Fafá De Belém (Fontana / 6488 180 / 1982 / Brazil)

レアトラック“Êmoriô”が収録!!!アマゾン出身のブラジリアン・シンガーFafá De Belémによる82年コンピレーション・アルバム。コンピレーションといえど侮るなかれ!本作には彼女のレア・トラック”Emorio”が収録!75年彼女のデビュー作として今やスーパーレアとなっている7”オンリーの作品で、DJクラシックスとしてGilles PetersonやJazzanovaがプレイしていていた”Naturalmente”が有名ですが、その7”のカップリングで収録されていたのがこの”Emorio”。Joao Donato作でSergio Mendesのヴァージョンも有名ですが、このヴァージョンもキラーです!”Naturalmente”路線のグルーヴでDJ NutsもBoiler Roomのミックスでプレイしていた曲です!7”は激レアですので是非このLPを使って下さい!


●Djavan / Luz (Discos CBS / 138.251 / 1982 / Brazil)

人気盤!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。レコーディングにはStevie Wonder, Ronnie Foster, Hubert Laws, Paul Jackson Jr等USミュージシャンも参加。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”が収録!他にもミッドテンポのブラジリアン・ソウル・トラックの傑作”Luz”や、極上のメローブラジリアン”Capim”や”Sina”、ダンサブルな”Minha Irmã”等その他の楽曲も含めて最高です。当時US盤はリリースされておらず、日本盤はインコのジャケットですがオリジナルとなるブラジル盤はこの顔ジャケットです!


●Various / 14 Sucessos Do III Festival Da Musica Popular Brasileira (RGE / XRLP 5.319 / 1967 / Brazil)

67年リリースのRGEレーベルのコンピレーション・アルバム。お薦めはRainer TrubyやKyoto Jazz Massiveが古くからヘビープレイしていたErasmo Carlosによる”Capoeirada”。Erasmo Carlos名義ではアルバムには収録されず、当時7”のみでリリースされていたレア・トラックです。ヴォーカル・グループTitulares Do Ritmoによる”Ponteio”もコーラス・ワークが素晴らしいナイス・ヴァージョンです。このアルバム自体はレアではありませんが持っておく価値ありです!

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page