中古盤商品更新:2022.09.08



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.09.08】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

今週は店頭の餌箱が何気にスカスカ状態になっていたのでUSの定番ソウル/ジャズ等々を補充しました。

どれもお手頃価格での好内容盤ですのでお持ちでない方は是非この機会に。


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Gary Bartz / Music Is My Sanctuary (Capitol / ST-11647 / 1977 / US)

Mizell BrothersのSky High Productionプロデュースによるジャズサックス奏者Gary Bartzの77年名盤。バッキング・ヴォーカルにSyreetaをフィーチャーしたアーバンなメロー・ソウル・クラシックス”Music Is My Sanctuary”は説明不要の最高傑作。Sky High Production節全開の人気トラック”Carnaval De L'Esprit”も最高です!その他にもジャジーなブレイクで始まりSky High Productionサウンドに展開するジャズ・ファンク・トラック”Swing Thing”を始め最高の内容です!オリジナル盤は海外では現在もどんどん値段上昇中の人気盤ですので今のうちに!


●Ray Barretto / La Cuna (CTI / CTI 9002 / 1981 / US)

ラテン・パーカッショ二ストRay BarrettoがCTIレーベルに残した名盤。Carlos Franzetti, Charlie Palmieri, Tito Puente, Steve Gadd, Joe Farrell等が参加。現在もラテンソウルのマスターピースとして人気が高いStevie Wonderのラテン・カヴァー曲”Pastime Paradise”が収録!数多くのラテン作品に参加しているWilly Torresのヴォーカルも最高ですね!その他にもファンキーなアレンジも最高なDJユースなラテン・ダンサー”The Old Castle”、ジャジーなブーガルー”La Cuna”、メローなラテン・フュージョンの最高傑作”Mambotango”等含め素晴らしい内容のアルバムです。数年前にリリースされた再発盤もほぼ同じ程度の値段だったのでこの機会に是非オリジナル盤で持っておく事をお薦めします!本作は滅多に見かけない新品同様の美品です!


●Rene Bloch And His Orchestra / Latin Discotheque (Clarion / 613 / 1965 / US)

USのラテンジャズ・サキソフォニストRene Bloch率いるRene Bloch And His Orchestra名義での65年作。なんといってもお薦めは古くからRainer TrubyやKJM沖野好洋がプレイしているラテンジャズ・クラシックス”Mr. Latin's Mambo”。洗練されたホーンのダイナミックなアレンジでフロアを盛り上げるラテンの傑作トラックです!その他にもクールなジャズ・サルサ”Que? Otra Pachanga?”、ジャジーなミッドテンポ”Rareza Del Siglo (Rarity Of The Century)”、”Mr. Latin's Mambo”と同路線の”Pa Coco Solo (For Heads Only)”等々を含めた好内容アルバムです。本作は、2曲ほど少ない収録曲ですが1962年にRene Bloch名義でリリースされたアルバム”Mr. Latin”の再リリース盤となります。本作は65年盤とは思えない盤面コンディション最高レベルの美品です!(こちらはMono盤です。)


●Rene Bloch And His Orchestra / Latin Discotheque (Clarion / SD 613 / 1965 / US)

USのラテンジャズ・サキソフォニストRene Bloch率いるRene Bloch And His Orchestra名義での65年作。なんといってもお薦めは古くからRainer TrubyやKJM沖野好洋がプレイしているラテンジャズ・クラシックス”Mr. Latin's Mambo”。洗練されたホーンのダイナミックなアレンジでフロアを盛り上げるラテンの傑作トラックです!その他にもクールなジャズ・サルサ”Que? Otra Pachanga?”、ジャジーなミッドテンポ”Rareza Del Siglo (Rarity Of The Century)”、”Mr. Latin's Mambo”と同路線の”Pa Coco Solo (For Heads Only)”等々を含めた好内容アルバムです。本作は、2曲ほど少ない収録曲ですが1962年にRene Bloch名義でリリースされたアルバム”Mr. Latin”の再リリース盤となります。本作は65年盤とは思えない盤面コンディション最高レベルの美品です!(こちらはStereo盤です。)


●Gene Dunlap Featuring The Ridgeways / It’s Just Way I Feel (Capitol Records / ST-12130 / 1981 / US)

デトロイト出身のドラマーGene Dunlapが姉妹ヴォーカルグループThe Ridgewaysをフィーチャーした81年作。お薦めはRamp等のRoy Ayers/Uno Melodicサウンドを彷彿とさせるメローソウルの最高傑作”It’s Just Way I Feel。コードワークやコーラスワークも最高ですがエモーショナルなサウンドに展開するシンセパートが完璧です!その他にも超絶お洒落な”The Intro”から繋がって始まるブギーソウル”Rock Radio”、ダンサブルなブギー・フュージョン”Love Dancin’”、ミッドテンポブギーなメローソウル”Before You Break My Heart”辺りも人気です!


●Free Life / Free Life (Epic / JE 35392 / 1978 / US)

Earth, Wind & FireのPhillip Baileyが手掛けたソウル・バンドFree Lifeの78年作。Earth, Wind & FireのキーボーディストLarry DunnやPatrice Rushen、Paulinho da Costa等も参加。 ROOT SOULのカヴァーでもお馴染みでEddie Palmieliのラテン・ヴァージョンも人気の”Spirit Of Love”オリジナル・ヴァージョンが収録!ファンキーなアレンジでブギー系にはこちらがお薦めです!その他にも心地いいフュージョン・ブギー”It's Lovely Just To Know You”、極上のメローソウル”Wish You Were Here”、心地良いソウルトラック”I'll Keep My Light In My Window”、シンセソロも炸裂するダンサブルなインスト・フュージョン”Second Coming”等を含め好内容アルバムです!


●Southroad Connection / Sweet Ride (Mahogany / M-1001 / 1978 / US)

Lionel JobプロデュースによるUSの8人組ディスコ・ファンク・バンドSouthroad Connectionによる78年作。ディスコ/ブギーな”Sweet Ride”、シンセブギー”Just Breezin' On”、極上ブギーファンク”Just A Little Bit Of Funk”、”Come On People”、ファンキーソウル”You Like It, We Love It”辺りも人気ですが、お薦めはブラジリアン・フュージョンな”Dusk To Dawn”。Ryo Kawasakiの”Look Around You”を彷彿とさせるメローな前半から中盤ダンサブルにキックアップする展開は最高です!ジャズ/フュージョン系見逃しがちの作品ですので是非チェックしてみて下さい!


●Moe Koffman / Museum Pieces (Janus Records / JXS-7037 / 1978 / US)

カナダ出身のフルート奏者Moe Koffmanによる78年作にして名盤。Jill Scottの”Slowly Surely”でサンプリングされていた事で有名なメロウジャズトラック”Days Gone By”の収録でも有名ですが、お薦めは4heroにカヴァーされてもおかしくないようなブレイクビーツとフルート、ストリングスを交えたフュージョン・サウンドが融合したジャズ・ファンクの傑作”Digs”!その他にも極上のブレイクビーツで始まるダンサブルなジャズファンク”Rocks (Mineralogy)”、ブラジリアン・テイストの”Pharaoh's Dream”、変拍子ジャズ”Wildlife (Mammalogy)”、キラージャズ”Dinosauru”辺りも含め最高の内容です!


●Various / Home Grown II (KKUA Records / non / 1977 / US)

ハワイのコンピレーション・レーベルKKUA Recordsからの77年リリースのハワイアン・コンピレーション。ハワイで活動したメローなロックやAOR、ソウル等の作品が収録されたコンピレーションですが、本作にハワイアン・ソウルの傑作”Nohelani Cypriano / Lihue”が収録されています!数年前に人気再発レーベルAthens Of The Northからも7”復刻された”Lihue”。ラテンフュージョンなフェンダーローズから幕を開け、最高のメローソウルへと展開するハワイアン・ソウルの人気トラック!”Lihue”は当時本作に先行収録となりその後79年にソロアルバム”Nohelani”がリリースとなりますが、近年Nohelani名義のアルバムは値段高騰中で入手困難になってきています。こちらは今も安めで入手できるのでお薦めです。AOR的ブギー“Brandon Bray And Brown Spice / Polynesian Girl”も◎です。

●Flora Purim / Open Your Eyes You Can Fly (Milestone / 9102 / 1976 / France)

ブラジリアン・シンガーFlora Purimによる76年作。George Duke, Alphonso Johnson, Chick Corea, Hermeto Pascoal, そしてもちろんAirto等豪華ミュージシャンが参加。説明不要のFlora Purimによるブラジリアン・フュージョン・クラシックス”Open Your Eyes You Can Fly”が収録。その他にもChick Corea作のフュージョン・トラック”Sometime Ago”、Hermeto Pascoal作のブラジリアン・ファンク・トラック”Andei (I Walked)”、シンセソロとスキャットの掛け合いも最高な”Ina's Song (Trip To Bahia)”等も収録された最高の内容です!コンディション最高の美品です!こちらはUS盤と同年リリースのフランス盤です。


●Michael White / White Night (Elektra / 6E-183 / 1979 / US)

Pharoah Sanders等と共演し、自身も”The Blessing Song”を始めとしたスピリチュアル作品でお馴染みのヴァイオリン奏者Michael Whiteによる79年作。本作ではプロデュースはWayne Hendersonを迎えたディスコ・サウンドも披露。なんと言ってもジャズ系DJにも人気のダンサブル・フュージョン・ブギーの傑作でRAHAANがエディットを手掛けた事でも知られる”So Good To Me (Your Love)”が最高です!その他にも爽やかなヴォーカルも心地良いブギーソウル”Never Be The Same” & ”I Like It”、ソウルフルなブギーファンク”I Was Made To Love Him”、スピリチュアルなフュージョン・トラック”Whispering Pines”等が収録。


●Oscar Peterson / Soul Español (Limelight / LM 82044 / 1966 / US)

カナダ出身でUSはもちろんヨーロッパでも活躍したジャズピアニストOscar Petersonによる66年作。膨大なリリースを残した彼の中でも数少ないブラジリアンにフォーカスした人気アルバム。なんと言ってもお薦めはJorge Ben作でSergio Mendesのヴァージョンでも人気のブラジリアン名曲”Mas Que Nada”。ジャズミュージシャンならではのジャズサンバアレンジが光る数多く存在する”Mas Que Nada”カヴァーの中でもトップクラスと言っても過言では無い最高のヴァージョンです!その他にもLuiz Bonfaの傑作”Manha De Carnaval”、Tony Hatch作の”Call Me”、Antonio Carlos Jobim作の”How Insensitive”、Oscar Petersonのオリジナルとなる”Soulville Samba”等、極上のブラジリアン・ジャズで埋め尽くされた素晴らしいアルバムです。昔は日本盤を含めよく見かけるアルバムでしたが最近はあまり見なくなりました。本作はUSオリジナル・モノ盤で、高級感のなる加工ジャケットも最高です!


●Carmen McRae / Just a Little Lovin (Atlantic ‎/ SD 1568 / 1975 / US)

ジャズ・ヴォーカリストCarmen McRaeによる70年アルバム。Future Jazz全盛期にSonar KollektivのIrfanから引用された事でも知られる”Just A Little Lovin’”は、このオリジナル・ヴァージョンもPatrick Forge等がプレイするメローなヴォーカル・ジャズ・クラシックスです。そに他にも”Something”、”More Today Than Yesterday”、”Carry That Weight”等も◎です!こちらは75年プレスのUS盤です。


●Diana Ross / Diana Ross (Tamla Motown / 1C 062-97 508 / 1976 / Germany)

The Supremesのリードシンガーとしてもお馴染みのソウルシンガーDiana Rossによるソロ名義での76年名盤。レイドバックしたメローなイントロからキックアップしダンサブルなブギーへと展開するブギークラシックスにしてソウルのマスターピース”Love Hangover”が収録。その他もイントロのブレイクビーツから多幸感溢れるサビへと流れるMotownソウルの傑作”One Love In My Lifetime”、ゴスペル系ファンク”You're Good My Child”等もお薦めです!こちらはUS盤と同年リリースのドイツ盤となります。


●Stevie Wonder / Hotter Than July (Motown / 1C 064-64 121 / 1980 / Germany)

説明不要のシンガーソングライターStevie Wonderによる80年作。BDソングの定番”Happy Birthday”収録アルバムとして有名ですが、同じく彼の最高傑作”All I Do”やMike Campbellのカヴァーでもお馴染みの”Rocket Love”や”I Ain't Gonna Stand For It”、”Master Blaster (Jammin’)”等も収録されています。更にお薦めはTheo Parrishのエディットでも有名で、DJ人気のファンク・トラック”As If You Read My Mind”。意外と聴き逃している方も多いと思いますので改めてチェックしてみて下さい。こちらはUS盤と同年リリースのドイツ盤となります。

最新記事

すべて表示