中古盤商品更新:2022.08.04



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.08.04】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週はブラジリアンLP / 12” / 7”を更新してます!

レア・タイトルもありますので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Tamba 4 / Tamba 4 (Orfeon / LP-12-715 / 1970 / Mexico)

レア盤!!!Luiz Eça率いるTamba 4によるメキシコ録音のレア・アルバム!なんと当時Luiz Eçaが不在のメキシコ公演後に現地でレコーディングされたという逸話をもち、ピアノはライブメンバーとして参加したLaercio De Freitasが担当。ムーディーなコーラスでのイントロからファンキーなサウンドにキックアップする”Se Voce Pensa”、ダンサブルなヴァージョンとなった”Zazueira”はもちろん、”Correnteza”、”Juliana”、”Lenga - Lenga”、”Veracruz”、”Pais Tropical”、”Samarina”、”Sem Voce En Nao Vivo”、”Pensando”と全曲最高の内容でJorge Ben, Antonio Adolfo, Milton Nascimento等のカヴァーを含めた楽曲を極上のコーラスワークとファンキーなアレンジでプレイしています!(他のTamba 4作品のサウンドとは全く違います。)当時ブラジルやアメリカではリリースされず、メキシコとベネズエラそして日本だけでリリースされた希少盤。(もちろんベネズエラ & 日本盤も激レアです)同年にメキシコ盤オンリーでリリースされ再発もされた”Luiz Eca Y La Familia Sagrada”名義のアルバムは恐ろしい値段でのウルトラ・レア盤として有名ですが、こちらもメキシコ盤のコレクターズ・アイテムです!


●Abílio Manoel / Luiza Manequim (Odeon / 7BD-1256 / 1972 / Brazil)

ポルトガル出身ブラジルに移住し活躍したシンガーソングライターAbílio Manoelによる72年激レア7”。注目は2013年にMr.BongoからCDのみでリリースされたコンピレーション”Brazilian Beats 7”に収録されたレア・トラック”Luiza Manequim”!!!DJ/コレクターが血眼になって探しているビッグチューンです!既に2万近い市場価値と言われていますが現在は全く市場で見かけないレア7”です!今回値段抑え目で放出してますのでブラジリアン7”コレクターは是非!(ジャケット付きブラジル盤)


●Azymuth / Live At The Copacabana Palace (SBA / SBA 1001 / 1985 / France)

ブラジルが世界に誇るブラジリアン・フュージョン・バンドAzymuthによる85年フランス盤オンリーでのライブアルバム。1979年にリオのCopacabana Palace HotelにあるThe Golden Roomでのライブ録音。José Roberto Bertrami, Ivan Conte "Mamao”, Alexandre MalheirosのAzymuthトリオに加えパーカッションにAleudaが参加。1999年にCDがリリースされ、長くCDオンリーのレア音源と言われていましたが実はフランス盤でこっそりアナログがリリースされていたというある意味幻の作品。(実はブートレグ作品であるとか、数曲ほとんどがアルバム”Light As A Feather”と”Rapid Transit”からのスタジオ音源に歓声が加えられた物とか色々な噂あり)とにかく、注目は彼等の名曲”Jazz Carnival”のライブ・ヴァージョン!スタジオヴァージョンとは明らかに違うキラー・ヴァージョンで古くからDJ達がプレイしてきたレア・ヴァージョンです!Azymuthファンは是非もっておきたいコレクターズ・アイテムです!!!


●Djavan / Samurai (CBS / CBS A 3007 / 1983 / Spain)

7”!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム”Luz”からの7”カット。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”の7”片面プレスの珍しいプロモ盤です!スペイン盤のアートワーク・ジャケットも嬉しいですね。もちろんアルバムより珍しいです。是非コレクションにどうぞ!(ジャケットは正規盤のジャケットなのでSide-Bに”Luz”が収録となっていますが本作はSide-Aのみの片面プレスです。) (ジャケット付きスペイン盤)


●Elis Regina ‎/ Yê-Melê c/w Upa Neguinho (Philips ‎/ 365.229 / 1968 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる7”オンリーでの68年レア作品。Luiz Carlos Vinhas作曲で多くのアーティストにもカヴァーされたブラジリアン・クラシックス”Yê-Melê”を極上のアレンジでカヴァー。今までこの7”以外ほとんどアナログ化されていないレア・トラックです。c/wには68年にBossa Jazz Trioをバックにライブ録音された名曲”Upa Neguinho”を収録。ブラジリアン・ジャズ・コレクターは是非7”で持っておきたいですね。


●Marcia Maria / Oh! Man c/w Café Requentado (EMI-Odeon / 006 420130 / 1979 / Brazil)

激レア人気トラック”Amigo Branco”でお馴染みのブラジリアン・シンガーMarcia Mariaによる7”オンリーでリリースされたレア7”。Side-AにはMr.Bongoの”Brazil 45s”でも復刻されたメローブラジリアンの傑作”Oh! Man”を、そしてSide-Bには同じくメローな”Café Requentado”が収録です。本作はアートワーク付きであれば1万以上の価値となっていますが、今回はOdeonレーベルスリーヴでの入荷の為ディスカウント価格です!


●Robson Jorge E Lincoln Olivetti / Babilônia Rock c/w Aleluia (Som Livre / 401.6156 / 1983 / Brazil)

ブラジリアン・ブギー・シーンの中核Lincoln Olivetti & Robson JorgeによるRobson E Lincoln名義での83年作の7”。82にリリースされ今やブラジリアン・ブギーの名作となったアルバム”Robson Jorge & Lincoln Olivetti”からのカットとなる彼等の代表作品”Aleluia”が収録。c/wには本作にエクスクルーシヴ収録されたエレクトリックなブラジリアン・ブギー”Babilônia Rock”が収録です。ブラジリアン7”コレクターの方は是非”Aleluia”を7”で持っておきたいですね!(ジャケット付きブラジル盤)


●Emilio Santiago / Pelo Amor De Deus c/w Flor Dos Trópicos (Philips / 6069 281 / 1982 / Brazil)

ブラジルのソウル・シンガーEmilio Santiagoによる82年アルバム”Ensaios De Amor”からの7”カット。Lincoln Olivetti & Robson Jorgeがバンドに参加した2トラックス。アルバムの中でもハイライト曲の一つであるアーバンなAOR的ブラジリアン・ソウル”Pelo Amor De Deus”が収録!c/wには同アルバムからラテン・ソウル・フレイヴァーの”Flor Dos Trópicos”が収録。なんといってもこのジャケット・デザインが最高ですね!(ジャケット付きブラジル盤)


●Fabio / Você Queima Como Fogo c/w Venha (EMI / 31C 006 420015 / 1977 / Brazil)

ブラジリアンシンガーFabioによる77年7”オンリーのEP。Marcos Valleの兄であるPaulo Sérgio Valle作の”Venha”は冒頭のブレイクビーツからかっこいいブラジリアンAOR系にも人気のソウル・トラック。ジャケット・盤面共にコンディション◎です!(ジャケット付きブラジル盤)


●Baby Consuelo / Um Auê Com Você (Elektra / BR 92.022 / 1982 / Brazil)

元Novos BaianosのメンバーでもあったブラジリアンシンガーBaby Consueloによる82年作で81年リリースのアルバム”Canceriana Telúrica”からの7”カット。80’sブラジリアンブギー”Paz e Amor”、トロピカルなメロートラック”Um Auê Com Você”、ブラジリアンレゲエ風の”Telúrica”、アップリフティングな”Salve, Salve”が収録。アルバムジャケットのデザインを引用した7”スリーヴも◎です。(ジャケット付きブラジル盤)


●R.E.Q / Casa Forte c/w Valparaiso (Passion / PASH 12 37 / 1984 / UK)

なんと!!!UKのレゲーバンドUB40による変名ユニットでヴォーカルもUB40のAli Campbellが務めるバンドR.E.Qによる唯一の12”リリース。それも驚きのEdu Loboによる名曲ブラジリアン”Casa Forte”をカヴァー!2000年初頭にジャズDJ達によって発掘され、Rainer Trubyによるブラジリアン・フュージョン・コンピ”Glücklich V”にも収録された事で有名に!疾走感に溢れるパーカッシヴなトラックにジャジーなピアノやギター、そしてAli Campbellのよるヴォーカルも最高な高速ブラジリアン・ダンサー!Side-BにはこちらもまさかUB40作品とは思えないフュージョン・ブギー”Valparaiso”が収録!レア盤ではありませんがなかなか見かけないマイナー12”です!


●Gilberto Gil / Nightingale (Elektra / K52120 / 1979 / UK)

“Palco”でもお馴染みのブラジリアン・シンガーソングライターGilberto Gilによる79年作。US録音となった本作はSergio Mendesがプロデュースを担当。Osmar Militoのカヴァーでもお馴染み彼の代表作の一つ”Maracatu Atomico”は、ブギー・テイストも取り入れたブラジリアン・クラシックスの名曲!その他もサンバ・トラック”Samba De Los Angeles”を始めとしたブラジリアンのみならずレゲエテイストの楽曲まで心地良いサウンドでアルバム通して◎です。US盤と同年リリースのUK盤です。


●Sergio Mendes / Alegria (WEA / K 99096 / 1980 / UK)

内容最高です!ブラジリアン・サウンドを代表するSergio Mendesによる80年作。アメリカで活動していたSergio Mendes作が79年のブラジル一次帰国時に現地で録音された作品。ブラジル盤名”Horizonte Aberto” & 他国盤名”Alegria”でリリースされた本作はUSAからリリースされなかったので意外に見落としがちな名作。現地録音というだけあってDjavan, Dori Caymmi, Oscar Castro Neves, Toninho Horta等参加メンバーも豪華。一番のお薦めはToninho Hortaの名曲カヴァー”Aquelas Coisas Todas (All Those Things)”。Toninho Horta本人も参加しただけあってオリジナルヴァージョンにも近い最高のカヴァーです!更にDjavan本人参加の名曲”Fato Consumado”や、哀愁のサンバ・トラック”Ultima Batucada”、”Adeus América”等も含め全曲素晴らしいです!こちらはブラジル盤”Horizonte Aberto”の翌年リリースとなったUK盤です。


●Los Brasilios And The Juan Morales Singers feat.Alberto On The Marimbas / Brasilian Beat '67 (Design Records / DLP-264 / 1967 / Canada)

ブラジリアン〜ラテン・グループLos Brasilios And The Juan Morales Singers feat.Alberto On The Marimbasによる67年唯一のアルバム。Sergio Mendesのクローンとも呼ばれている謎の多いバンドですが、Sergio Mendesのサウンドに匹敵するブラジリアン〜ラテン系サウンドを披露。中でもお薦めはJazzman Recordsの初期に7”化され現在もブラジリアン・クラシックスとして人気のブラジリアン・コーラスジャズ・トラック”Brasilian Beat”。コーラスワークも最高です!他の収録曲も◎ですので是非この機会に!こちらはUS盤と同年リリースのカナダ盤です。


●Dudu França / Grilo Na Cuca c/w Vem Dançar (Polydor / 2171 224 / 1979 / Brazil)

サンパウロ出身のブラジリアンシンガーDudu Françaによる79年7”オンリーのEP。ファンキーなアレンジでのダンサブルなブラジリアンブギー“Vem Dançar”が収録。c/wには同じくダンサブルなブラジリアンディスコ”Grilo Na Cuca”を収録。


●Marku / O Adeus, Segundo Maria c/w Tira Teima (Underground / CS-1408 / 1973 / Brazil)

ブラジリアン・ファンク/ブギー作品でもお馴染みMarku Ribasによる73年作でデビューアルバム”Marku”からの7”カット。美しいメロディーのボサノヴァ的MPBメロートラック”O Adeus, Segundo Maria”をSide-Aに、ストリングスのアレンジと泣きのメロディーも心地いい哀愁のメローサンバ”Tira Teima”をSide-Bに収録。

最新記事

すべて表示