top of page

中古盤商品更新:2022.06.30



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.06.30】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は60’s Jazz Bossa系を中心にブラジリアン・タイトルを紹介してます!

どれもお薦めタイトルですので是非チェックしてみてください。


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Elza Soares / Elza Soares Baterista: Wilson Das Neves (Odeon / MOFB 3521 / 1968 / Brazil)

先日惜しくも他界してしまったサンバの女王Elza Soaresによる68年作でWilson Das Nevesを招いて録音した彼女の代表作の1つとして大人気のレアアルバム。Antonio Carlos Jobim, Vinicius De Moraes, Dorival Caymmi, Marcos Valle等のカヴァー曲を中心に、ビッグバンド・ジャズ・スタイルのオーケストラ・サウンドを披露。中でもお薦めは彼女の代表作の一つであり、1994年にJoe Davis (Far Out Records)が手掛けたBlue Noteからのブラジル・コンピ”Blue Brazil”に収録された事でも知られる”Deixa Isso Prá La”!ブラジル/ジャズサンバ・ファンは絶対に持っておきたい名曲中の名曲です。その他にも”Garôta De Ipanema”, “O Pato”, “Teleco Teco Nº 2”, “Samba De Verão”, ”Se Acaso Você Chegasse”, “Mulata Assanhada”, “Palhaçada”等が収録された素晴らしいアルバムです。アナログは今までオフィシャルで再発された事もありません!68年作でコンディションの良い物はほとんど見つからないので状態の良いアルバムは既にかなりの高価盤になっています!年代不明のブートレグ盤以外は今までにアナログでの再発はありません!


●Claudette / Claudette Nº 3 (Philips ‎/ R 765.114 L / 1970 / Brazil)

ブラジリアン・シンガーClaudetteことClaudette Soaresによる70年作。69年の”Feitinha Pro Sucesso….”、同じく69年の”Claudette”と共に彼女の人気盤3部作の中の一枚。Jorge Ben, Erasmo Carlos, Antonio Adolfo, Arthur Verocai, Caetano Veloso, Taiguara, Marcos Valle, Tim Maia等の作品を極上のジャズ・サンバやファンキーなアレンジで披露した素晴らしいアルバム。中でも人気は、Marcos Valleの不屈の名作”Os Grilos”のカヴァー作品。97年にGilles Peterson & Joe Davisが手掛けたTalkin’ Loudからのブラジル・コンピレーション”Brazilica Volume II”にも収録された事でも有名です。他にもJorge Benの楽曲でAntonio Adolfo e A Brazucaの “Transamazônica”的イントロで始まる”Sem Bronquear”や、Kool & The Gangの”Give It Up”のフレーズを引用したファンキーな”Canoeiro”、レイドバックしたファンク・トラック”Não Quero Nem Saber”等、アルバム通して好内容です!今までにアナログでの再発はありません!


●Bossa Jazz Trio / Bossa Jazz Trio Vol.2 (Fermata / FB-133 / 1966 / Brazil)

65年に7”のみでリリースされた激レア・トラック “Vamos Embora Uau”でも知られるAmilson Godoy (Piano) , Jurandir (Bass), Zé Roberto (Drum)によるジャズボサ・トリオBossa Jazz Trioによる66年2ndアルバム。冒頭のブラジリアン・クラシックスである”Canto de Ossanha”のダンサブルなキラー・ヴァージョンから最高で、美しい哀愁のメロディーが最高な”Deixa”、同じくブラジリアン・クラシックスのカヴァー”Sonho de Um Carnaval”、キラーなブラジリアンジャズ”Vim de Santana”、アフロキューバン・スタイルのSambossa 5ヴァージョンでもお馴染みの名曲”Zero Hora”、エンディングを飾る”Labareda”等、最高の内容です!!!コンディションの良い盤は既に値段上昇してます!今までにアナログでの再発はありません!


●Balanço Trio / Casa De Bamba (Imperial / IMP 30 158 / 1969 / Brazil)

古くからMilton Banana Trioの変名?とも言われている詳細不明のジャズボサ・トリオBalanço Trioによる69年2ndアルバム。2011年にSoul Jazz Recordsからリリースされたブラジル・コンピレーション”Bossa Jazz: The Birth Of Hard Bossa, Samba Jazz And The Evolution Of Brazilian Fusion 1962-73”に収録され人気となった”Zazueira”は美しい演奏でのキラーなボサジャズ・ヴァージョン!!!その他にも”O Conde”、”Que Pena”、”Corrida De Jangada”、”Silvia Lenheira”、”ada Tereza”、”Waves”等々、ブラジルの有名曲カヴァーも織り交ぜた素晴らしいボサジャズ・サウンドをアルバムを通して披露している傑作アルバムです。コンディションの良い盤は既に値段上昇してます!こちらは美品です!今までにアナログでの再発もありません!


●Balanço Trio / Ritmo... Bossa... Balanço (Imperial / IMP 30.076 / 1965 / Brazil)

古くからMilton Banana Trioの変名?とも言われている詳細不明のジャズボサ・トリオBalanço Trioによる65年1stアルバム。冒頭のEdu Lobo作のSambrasa Trioによるカヴァーでも知られる”Aleluia”から素晴らしいジャズボサを披露し、Baden Powell & Vinicius de Moraes作の”Consolação” & 素晴らしすぎるキラーなカヴァー・ヴァージョン“Berimbau”、クールなサンバジャズな”Garôta Moderna”、名曲”Balanço Zona Sul”からのSide-Bの心地良い流れも含めてアルバムを通して聴けるナイス・アルバムです。オリジナル・ブラジル・モノ盤です。


●Elis Regina / Elis (Philips / P 765.001 P / 1966 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる66年作にして名盤。本作は当時21歳であった彼女高く評価される事となる出世作品ともいえる一枚で、今や数多い彼女の作品の中でも人気のアルバムです。軽快なイントロから素晴らしいブラジリアン・クラシックスにして最高傑作”Roda”、Elisの代表作の一つでもある”Tereza Sabe Sambar”や”Canção Do Sal”を筆頭に、”Samba Em Paz”、”Tem Mais Samba”や、他の美しいメロー曲の数々迄Elis Reginaの魅力が存分に詰まった傑作アルバムです。もちろん66年リリースのオリジナル・ブラジル盤です。


●Wilson Simonal / Simonal (Odeon / MOFB 3643 / 1970 / Brazil)

数多くの名作を生み出したブラジルを代表するシンガーWilson Simonalによる70年作。彼の全盛期でもある時期にリリースされた人気の名盤です。バックにはCezar Camargo Mariano率いるSom Trêsを従えファンキーなサウンドを披露。本作の中でも一番人気は60年代後期のソウルジャズからの影響を強く受けたダンサブルなブラジリアン・ソウルの最高傑作”Sem Essa”。その他の”O Mundo Igual De Cada Um”、”Na Baixa Do Sapateiro”、”Ai Você Começa A Chorar”を始めとした他の収録曲も◎。人気作品ながらアナログでは今までに一度も再発されてません。オリジナル・ブラジル盤です。


●Doris Monteiro / Doris Monteiro (Odeon / MOFB 3622 / 1970 / Brazil)

1950年代からブラジリアン・シンガー/女優として活躍してきたDoris Monteiroによる70年作。数多く存在する彼女のアルバムの中でも人気の一枚。当時主流であったジャズ・テイストのボサノヴァ/サンバを披露。Baden Powell作でElis Reginaのヴァージョンでも有名な”Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaquá)”は彼女のヴァージョンも最高です。その他にも”A Feira”、”Se Você Quiser Mas Sem Bronquear”、”Cafêzinho”、”Communicação”、”Coqueiro Verde”、”A Peteca”等々、アルバムを通して彼女のヴォーカルを堪能出来る全曲素晴らしい内容です。人気作品ながらアナログでは今までに一度も再発されてません。オリジナル・ブラジル盤です。


●Djavan / Alumbramento (EMI / 31C 064 422859 / 1980 / Brazil)

数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる76年1st “A Voz, O Violão, A Música De Djavan”、78年2nd “Djavan”に続く80年3rdアルバム。1st・2ndの流れを汲んだサウンドは、Djavanの名曲”Fato Consumado“と同様のサウンド・ワークで人気の”Aquele Um”を筆頭に、Djavan節全開の”Tem Boi Na Linha”、爽やかなサンバ・トラック”A Rosa”や、ブリージンなメロートラックを多数収録した好内容アルバムです!Djavanサウンドがお好みの方必聴盤です!


●Maria Bethânia Viana Telles Veloso / A Tua Presença (Philips / 6349.001 / 1971 / Brazil)

Caetano Velosoの妹でもあるブラジリアン・シンガーMaria Bethâniaによる71年作。Jorge Ben作の楽曲でゲストにもJorge Benをフィーチャーした”Mano Caetano”はJorge Benサウンド全開のブラジリアン・クラシックス。90年代にはジャズ系のコンピレーションに収録されるなど古くからDJに人気の名作です。その他にもClaudiaのカヴァーでもお馴染みのファンキーな”Jesus Cristo”もナイス・ヴァージョン。その他にも心地良いサンバ”Dia 4 De Dezembro”、メローなイントロからアップリフティングに展開する”Quem Me Dera”等も◎です。オリジナル・ブラジル盤です。


●Simone / Simone (EMI / 31C 064 422879 / 1980 / Brazil)

ブラジルのシンガーSimoneによる80年作。Milton Nascimentのヴァージョンでも人気のLo Borgesのカヴァー作品にしてブラジリアン・クラシック”Para Lennon E McCartney”をダンサブルなブギー・アレンジで披露した人気作品。Especialお薦めの素晴らしいヴァージョンです!軽快でダンサブルなサンバ・トラック”Rainha Morena”も◎です!オリジナル・ブラジル盤です。


●Simone / Cigarra (EMI / 31C 064 421089D / 1978 / Brazil)

ブラジルのシンガーSimoneによる78年作。Alex from Jazzanova等もプレイしていた”A Sede dp Peixe”はファンキーなベースラインとアップリフティングなギタープレイで盛り上がる極上のMPBクラシックスです。そに他にも”Coisas De Balada”、”Então Vale A Pena”辺りを始めとした美しいメロー・トラックや、レイドバックしたソウル・トラック”Petúnia Resedá”辺りも◎の好内容アルバムです!オリジナル・ブラジル盤です。


●Simone / Quatro Paredes (EMI / 31C 064 421037 / 1985 / Brazil)

ブラジルのシンガーSimoneによる74年3rdアルバム。Marcos Valle, Milton Banana Trio, Wilson Simonal, Leny Andrade, Elza Soares, Som Três, Evinha, Antonio Adolfo & A Brazuca, Silvio Cesar, Milton Nascimento, Claudia等の数々の名作を手掛けたMilton Mirandaをプロデューサーに、Tamba Trio等のピアニストLuiz Eçaがオーケストラ/コンダクターを担当。João Boscoによる名曲のカヴァー”De Frente Pro Crime”を筆頭に、”Baião Do Coração”、”Quatro Paredes”、” Saudade Mata A Gente”等々、Simoneの歌声とサウダージ感溢れる美しいメローサウンドで構築されたアルバムです。本作はEMIからのオフィシャル2ndプレスとなる85年盤ですのでお手頃価格です。

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page