中古盤商品更新:2022.05.19



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.05.19】


GW後の新商品入荷は未だございません。。。

間も無く〆切の予約商品のみオーダーお忘れなく!


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週はブラジリアン・タイトルを紹介してます!

定番のブラジリアン・クラシックスをメインにお薦めばかりですので是非チェックを!!!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Marito & Banda Cooperativa / Companheiros (Not On Label / 803.253 / 1985 / Brazil)

レア盤です!!!ブラジリアン・ギタリストMarito CorreaことMaritoによる85年唯一の自主制作アルバム。マイナー・リリースながらJoyceとの共演でもお馴染みのTutty MorenoやNelson Ângelo等の強力ミュージシャンが参加。収録曲”Bom à Beça”は沖野好洋が"KYOTO BRAZILIAN MUSIC CONFERENCE"でプレイしテイた極上トラック。ブラジリアン・リズムにファンキーなベースラインが絡み、軽快なフルートがメロディーを奏でるビューティフル・サウンド。その他にも美しいボサ・フュージョン”O Vento Nas Folhas”や”Equador”辺りも素晴らしいです。マイナー・リリースなのであまり市場に出ないレア・アルバムです。盤面/ジャケット共にコンディション◎です!


●Salinas / Paz Amor E Samba (Copacabana / CLP-11683 / 1972 / Brazil)

サンパウロ出身のピアニストDaniel SalinasによるSalinas名義での72年2ndアルバム。男女コーラスがフィーチャーされたサンバやブラジリアン・ポップ/ソフトロック的作品が収録。中でもお薦めは、古くからDJクラシックスであるAntonio Carlos & Jocafiのヴァージョンでもお馴染みのサンバ・ダンサー”A Morte Do Amor”。このSalinasのヴァージョンもクラブ映えする最高な作品です!そして、Jorge Benの楽曲でOs Originais Do Sambaのアルバム”Exportacao”に収録されたヴァージョンでもお馴染みの”Tenha Fé Que Amanhã Um Lindo Dia Vai Nascer”も素晴らしいキラー・ヴァージョンで披露しています。その他にも”Ilê-Ayê”、”Deus Me Perdoe”、”Martim Cererê”等、アップリフティングなサンバからメローなブラジリアン・ポップ迄素晴らしい楽曲の数々が収録。


●Marcos Valle / Estrelar c/w Fogo Do Sol (Som Livre / 401.6155 / 1983 / Brazil)

説明不要のブラジリアン・アーティストMarcos Valleの83年アルバム”Marcos Valle”からの7カット”。Leon Wareとの共作で人気のブラジリアン・ブギー/AORの傑作”Estrelar”収録の7”です!c/wには同アルバムからメロー・ブラジリアン・ソウル”Fogo Do Sol”が収録。c/wには同アルバムからメロー・クラシックス”Fogo Do Sol”を収録。既にアルバムは再発等でお持ちの方もおられると思いますが、コレクターの方はこのジャケット付きの7”も是非持っておいて下さい!中古盤市場では現在値段も更に上昇中で今後入手困難になる可能性大です!!


●Jogo Trio / Jogo Trio (Copacabana / CLP 11.699 / 1972 / Brazil)

Som TrêsのメンバーでもあったドラマーAntônio "Toninho" PinheiroとベーシストSebastião "Sabá" Oliveira Da Paz、そして Milton Banana Trioの元メンバーであったピアニストCido Bianchiの3人からなるJogo Trioによる72年3rdアルバム。数あるカヴァーの中でも古くから人気の”Aguas De Marco”を筆頭に、軽快なサンバ”Quem Vem La”、フェンダーローズのサウンドも心地いいジャズ・サンバ”Encabulada”、Jorge Ban作でClaudette Soaresのヴァージョンでもお馴染みの”Feitinha P'ro Poeta”等、Tamba Trio辺りのジャズ・サンバ・コーラス物が好みの方は必聴の素晴らしい内容のアルバムです!


●Eliana Pittman / Quem Vai Querer (RCA Victor / 103.0187 / 1977 / Brazil)

サンバの女王Eliana Pittmanによる77年作。60年代からジャズ・サンバ界でトップ・シンガーとして活躍してきた彼女による本作は、Aroop Royのエディット作品でもお馴染みのブラジリアン・クラブ・クラシックス”Quem Vai Querer”が収録。ファットなサンバ・リズムとフェンダーローズのコードワークも彼女のヴォーカルを引き立てます!”O Samba Nas Raízes”、”Nem Tudo Esta Perdido”辺りのメロー・サンバも◎。今迄再発されていませんので是非ブラジル・オリジナル盤で!


●Elis Regina / Como & Porque (Philips / R 765.080 L / 1969 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年の”In London”と同年にリリースした人気アルバム。”In London”のサウンドに近い彼女の全盛期作品といえる最高の内容です。Egberto Gismontiのカヴァー”O Sonho”、Milton Nascimentoのカヴァー”Vera Cruz”、Edú Lôboのカヴァー”Casa Forte” & “Memórias De Marta Saré”、Baden Powellのカヴァー”Canto De Ossanha”、彼女の代表作の一つ”Giro”、名曲”O Barquinho”等々、素晴らしいアレンジで後にブラジリアンの名作となった素晴らしい楽曲が一挙に収録された最高傑作です!ジャケットも素敵ですね。もちろんオリジナル・ブラジル盤です!


●Elis Regina / In London (Philips / 6349 042 / 1982 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年のロンドンで録音した最高傑作にして人気盤。ブラジリアン・ファンクの傑作となった”Se Você Pensa”、数あるカヴァー作の中でもトップ・クラスの極上ヴァージョン”Zazueira”を筆頭に、”Corrida de Jangada”、”Giro”、”Upa Neguinho”、”How Insensitive”等が収録された最高の内容!オリジナルとなるUK盤、同年リリースのオランダ盤、そして日本盤はスーパー・レアで入手困難。各地でリリースされた後発盤ですら値段高騰中。こちらはブラジル盤としては初めてリリースされた82年プレスです。


●Eva / Eva (Odeon / SC-10.069 / 1975 / Brazil)

レア・ベスト盤!!!今や激レア・アルバムとなった”Cartão Postal”でもお馴染みのTrio EsperançaのシンガーEvaことEvinhaによる75年リリースのベスト盤。Marcos Valle作曲のメロー・ブラジリアンの最高峰で、数多くのDJやブラジル・ファンがフェイヴァリットに挙げる名曲”Que Bandeira”が収録。Evinhaのヴォーカルもトラックのアレンジも最高です!他の収録曲も69年デビューアルバム”Eva 2001”、71年”Cartão Postal”、70年”Evinha”、73年”Evinha”、74年”Eva”からチョイス、更にはアルバム未収録で7”オンリーでの作品4曲も加えたスペシャルな内容です。”Que Bandeira”が収録された71年アルバム”Cartão Postal”は今や約6万円以上の価値となり簡単に手が出せない激レア盤ですが、ベスト盤ながら75年作ということで本作も今や中古市場で値段上昇中です。名曲”Que Bandeira”は是非アナログで持っておきたいですね。絵画のようなジャケットデザインも良いですね!


●Sivuca / Live At The Village Gate (Vanguard / VALP 12005 / 1975 / Brazil)

アコーディオン奏者としても知られるブラジルのマルチ・プレイヤーSivucaによる75年ライブ・アルバムにして人気盤。前作となる73年のアルバムに収録されたBill Withersのカヴァー”Ain't No Sunshine”をアップリフティングなライブ・ヴァージョンで披露したDJユースの極上トラック!その他も”Adeus Maria Fulo”、”Berimbau”、”Batucada”を始めとした熱気あふれるライブ・ヴァージョンも◎です!このオリジナル・ブラジル盤は近年値段が上昇してきてますのでお早めに!


●Boca Livre / Bicicleta (Boca Livre / BL-0002 / 1980 / Brazil)

お薦めです!ブラジルの4人組グループBoca Livreによる80年作自主制作盤。ブラジリアン特有の美しいヴォーカル・ハーモニーが素晴らしい極上のMPBアルバム。収録曲“Um Canto de Trabalho”は沖野好洋が"KYOTO BRAZILIAN MUSIC CONFERENCE"でプレイしていた

最高のトラック!軽快なサウンド + 美しいメロディー & ハーモニーでグッときます。他にもB1に収録されアルバム・タイトルにもなっている”Bicicleta”、アコースティックなメロー・トラック"Porto Seguro”等も素晴らしいです!もちろん他の収録曲含めアルバム通してお薦めです!


●Natan Marques & Ricardo Leão / Dois (Som Da Gente / SDG-043/89 / 1989 / Brazil)

Cesar Mariano & Cia.にも所属したブラジリアン・ギタリストNatan Marquesと、ブラジリアン・ピアニストRicardo Leãoによる89年作。ジャケットからは60’s Jazz Sambaの雰囲気が漂っていますが、89年のアルバムでレア盤では無い為に今までスルーされがちであった作品ですが、なんと!良い曲入ってます!一番のお薦めはA2に収録されている”Pai Joaquim”!6/8リズムのパーカッションからTania Maria的Partido Altoリズム、そしてダンサブルなサンバフュージョン・サウンドが混在する極上のブラジリアン・フュージョンです。中盤からのスキャット・ワークはまさにTania Maria的サウンド。フュージョン・サウンドが好みの方は一度チェックしてみて下さい!その他にも爽やかなファンキーフュージョン”Montreal”等も収録。


●Wando / Wando (Beverly / BLP-9094 / 1975 / Brazil)

ブラジルのシンガーシングライターWandoによる75年人気作。ブラジリアン・クラシックスとしてお馴染みの”Nega De Obaluae”が収録!A2に収録される人気のMPB/Sambaトラック”Na Baixa Do Sapateiro”、哀愁のSambaトラック”Xavante, Lagrimas E Poesia”等他の収録も◎な素晴らしい内容のアルバムです。こちらはオリジナル・ブラジル盤です!


最新記事

すべて表示