中古盤商品更新:2022.04.07



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.04.07】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

今週はソウル/ファンク/ジャズ等を中心とした定番+レア盤を紹介してます!

店舗在庫補充用の安価なタイトルもありますので是非。

オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================


●Stone Alliance / Stone Alliance (Happy Bird / B 90048 / 1976 / Germany)

レア盤!ジャズ・サックスプレイヤーSteven Grossman率いるStone Allianceによる76年デビュー・アルバムにしてジャズファンクの最高傑作!!!アルバムのハイライト曲”Sweetie-Pie”はジャズファンク/ブレイクビーツの傑作としてジャズ/レアグルーヴ系のマスターピースでサンプリングネタとしてHip Hop系にも人気のトラックです!その他にも怒涛のパーカッションにスピチュアルなサックスが絡みファンキーに展開する“Vaya Mulatto”、ムーディーなジャズ・トラック”King Tut”、Stevie Wonderの名曲カヴァー”Creepin’”、高速ジャズトラック”Samba De Negro”等が収録!PMからリリースされたUSオリジナル盤はコンディションが良いものだと2万相当の値段となっている激レア・アルバムですが、本作はUS盤と同年にリリースされたオリジナル・ドイツ盤。今や希少のUS盤よりはましですがこちらもレア盤化しています。2016年にTidal Waves Musicからリリースされた再発ですら現在値段が上がっていますのでこの機会に是非76年オリジナル・ドイツ盤を!ちなみにコンディション最高レベル/新品同様の美品です!


●Caroline Peyton / Intuition (Bar-B-Q Records / BRBQ 8 / 1977 / US)

ミシシッピ出身のシンガーソングライターCaroline Peytonによる77年2ndアルバム。注目は2005年にGilles PetersonがLuv N' Haightで手掛けたコンピレーション”Gilles Peterson Digs America (Brownswood U.S.A.)”に収録され、2006年にはArvin Homa AyaがKyoto Jazz Massiveをプロデューサーに迎えてカヴァーした事でも知られるブラジリアン・フィールな人気トラック”Just As We”。ジャジーな心地良いイントロからでボサ展開するサウンドは最高です!その他にもフュージョン・フィールなブギーダンサー”Party Line”、メローなイントロからフュージョン・ファンクな展開を見せる”You Too”等が収録です。海外市場ではコンディションの良いものは今や2万近くの高値になり出している物もありますので是非今のうちに!


●First Gear Featuring Larnelle Harris / First Gear (Myrth / MST-6505-LP / 1972 / US)

白人黒人の混合ファンク/ロック・バンドFirst GearがゴスペルシンガーLarnelle Harrisをフィーチャーした72年デビューアルバム。Carole Kingの名曲をファンク・アレンジでカヴァーした”I Feel The Earth Move”は古くからレアグルーヴ/ソウル系のマスターピース!その他にもロッキーなファンクトラック”Get Happy”、混成ヴォーカルのグルーヴも最高なファンキーソウルや”Ain't No Stoppin”、ストリングスアレンジも素晴らしいミディアム・テンポ”Peace, Peace”、グルーヴィーなソウルトラック"Thank You Very Much”等が収録。オリジナル盤は当時5000枚のみでプレスされたという噂がありレア盤として高価で取引されてきた一枚です。1996年に一度だけ国内盤で再発された事がありますが、こちらはUSオリジナル盤です!


●Renee Geyer / Moving Along (RCA Victor / VPL1-0140 / 1977 / Australia)

オーストラリアのシンガーRenee Geyerによる77年作。Norman Connersがカヴァーした事でもお馴染みのオーストラリア産ソウル・クラシックス”Be There In The Morning”が収録の人気アルバム!他にもファンキーソウル"Tender Hooks”、”Moving Along”、メロートラック”Just To Make Love To You”等を収録した好内容アルバム。2019年にDiplomats Of Soulから”Be There In The Morning”が7”復刻されて現在さらにWantが高まっている名盤です!こちらはオリジナル・オーストラリア盤です。近年国内ではほとんど見なくなりました!

●Renee Geyer Band / Really Really Love You (RCA Victor / VPL1-0120-G / 1976 / Australia)

オーストラリアのシンガーRenee Geyer率いるRenee Geyer Bandによる2ndアルバムとなる77年作のライブレコーディング作品。1995年にLuv N' Haightからのオーストラリアン・ジャズ/ソウル・コンピレーションにも収録された人気のオーストラリア産ファンキーソウル”Really, Really... Love You”はライブ・ヴァージョンで収録。観客との掛け合いも含めた10:35に渡るライブならではのアレンジも最高です!その他は75年の1stアルバム”Ready To Deal”では未発表となっていた楽曲で、Average White Bandのカヴァーとなる極上ファンク”Person To Person”、心地良いメローソウル”It Only Happens”等が収録。もちろん1stプレスのオリジナル・オーストラリア盤です。近年国内ではほとんど見なくなりました!


●Louie Ramirez / Salsa Progresiva (Cotique / LPS 99166 / 1979 / Venezuela)

ラテン/サルサ界の大御所ピアニストにしてマルチプレイヤーLouie Ramirezによる79年作。なんといってもお薦めは、”Love For Sale”的メロディーも最高なラテン・ジャズの傑作で多くのジャズDJ達のフェイヴァリット・ラテン・トラックである”Latin New York”!更には、哀愁のサルサ”Juan Simon”、Barry Whiteのカヴァーであるラテン・ソウル”Sha-La Means I Love You”や、メローな前半から後半はラテン・フュージョンに展開する”Stella By Starlight”、Tito Allenをヴォーカルにフィーチャーしたサルサ・トラック”Sabroso Guaguanco”、ムーディーなヴォーカル・トラック”Unidos Los Dos”等も収録の最高な内容です。ラテン/サルサ系ファンの皆様絶対持っておきたい名作です!こちらはUS盤と同年リリースのVenezuela盤です。


●B&G Rhythm / B&G Rhythm (Polydor / PD-1-6132 / 1978 / US)

ベーシストDonny Beckと、ドラマーSteve Gutierrezによるジャズファンク/フュージョン・バンドB&G Rhythmによる78年1stアルバム。プロデュースはWayne Hendersonが担当。お薦めは、Patrick Forge & Phil Asherによる伝説のパーティー”Inspiration Information”クラシックスの”Hibaros”。キラーなブレイクビーツで幕を開け、ラテン調のキーワークに心地いコーラスワークが絡むラテン・フュージョンの傑作です!その他にもサンバ・フュージョン”Teresa”を筆頭に、スペイシーなフュージョンファンク”B&G Rhythm” & “Earth Light”、ミッドテンポフュージョン”Friends You And I”、ジャズファンク・ブギー”I Know You”等、極上のフュージョン作品が多数収録された素晴らしい内容です!


●Cal Tjader & Carmen McRae / Heat Wave (Concord Jazz / CJ-189 / 1982 / US)

ラテン・ヴィヴラフォ二ストCal Tjaderとジャズ・ヴォーカリストCarmen McRaeの共作である82年作。Poncho SanchezやMark Levine等のミュージシャンも参加したラテン・アルバム。なんと言ってもお薦めはStevie Wonderの名作”Don't You Worry 'bout A Thing”のカヴァー作品。素晴らしいアレンジで極上のラテン・ソウルとなっています。その他も”Evil Ways”、”Speak Law”等のカヴァーや、パーカッシヴ”Love”、更にはDjavanの名曲” Upside Down (Flor De Lis)”、Ivan Linsの”The Visit”等のブラジル作品もラテン・アレンジで披露している極上のメロー作品が収録されたお薦めのジャズ/ラテン・アルバムです。


●The Main Ingredient Featuring Cuba Gooding / Ready For Love (RCA Victor / LPVS-1971 / 1981 / Venezuela)

Cuba Gooding、Tony Sylvester、Luther Simmonのヴォーカル・トリオThe Main Ingredientによる80年作。Shuya OkinoやPatrick ForgeのDJプレイでも知られるブギー・ソウルの最高傑作”Think Positive”が収録。ストリングス/ピアノ/ヴォーカルによるドラマティックなイントロからキックアップするエモーショナルなブギートラックはDJマストなダンストラック。その他にも人気のソウル”Spoiled”、ブギーソウル”Catchin' The Fever”、”Ready For Love”、”With You”、”Makes No Difference To Me”等のメロートラック含め素晴らしい内容のアルバムです!こちらはUS盤の翌年リリースとなったVenezuela盤です。


●Pacific Jam / Pacific Jam (Discomate / DSP-8104 / 1981 / Japan)

土岐英史 & 松岡直也率いるブラジリアン・ユニットPacific Jamによる日本盤のみでリリースされた81年唯一のアルバムにしてジャパニーズ・ブラジリアン/フュージョンの最高傑作!Leon Ndugu Chancler (Dr), Paulinho Da Costa (Per), Byron Miller (Bass), David T. Walker (Gt)等、参加ミュージシャンも最強!更にはゲスト・ヴォーカルにはなんとFlora Purimが参加!古くからDJに人気のダンサブルなブラジリアン・フュージョンでFlora Purimのスキャットが最高な”Antes De Mais Nada”、イントロのギターから素晴らしく、同じくFlora Purimのスキャットも心地いいブラジリアン・クラシックス”Night Trip”、本格的なバツカダ・フュージョン”Pão De Açucar”を筆頭に、全曲最高なブラジリアン/フュージョンを披露した素晴らしいアルバム!話ジャズ/フュージョン系、ブラジリアン系共に持っておくべきアルバム!2001年に日本盤で再発されていますがそちらも今や入手困難。こちらはオリジナルの見本盤で、帯やライナーノーツも付いたコンプリート盤です!

●Shingo Okudaira (奥平真吾) / Maiden Voyage (Express / ETJ-85001 / 1978 / Japan)

”天才小学生ジャズドラマー”と呼ばれた奥平真吾が若干11歳でリリースした78年ソロ・デビューアルバム!市川秀男、本多俊之、水橋孝等の豪華メンバーをバックバンドに迎えた吹き込んだ最高傑作!今や和ジャズの名曲と呼ばれるHarbie Hancockのカヴァー”Maiden Voyage”は市川秀男によるフェンダーローズのサウンドやファンキーなドラム・パートの挿入等でフュージョン色も加えた独自のアレンジが光る好ヴァージョン。更にはMongo Santamaria作曲である数あるジャズ・カヴァーでも知られる”Afro Blue”の極上ヴァージョン、キラージャズ”Nardis”、ストレートアヘッドな疾走感に溢れる”The Eyes Of The Hurricane”等、小学生のプレイとは思えないソロドラムを含め最高のジャズを演じた和ジャズのお薦め盤です!


●Hiroshi Fukumura / Hunt Up Wind (Champagne Records / FIZY 5002 / 1980 / UK)

ジャパニーズ・ジャズを代表するトロンボー二ストHiroshi Fukumuraが78年に日本でリリースしたアルバム”Hunt Up Wind”からUKのChampagne Recordsがライセンス・リリースしたUKオンリーの12”。Sadao Watanabeをフィーチャーした日本産フュージョン・ファンクの傑作”Hunt Up Wind”に加え、Dave Grusin作ラテンテイストのフュージョン・ブギー”Captain Caribe”のアルバム内のハイライト・トラックスが収録された最高のダブルサイダーです。


●Terumasa Hino (日野皓正) / City Connection (Flying Disk / VIJ-4006 / 1979 / Japan)

日本を代表するトランペット・プレイヤー日野皓正による79年作。名作”Black Renaissance”やRoy Ayersのキーボードとしてもお馴染みのHarry Whitakerが参加!一番のお薦めは、Gilles PetersonやKyoto Jazz Massive等のDJプレイや、IncognitoのBlueyがCitrus Sun名義でカヴァーした日本産フュージョン・ブギーの最高傑作”Send Me Your Feelings”。Janice Pendarvis & Lani Grovesnによるヴォーカル/コーラス・ワークも最高です!更には日本産ジャズ・ダンサーとしてもお馴染みのサンバ・フュージョン”Samba De-La Cruz”も収録です!その他にもメローフュージョン”Hino's Reggae”、フュージョン・ブギー”City Connection”、メロー・フュージョン・ファンク”High Tide-Manhattan Ecstasy”等々アルバムを通して素晴らしい内容です。


●Nancy Ames / Spiced With Brasil (Epic / LN 24238 / 1967 / US)

ジャズ/ラテン/フォーク・シンガーNancy Amesによる67年名作。66年のアルバム”Latin Pulse”と共にラテン/ブラジル・サウンドで古くから定番となっているアルバムで、ギターにはLaurindo Almeidaが参加。イントロのアップリフティングなサウンドから最高の”Pow, Pow, Pow (Mas Que Nada)”は数多く存在する”Mas Que Nada”カヴァーの中でもトップクラスとなるDJ達からも人気のヴァージョンです!その他にもラウンジ系ボサ”Love's Like Wine”、ブラジリアン・クラシックスのカヴァー”Laia La Daia (Reza)”等も収録。USオリジナル・Mono盤です!


●Stevie Wonder / Innervisions (Tamla Motown / STMA 8011 / 1973 / UK)

説明不要のStevie Wonderによる73年名作アルバム!ラテン・ソウルの最高傑作”Don't You Worry 'Bout A Thing”、ファンキー・ソウルの名曲”Too High”、”Living For The City”、”Higher Ground”、極上メロー”Golden Lady”等々歴史に残る名曲の数々が収録された名盤です。こちらはUS盤と同年リリースのUK盤です。


●Diana Ross / The Boss (Motown / STML 12118 / 1979 / UK)

ソウル・クイーンDiana Rossによる79年名作アルバム。Ashford & Simpsonがプロデュースを担当。大人気ソウル・ダンサー/ディスコ・クラシックス”The Boss”が収録です。その他にもジャジーなブギートラック”No One Gets The Prize”、アーバンブギー”Once In The Morning”、ミッドテンポ”It's My House”、極上メロー”Sparkle”等を収録した名作です!こちらはUS盤と同年リリースのUK盤です。


●Lena Horne / Nature’s Baby (Buddah Records / BDS 5084 / 1971 / US)

ブルックリン出身のソウルシンガーLena Horneによる71年作。40年代から活躍し数多くの作品を残した彼女ですが、本作はアレンジャーとしてDonny Hathawayが参加した好内容アルバム。中でもお薦めはアルバムの冒頭を飾る”Feels So Good”。古くからレアグルーヴ/ソウル・ファンからも人気のファンキーソウルの傑作です。サビの高揚感も最高です!その他にもPaul McCartneyの楽曲をファンキーにカバーした”Maybe I'm Amazed”、レイドバックしたミッドファンク”Mother's Time”、壮大なストリングスのアレンジをフィーチャーしたゴスペル系ソウルトラック”I Wouldn't have You Any Other Way”等が収録です。


●Narada Michael Walden / Awakening (Atlantic / SD 19222 / 1979 / US)

プロデュースにPatrick Adams, Sonny Burke, Wayne Hendersonが参加したNarada Michael Waldenの79年作。Keni Burke, Carlos Santana, The Brecker Brothers, Bobby Lyle, Airto, The Pointer Sisters等の豪華ミュージシャン達が参加。Shuya Okinoによるカヴァーで再評価された当時ポップチャートにも取り上げられたアーバン・ディスコの名曲”Give Your Love A Chance”が収録!80’調のブギーファンク”I Don't Want Nobody Else (To Dance With You)”等を含めたダンサブルなブギー系のSide-A、高揚感に溢れる極上メローソウル”The Awakening”、メローブギー”Full And Satisfied”等のアーバンなメロー系にまとめられたSide-Bという構成の好内容盤です。

最新記事

すべて表示