top of page

中古盤商品更新:2022.03.24



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2022.03.24】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週はヨーロピアン・ジャズ等の人気アルバムを紹介してます!

オーストラリアやベネズエラ産のお薦め盤も合わせてどうぞ!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Col Nolan Soul Syndicate / Live At Jason’s (Avan-Guard / SVL 501 / 1973 / Australia)

レア・オーストラリアン・ジャズ!!!オーストラリアのジャズピアニストCol Nolan率いるバンドCol Nolan Soul Syndicateによる73年ライブ・レコーディング作品。ライブ盤ながら他のアルバムでは未発表であった作品が収録されたレア・アルバム。お薦めは古くからジャズDJ達にプレイされてきた”What's The Use”!軽快なジャズファンク・サウンドに絶品のコーラス・ワークが絡むヨーロピアン・ジャズ・テイストな洗練されたダンス・ジャズ・トラック。96年にスウェーデンからのブートレグ・コンピ”Cosmic Agogo Volume Three”に収録され話題になったキラー・トラックです!更にはB2に収録されているレイドバックしたヴォーカル・トラックに中盤がスキャット・ジャズに展開する”Medley: Make It With You; You Made Me So Very Happy”等も◎。今まで再発された事も無いレアなオリジナル・オーストラリア盤です!


●Ofrenda (Vytas Brenner) / Jayeche (Discomoda / DCM 955 / 1975 / Venezuela)

ベネズエラ産のレア盤です!!!フュージョン系要チェック盤!Vytas Brenner率いるベネズエラのジャズ/プログレ/ロック・バンドOfrendaによる75年作。そのエレクトリックなシンセサウンドも取り入れたスペイシーなサウンドは、プログレやバレアリック系コレクターにも人気のレア・アルバムですが、なんと言ってもお薦めは、Rainer TrubyやKyoto Jazz Msssiveが古くからプレイしているキラーなメロートラック”Avila”!!!Azymuth的なブラジリアン・テイストを取り入れたサウンドは、スペイシーなアレンジに加えスキャットワークも素晴らしいメロー・フュージョンの傑作トラックです!その他にもファンキーなドラムブレイクも最高なプログレ・ファンク”Sancocho De Medula”、プログレッシヴなキラー変拍子フュージョン”6 Por Electron”、フュージョン・ファンク”Caracas Para Locos”等が収録。2016年にイタリアのBest Recordから復刻もされていますが、こちらはGatefold仕様でのオリジナル・ベネズエラ盤です!!!

●Big Band Gustav Brom / Swinging The Jazz (SABA / B 15122 ST / 1967 / Germany)

旧チェコスロバキアのサックス奏者/コンダクターGustav Brom率いるBig Band Gustav Brom名義での67年名盤。1997年にGilles Peterson & Rainer Trübyが手掛けた人気コンピレーション”Talkin’ Jazz III”に収録されたドイツ産のキラーなジャズ・ワルツの傑作”Waldmädchen”が収録!スロバキアのヴォーカリストHelena Blehárováのスキャット・ヴォーカルも最高なSABA産ジャズの最高傑作です!その他にもスウィンギーなビッグバンド・ジャズ”Contraband”、スリリングなジャズ・トラック”Eigenartige Verwandte”等が収録。2000年に一度再発されていますが、こちらはGatefold仕様でのオリジナル・SABA盤です。ヨーロピアン・ジャズ・ブーム期は高額で取引されていましたが現在は少し落ち着きました。こちらはなかなか見かけないほぼ新品レベルの美品です!是非コレクションに!


●Cast / Cast (Velvet / LPV-1898 / 1980 / Venezuela)

イタリアの7人組ソウル/フュージョン・バンドCastによる80年唯一のアルバム。古くからPatrick Forge等のDJ達にプレイされ、Rainer Truby選曲のBPM110以下をルールとした極上ソウル・コンピ”Soulgliding”に収録された”Sweetness”はNaïmy Hackettのヴォーカルも最高に気持ち良いイタリア産メロー・ソウルの傑作トラック!その他にもファンキー・ソウル”Love Me Babe”、ジャジーなAOR調ソウル”Love Wants To Be”、ヴォーカルも気持ち良い軽快なソウル・トラック”Found The Paradise”、フリーソウル的な”Take A Message”、Brit Funk的サウンドの”Savannah” & ”Mama Sun”等々全曲最高の内容!ヨーロッパの洗練されたサウンドとファンク〜ソウル〜フュージョンのテイストがマッチした素晴らしいアルバムです!ソウル・ファンにもお薦めです!こちらはイタリア盤と同年リリースのベネズエラ盤です。


●Horst Jankowski Quartett / Jankowskinetik (MPS Records / MPS 15273 ST / 1970 / Germany)

ドイツのジャズ・ピアニストHorst Jankowski率いるHorst Jankowski QuartettによるMPSからの70年作。トリオにギターを加えたカルテット編成で極上のジャズを披露した名盤。お薦めは2007年にMPS Recordsからのオフィシャル・コンピレーション”Talkin’ Jazz - Legendary Jazz Grooves From The Black Forest”のCDヴァージョンにのみ収録されていた”Speech Craft”。クールなピアノが主旋律をとり哀愁のサビのメロディーも最高なピアノ・ジャズの傑作。ブラジリアン・タッチの”Black Flower”、美しいメロディーのジャズ・トラック”I’ve Got You Under My Skin”辺りも含め、洗練されたクールなプレイが素晴らしいアルバムです。MPS 1stプレスのオリジナル盤です。盤のコンディション◎の美品です!


●Peter Herbolzheimer Rhythm Combination & Brass / Scenes (Live At Ronnie Scott's Club) (MPS Records / 21 22284-5 / 1974 / Germany)

ルーマニア出身、ドイツで活躍した作曲家 & アレンジャーPeter Herbolzheimerがリーダーを務めたビッグ・バンドRhythm Combination & Brassによる74年ライブレコーディング・アルバム。ロンドンの老舗ジャズ・クラブRonnie Scott's ClubでのライブでDieter Reith, Kenny Clare, Art Farmer, "Sabu" Martinez等も参加。73年にリリースされたアルバム”Waitaminute”に収録されたWeldon Irvineの名作カヴァー”Mr.Clean”はライブヴァージョンで収録!またスタジオ・ヴァージョンとはひと味違ったライブ・アレンジでのヴァージョンも最高です!その他にも洗練されたビッグバンド・サウンドでのキラーなフュージョン・ジャズファンク”Sideways”、Lee Morganの”Sidewinder”的な”Hoops”辺りも◎です。もちろんオリジナル・ドイツ盤です。新品同様の美品です!


●Lee Konitz / Stereokonitz (RCA / PL 31257 / 1977 / France)

シカゴ生まれのジャズ・サックス奏者Lee Konitzがヨーロッパ滞在中の68年にEnrico Rava, Franco D'Andrea, Giovanni Tommaso, Gegé Munari等のイタリアン・ジャズミュージシャン達と吹き込んだ名作アルバム。彼の代表曲でもあるモーダルなジャズワルツの傑作”Five, Four And Three”は本作に収録です!他にも洗練されたフォービート”A Minor Blues”、印象的なフレーズが繰り返されるモーダルな変拍子ジャズ”Take Seven”、Yusef Lateef的な哀愁のメロー・ワルツ・ナンバー"Giovanni D'Oggi”等、洗練されたジャズトラックの数々が収録。今や68年のオリジナル・イタリア盤はコンディションの良い物が2万近くの値段に上昇していますが、本作は77年にジャケット違いでリリースされたGatefold仕様でのフランス盤となります。コンディション◎でほぼ新品レベルの美品です!


●Joe Gallardo / Latino Blue (Sandra Music Production / SMP 2108 / 1980 / Germany)

激レア盤”Sol” (Joe Gallardo & Sol)でもお馴染みUSのトロンボーン奏者Joe GallardoによるドイツのレーベルSandra Music Productionからの80年作。スキャット・ヴォーカルにドイツのシンガーAnne Haigisをフィーチャーした”Sambita”は古くからジャズDJ達がプレイしているドイツ産フュージョン・サンバの傑作トラックです!その他もラテンフュージョンの”Amanecer”、ジャジーなサルサ・トラック”Slidin' Home”、パーカッシヴでダンサブルなラテンジャズ/サルサ”El Brujo”等、素晴らしいフュージョン/サルサ/ラテン・トラックを収録している好内容アルバム。新品同様の美品です!

●Various / Glücklich (Compost Records / COMPOST 004 / 1994 / Germany)

名盤!!!Rainer Trüby選曲による94年リリースの最重要コンピレーション!!!”A Collection Of Rare German Fusion Grooves A Brazilian Flavor”というサブタイトル通り、当時中古盤シーンでも未開拓であったドイツ産ブラジリアン・フュージョン作品を世界に紹介し、Rainer TrübyとCompost Recordsの名前を世の中に広めた最高傑作コンピ。Sunbirds, Namaz, Rainer Pusch Quartet, Kitty Winter Gipsy Nova, To Be, John Thomas, Catch Up, Real Ax Band, Klaus Doldingerと、約28年経った現在でもオリジナル盤を探し続けられているレア作品が多数収録。オリジナル盤を買い集めるには数十万円必要となるキラートラックスが一挙に収録された名作ですのでお持ちでない方は是非!

最新記事

すべて表示
bottom of page