top of page

中古盤商品更新:2021.11.11



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.11.11】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


先週に続き今週も新着のブラジル盤を放出してます!

アルバム & 7”のレア・タイトルを人気盤の再入荷も含め紹介してますので是非チェックを!


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Filo / Origens (Pointer / EP.002 / 1983 / Brazil)

名作!!!ブラジルのシンガーソングライターFilo MachadoことFiloによるによる83年2ndアルバム。Djavanも参加。積極的にブギーやソウルのテイストを取り入れたこのアルバムは昨今のブラジリアン・ブギー・ブームで更に人気盤に。Ed Mottaが手掛けたコンピレーション”Too Slow To Disco Brasil”に収録されたブラジリアン・ブギー”Quero Pouco, Quero Muito”は最高です!(Yoshihiro Okino Play at KBMC)スキャットのキメも心地良いMPBクラシックス”Minorias”、フュージョン・テイストの”Baião Para O Sul”、Djavanをフィーチャーしたブラジリアン・ソウル”Origens”、Djavan的スタイルの”Vale O Escrito”等、全曲素晴らしい内容のアルバムです。


●Filo / Canto Fatal (Pointer / 203.0011 / 1984 / Brazil)

名作!!!ブラジルのシンガーソングライターFilo MachadoことFiloによる84年サードアルバム。MPB, ブラジリアン・ソウルとして多くの人気作品を生み出して来たFilo Machadoですが、本作にはPatrick Forge, Jazzanova, Rainer Truby, Kyoto Jazz Massive等が古くからプレイしているMPBの傑作”Perfume De Cebola”が収録!哀愁のメロディーと後半盛り上がるコーラスでの高揚感は最高です!その他もブギー・トラック“Boca De Dendê”、”O Cão E O Vagabundo”、ラテン・フュージョン”Boca De Dendê”、Djavanばりのメロー・ソウル・トラック”Venha Até Minha Casa”、更には”Arco-Íris Da Paz”、”Buraco”、”Canto Fatal”等々アルバムを通して心地いいMBPやメロー作品等も収録した最高のアルバムです!ブラジル・ファンはマストです!


●Filo / Filo (Chantecler / 2-08-404-102 / 1978 / Brazil)

名作!!!ブラジルのシンガーソングライターFilo MachadoことFiloによる78年デビュー・アルバム。その後の83年”Origens”、84年”Canto Fatal”と共に人気盤です!プロモ盤オンリーでリリースされたレア 7”でもお馴染みのアルバムの中でも人気のブラジリアン・ソウルの傑作”O Polvo”が収録!(Yoshihiro Okino Play at KBMC) 哀愁のメロディー/コードワーク/ヴォーカル & スキャット全てが最高!更にはMBPの人気トラック”Menino Diabo”も古くからDJに人気のブラジリアン・クラシックスです。その他にも”Viver E Sonhar”、”Tigre De Bengala”、“Pindorama”、”Ascensão”等々含め最高の内容です!


●Claudette / Claudette Nº 3 (Philips ‎/ R 765.114 L / 1970 / Brazil)

ブラジリアン・シンガーClaudetteことClaudette Soaresによる70年作。69年の”Feitinha Pro Sucesso….”、同じく69年の”Claudette”と共に彼女の人気盤3部作の中の一枚。Jorge Ben, Erasmo Carlos, Antonio Adolfo, Arthur Verocai, Caetano Veloso, Taiguara, Marcos Valle, Tim Maia等の作品を極上のジャズ・サンバやファンキーなアレンジで披露した素晴らしいアルバム。中でも人気は、Marcos Valleの不屈の名作”Os Grilos”のカヴァー作品。97年にGilles Peterson & Joe Davisが手掛けたTalkin’ Loudからのブラジル・コンピレーション”Brazilica Volume II”にも収録された事でも有名です。他にもJorge Benの楽曲でAntonio Adolfo e A Brazucaの “Transamazônica”的イントロで始まる”Sem Bronquear”や、Kool & The Gangの”Give It Up”のフレーズを引用したファンキーな”Canoeiro”、レイドバックしたファンク・トラック”Não Quero Nem Saber”等、アルバム通して好内容です!


●Leci Brandao / Questao De Gosto (Polydor / 2451 083 / 1976 / Brazil)

人気盤!ブラジルのサンバ・シンガーLeci Brandaoによる76年2ndアルバム。ブラジルの音楽シーンにおいて長年活躍し数多くのリリースがある彼女ですが、本作が彼女のキャリアの中でも最高の1枚。アレンジャーにRoberto Menescal、メンバーにはWilson Das Neves, Mamao (Azymuth)等も参加。基本サンバ・トラック中心で構成された内容ですが、一番のお薦めはダンサブルなファンキー・サンバ・クラシックス”Questao De Gosto”。ファンキーなフェンダー・ローズのプレイと彼女のヴォーカルがマッチした極上の高速サンバ・トラックです!アップ・リフティングなファンキー・サンバの中でも最高傑作といえる素晴らしい作品です。他にも哀愁のサンバ”Maria Bela, Maria Feia”、”Mãos Libertas”、”Deixa Pra Lá”辺りもお薦めの人気作品です。


●Ronald Mesquita E Central Do Brasil / Madalena E Tristeza (Movieplay / SN 20.738 / 1972 / Spain)

レア7”です!!! 73年Barclayからの”Bossa Explosiva”、75年Tapecarからの”Ronie & Central Do Brasil”の2枚のウルトラ・レア・アルバムで知られるRonald Mesquita率いるRonald Mesquita E Central Do Brasilがスペインを拠点としていた時代に吹き込んだスペイン盤それも7”オンリーのレアEP。75年のアルバムに収録されていてもおかしくないRonald Mesquita節全開でのメロー・ヴァージョン”Madalena”はブラジル・コレクターは絶対に持っておかなくてはいけない最高の作品です。(Yoshihiro Okino Play at KBMC) c/wの”Tristeza”もメローなナイス・カヴァーです。アートワーク付きも嬉しいですね。


●Marcos Valle / Estrelar c/w Fogo Do Sol (Som Livre / 401.6155 / 1983 / Brazil)

説明不要のブラジリアン・アーティストMarcos Valleの83年アルバム”Marcos Valle”からの7カット”。Leon Wareとの共作で人気のブラジリアン・ブギー/AORの傑作”Estrelar”収録の7”です!c/wには同アルバムからメロー・ブラジリアン・ソウル”Fogo Do Sol”が収録。c/wには同アルバムからメロー・クラシックス”Fogo Do Sol”を収録。既にアルバムは再発等でお持ちの方もおられると思いますが、コレクターの方はこのジャケット付きの7”も是非持っておいて下さい!中古盤市場では現在値段も更に上昇中で今後入手困難になる可能性大です!


●Robson E Lincoln / Os Temas Instrumentais Da Novela Baila Comigo (Som Livre / 402.6070 / 1981 / Brazil)

ブラジリアン・レア7”!!!ブラジリアン・ブギー・シーンの中核Lincoln Olivetti & Robson JorgeによるRobson E Lincoln名義での81年デビュー作7”。翌年にリリースされ今やブラジリアン・ブギーの名作となったアルバム”Robson Jorge & Lincoln Olivetti”からの先行リリース盤。アルバム内のハイライト・トラックを一挙収録した好内容で、ラテン・フュージョン・テイストの”Baila Comigo”〜”Festa Braba”に繋がるA1、アレンジも最高なブラジリアン・ブギーの傑作”Ginga”、言わずと知れた彼等の代表作品”Aleluia”、ファンキー・ブラジリアン・ブギー”Alegrias”と全曲最高の7”!!!現在市場では1万近い値段がついていますが、Especialでは適正プライスで放出してます!コレクターの皆様見逃し厳禁です!


●Quarteto Em Cy/Tamba Trio / Som Definitivo (Forma / FM 10 / 1966 / Brazil)

ブラジルを代表する4人組のヴォーカル・グループQuarteto Em Cyによる66年Formaレーベルからの3rdアルバム。バック・バンドはLuiz Eçaが率いるTamba Trioが担当した名作アルバム。Jobim & Vinicius De Moraesによる名曲を美しいハーモニーで歌った”Agua De Beber”、Gilberto Gilの名曲を胸を打つ美しいコーラスワークで歌った”Vim Da Bahia”を筆頭に、”Zambi”, “Arrastão”等々Tamba Trioの洗練されたジャズ・ボサ & ボサノヴァ・サウンドと彼女達の素晴らしいヴォーカル・ワークがマッチした最高の内容です。お洒落なアートワークも良いですよね。Mono盤/ペラジャケットのブラジル・オリジナル盤です!少しプチノイズの箇所もありますが60年代のブラジル盤にしてはコンディション◎です!数年前に再発もリリースされましたがジャケットの質感等全く違います!是非コレクションに!


●Tamba 4 / Samba Blim (A&M Records / A&M-2031 / 1969 / Brazil)

Luiz Eça率いるジャズ・ボサ・トリオTamba Trioの別ブロジェクトTamba 4による69年2ndアルバム。何と言ってもお薦めはブラジリアン・クラシックスとしてもお馴染みの”Samba Blim”。得意のジャズ・サンバ・サウンド + 哀愁のコーラスワークで盛り上がる最高の曲です!その他もこちらもフルートがフィーチャーされた人気のジャズ・サンバ”Palladium”、Edu Loboの名曲カヴァー”Reza”、ダンサブルな”São Salvador”、”Slick”、”Pregão”等を含めたお洒落な作品が並ぶ好内容アルバム。近年US盤も値段上昇傾向にありますが、こちらは重量盤でプレスされたブラジル盤です!この年代のブラジル盤特有のビニール・パック仕様も嬉しいですね!


●Djavan / Luz (CBS / 25224 / 1982 / Netherlands)

人気盤!!!数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。レコーディングにはStevie Wonder, Ronnie Foster, Hubert Laws, Paul Jackson Jr, Harvey Mason, Jorge Dalto等USミュージシャンも参加。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックスの最高峰”Samurai”収録!他のメローなブラジリアン・ソウル・トラック”Luz”、”Capim”、”Sina”、”Minha Irmã”等も最高です。本作はブラジル盤と同年リリースのオランダ盤です。


●Sivuca / Live At The Village Gate (Vanguard / VSD 79352 / 1975 / US)

アコーディオン奏者としても知られるブラジルのマルチ・プレイヤーSivucaによる75年ライブ・アルバムにして人気盤。前作となる73年のアルバムに収録されたBill Withersのカヴァー”Ain't No Sunshine”をアップリフティングなライブ・ヴァージョンで披露したDJユースの極上トラック!その他も”Berimbau”や”Batucada”を始めとした熱気あふれるライブ・ヴァージョンも◎です!近年、同年リリースのブラジル盤は値段が上昇してきてますが、US盤の本作はまだ少し安めで入手出来るので今のうちに!コンディションも◎の美品です!


●David Benoit / Life Is Like A Samba c/w Los Angeles (AVI Records / AVI-12-284-D / 1979 / US)

ジャズ/フュージョン・ピアニストDavid Benoitの77年デビューアルバム”Heavier Than Yesterday”からの12”カット。US産ブラジリアン・フュージョンの傑作”Life Is Like A Samba”が収録!アルバム・ヴァージョンは3:55ですが、こちらの12”にはRick Gianatosが手掛けた5:55のフル・ヴァージョンでの収録です!c/wには同アルバムからフュージョン・ファンク・トラック”Los Angeles”が収録。ジャズ/ブラジリアンDJは是非持っておきたい一枚ですね!


●Kate Ceberano / Love Dimension c/w Like Now (Regular Records / K 820 / 1989 / Australia)

オーストラリアのシンガーソングライターKate Ceberanoによる89年Limited Editionでリリースされた7”!Side-Aには同年にリリースされたアルバム”Brave”からのカット”Love Dimension”が収録となっていますが、注目は当時この7”のみに収録されたSide-Bの”Like Now”!!!2016年にJazzanovaが手掛けたコンピレーション”Paz E Futebol 2”に収録され一気に注目が上がった、Rainer TrubyやKJMが古くからプレイしているオーストラリア産キラー・ブラジリアン・ヴォーカル・ジャズ!国内でもあまり見かけないある意味レアな7”です!90年にKate Ceberano And Her Sextet名義のアルバムに収録されましたが、これは是非7”で持っておきたいですね。


●Alive! / City Life (Alive! Records / 543 / 1982 / US)

サンフランシスコのフィーメール・ジャズ・バンドAliveによる自主レーベル”Alive! Records”からの82年サード・アルバム。1993年にコンピレーション”London Jazz Classics”に収録され、今やアメリカ産のブラジリアン・フュージョン・クラシックスとなったViva Brazilのカヴァー曲”Skindo Le Le”が収録。Viva Brasilヴァージョンとは一味違うアップ・リフティングな人気のカヴァーです。パーカッシヴな高速ジャズ・ヴォーカル曲”City Life”、スキャット・ジャズ”Four”等他の曲も含め好内容です。今までに再発された事はありません!最近見かけなくなったのでブラジリアン・ファンの方は今のうちに!


●R.E.Q / Casa Forte c/w Valparaiso (Passion / PASH 12 37 / 1984 / UK)

なんと!!!UKのレゲーバンドUB40による変名ユニットでヴォーカルもUB40のAli Campbellが務めるバンドR.E.Qによる唯一の12”リリース。それも驚きのEdu Loboによる名曲ブラジリアン”Casa Forte”をカヴァー!2000年初頭にジャズDJ達によって発掘され、Rainer Trubyによるブラジリアン・フュージョン・コンピ”Glücklich V”にも収録された事で有名に!疾走感に溢れるパーカッシヴなトラックにジャジーなピアノやギター、そしてAli Campbellのよるヴォーカルも最高な高速ブラジリアン・ダンサー!Side-BにはこちらもまさかUB40作品とは思えないフュージョン・ブギー”Valparaiso”が収録!レア盤ではありませんがなかなか見かけないマイナー12”です!


最新記事

すべて表示
bottom of page