top of page

中古盤商品更新:2021.08.05



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.08.05】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週は定番のBOOGIE SOUL 7”を中心に紹介してます。

毎回すぐに在庫切れでご迷惑をおかけしてますが、人気盤の再入荷商品もありますので是非チェックを。


オーダーはこちらから↓


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Rose Royce / Still in Love c/w Fire In The Funk (Epic / 14-02996 / 1982 / US)

Rose Royceの82年作アルバム”Stronger Than Ever”からの7”カット。Shuya Okinoのカヴァーでもお馴染みブギー・ソウルの傑作”Still In Love”を収録。ドラム・フィルから始まる7”ヴァージョンはDJユースです。c/wには同アルバムに収録のブギー・ファンク”Fire In The Funk”が収録。12”はプロモ盤オンリーでレア盤ですが7”もあまり見ないです。


●Inner Life / I’m Caught Up (In A One Night Love Affair) c/w You Got Me Dancing (Prelude Records ‎/ OOX-439 / 1980 / Spain)

Jocelyn Brownが在籍したInner Lifeによる79年ファースト・アルバムにしてディスコの名盤”I’m Caught Up (In A One Night Love Affair)”からの7”カット。説明不要のPatrick Adamsが生み出した永遠不滅のダンス・クラシック”I’m Caught Up (In A One Night Love Affair)”が7”ヴァージョンで収録。c/wには同アルバムから”You Got Me Dancing”が収録。(ジャケット付きスペイン盤)


●Prince / I Wanna Be Your Lover c/w Just As Long As We're Together (Warner Bros. / K 17537 / 1979 / UK)

説明不要のスーパースターPrinceによる79年傑作アルバム”Prince”からの7”カット。Princeの名曲でありながらディスコ/ブギー・クラシックスとて大人気の”I Wanna Be Your Lover”が収録。DJユースな7”ヴァージョンです。c/wには77年のデビュー・アルバム”For You”から軽快なブギー・ソウル”My Love Is Forever”が収録された素晴らしい内容のダブル・サイダーです!


●Donald Byrd / Thank You For Funking Up My Life c/w Loving You (Elektra / ELK 12 321 / 1978 / Germany)

巨匠ジャズ・トランペッターDonald Byrdによる78年のアルバム”Thank You … For F.U.M.L.”からの7”カット。ストリングス・アレンジも最高なフュージョン・ブギーの傑作”Loving You”を収録。c/wには同アルバムからブギー・ファンク”Thank You For Funking Up My Life”を収録。ドイツ盤オンリーとなるピクチャー・スリーヴも最高ですね。(ジャケット付きドイツ盤)


●Syreeta / To Know You Is To Love You c/w Happiness (Tamla Motown / M-5130 / 1972 / Spain)

ソウル・シンガーSyreetaによる72年アルバム”Syreeta”からの7”カット。プロデュースはStevie Wonderが担当した名作。ヴォーカルにStevie Wonderが参加しSyreetaとのデュエット、フェンダーローズの鳴りが最高なファンク/ソウルの最高傑作”To Know You Is To Love You”を7”ヴァージョンで収録。c/wには同アルバムからソウル・トラック”Happiness”が収録。(ジャケット付きスペイン盤)


●Players Association / Turn The Music Up c/w Goin' To The Disco (Vanguard / VS 5011 / 1979 / UK)

Theo Parrish等のプレイでもお馴染みPlayers Associationによるブギー・クラシック”Turn The Music Up”収録の79年同名アルバムからの7”カット。c/wには”Goin' To The Disco”が収録。(ジャケット付きUK盤)


●Madeline Bell / Dance, Dance, Dance c/w That’s The Way (I Like It) (Pye Records / P.1.023 / 1976 / Spain)

Blue Minkのヴォーカルとしても活躍したソウル・ディーヴァMadeline Bellの76年アルバム”This Is One Girl”からの7”カット。当時この”Dance, Dance, Dance”はUK盤とスペイン盤のみでリリースされましたが、c/wに収録の”That’s The Way (I Like It)”はスペイン盤のみに収録!それも唯一のアートワーク・スリーヴです!アルバムではブラジリアン・ソウルの”That's What Friends Are For”が一番人気ですが、ブギー/ディスコ系には本作に収録されているK.C. & The Sunshine Bandの傑作ディスコ”That’s The Way (I Like It)”がお薦めです!サウンドはK.C. & The Sunshine Bandに近いですがMadeline Bellのソウルフルなヴォーカルはある意味オリジナル以上に素晴らしいです!(ジャケット付きスペイン盤)

●Pleasure / The Real Thing c/w Nothin' To It (Fantasy / 882 / 1979 / US)

ファンク/ディスコ・バンドPleasureによる79年アルバム”Future Now”からの7”カット。ブギー・ソウルの傑作”Nothin' To It”が収録!!!c/wには同アルバムから人気のファンキー・ソウル”The Real Thing”が収録された好内容ダブルサイダー。


●Tom Browne / Funkin' For Jamaica (N.Y.) c/w Her Silent Smile (Arista GRP / ARIST 357 / 1980 / UK)

数多くのディスコ作品でもお馴染みのジャズ・トランペット奏者Tom Browneの80年アルバム”Love Approach”からの7”カット。説明不要のブギー・クラシックス”Funkin' For Jamaica (N.Y.)”が収録。c/wには同アルバムからメロー・インスト”Her Silent Smile”が収録。


●Peter Brown / Dance With Me c/w For Your Love (T.K. Records / TKR S 6027 / 1978 / Germany)

シンガー・ソング・ライターPeter Brownによる77年デビューアルバム”A Fantasy Love Affair (Do You Wanna Get Funky With Me?)”からの7”カット。大ヒットとなったアルバムのハイライト曲でBetty Wrightもコーラスで参加した”Dance With Me”も収録ですが、なんと言ってもお薦めはPatrick ForgeやJazzanovaがプレイしていたメローソウルの最高峰”For Your Love”。Sonar KollektivのClara HillもJazzanovaプロデュースでカヴァーしていた名曲です!。(ジャケット付きドイツ盤)


●T.S. Monk / Candidate For Love c/w The Last Of The Wicked Romancers (Mirage / K 11648 / 1980 / UK)

ジャズ・ピアニストThelonious Monkの息子としても知られるT.S.Monkによる80年のアルバム”House Of Music”からの7”カット。Gilles PetersonからNYハウスDJまでがフェイヴァリットに挙げていたブギーの傑作”Candidate For Love”が収録。c/wには同アルバムからメロー・トラック”The Last Of The Wicked Romancers”を収録。(ジャケット付きUK盤)


●Vicky D / This Beat Is Mine c/w This Beat Is Mine (Instrumental) (SAM / VS 486 / 1982 / UK)

Vicky D名義でのアルバムは未発表ながら81年Sam Recordsからリリースされたアーバンなブギー・ソウルの傑作 “This Beat Is Mine”の7”。KONによるエディットも話題となった人気のブギー・クラシックス。c/wには“Instrumental”ヴァージョンが収録されたDJには嬉しい内容です。


●Gladys Knight & The Pips / Bourgie', Bourgie c/w Get The Love (CBS ‎/ S CBS 9081 / 1980 / UK)

ソウル・シンガーGladys Knight率いるグループGladys Knight And The Pipsによる80年アルバム”About Love”からの7”カット。プロデュース & アレンジにはAshford & Simpsonを迎え、Eric GaleやRalph MacDonald等のフュージョン・ミュージシャンがバックを担当。Ashford & Simpsonのカヴァーでダンス・クラシックス”Bourgie', Bourgie’”はGladys Knight & The Pipsのヴァージョンも最高です。c/wには同アルバムから”Get The Love”が収録。


●Earth Wind & Fire / Fantasy c/w Runnin' (CBS / CBS 6294 / 1978 / Spain)

説明不要のソウル・ディスコ・バンドEarth Wind & Fireによる77年名作アルバム”All 'N All”からの7”カット。彼等の代表作とも言えるディスコ・ヒット”Fantasy”収録の7”ですが、なんとc/wにはDJ達のマスターピースであり、某大御所DJのエディットも有名な人気曲”Runnin’”が収録!アルバムでは”Brazilian Rhyme (Interlude)”と繋がっていますが、本作では”Runnin’”パートのみの7”ヴァージョンで収録です。(ジャケット付きスペイン盤)


●Mass Production / Welcome To Our World (Of Merry Music) c/w Just A Song (Atlantic,Hispavox / OT 45-1478 / 1977 / Spain)

ファンクバンドMass Productionの76年記念すべきファースト・アルバム”Welcome To Our World”からの7”カット。言わずと知れたブギー・ファンクの最高傑作”Welcome To Our World”が7”ヴァージョンで収録。c/wには同アルバムから極上のメロー・トラック”Just A Song”が収録。(ジャケット付きスペイン盤)


●Billy Griffin / Hold Me Tighter In The Rain c/w Understand (CBS / CBS A2935 / 1982 / UK)

Miraclesのリードヴォーカリストとしても知られるBilly Griffinの82年作”Be With Me”からの7”カット。Kyoto Jazz Massiveを始め多くのDJ達がプレイする極上のアーバン・ブギー”Hold Me Tighter In The Rain”が収録。心地いいファルセット・ヴォイスでのサビは高揚感に溢れる最高の展開です。c/wには同アルバムからブギー・ソウル”Understand”を収録の好内容ダブルサイダーです。(溝が浅いので針を重めでプレイして下さい。)


●Brenda Russell / Piano In The Dark c/w In The Thick Of It (A&M Records ‎/ USA 623 / 1988 / UK)

シンガーソングライターBrenda Russellの2つのアルバムからの人気トラックを収録した7”カット。なんといってもお薦めは79年のアルバム”Brenda Russell”からの収録となったJoey Negro/The Sunburst Bandがブギー・カヴァーしていた極上メロー・トラックの最高峰”In The Thick of It”。冒頭のフェンダーローズのプレイから最高です!他には88年のアルバム”Get Here”から”Piano In The Dark”と”This Time I Need You”が収録です。(アートワーク付きUK盤)


●Light Of The World / Time c/w I’m So Happy (Ensign, Mercury ‎/ MER 64 / 1980 / UK)

IncognitoのBlueyも在籍していたBrit Funkシーンの中核バンドLight Of The Worldによる80年2ndアルバムにして名作”Round Trip”からの7”カット。カッティング・ギター、ホーン・アレンジ、そして彼等のコーラスワークも最高なアップリフティングなUK産ジャズ・ファンク・ブギーの傑作”Time”が収録。12”のRemixヴァージョンも良いですが7”でも是非。c/wには同アルバムからこちらも最高なメロートラック”I’m So Happy”を収録。


●Surface Noice / The Scratch c/w Alternative Version (WEA / K 18291 / 1980 / UK)

Chris Palmer率いるBrit FunkバンドSurface Noiseによる81年唯一のアルバム”The Scratch”からの80年先行7”カット。Sadar Baharのプレイでも知られるUK産フュージョン・ブギーの傑作”The Scratch”はLoft Classicsとしても古くからDJ達にプレイされ続けているダンス・クラシックス。フュージョン・テイストのキーボード・ワーク、シンセとスキャットのユニゾン等含めジャジー!c/wには”Alternative Version”が収録。お薦めです!


●Beggar And Co. / (Somebody) Help Me Out / c/w Rising Sun (Ensign / ENY 201 / 1981 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドBeggar And Co.による81年リリースの名盤”Monument”からの7”カット。後にはLight Of The WorldやThe Funk Jazz Collectiveとの共作も手掛ける彼等ですが、本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”(Somebody) Help Me Out”が収録。c/wはアルバムには未収録のUKブギー・フュージョン”Rising Sun”が収録。Brit Funkの名曲です!


●Real Thing / Can You Feel The Force c/w Children Of The Ghetto (Pye Records ‎/ 7N 46147 / 1979 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドReal Thingによる78年リリースの名盤”Step Into Our World”からの12”カット。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”Can You Feel The Force”が収録。c/wにはこちらもUK産メローソウルとして人気の”Children Of The Ghetto”が収録された最高の内容。(ジャケット付きUK盤 / イエロー・ヴァイナル)


●Linx / You’re Lying c/w Instrumental (Chrysalis / CHS 2461 / 1980 / UK)

David GranとPeter MartinのBritish Soul FunkユニットLinxによるデビューアルバム”Intuition”からの7”カット。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”You’re Lying”が収録。イントロのスキャット・ワークから最高なUK産ブギー・ソウル・トラック!12”ロング・ミックスでの収録です。c/wにはアルバムに未収録のInstrumentalヴァージョンも収録。


●Second Image / Can’t Keep Holding On c/w Images (Polydor / POSPX 336 / 1981 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドSecond Imageによる81年リリースの名盤”Second Image”からの12”カット。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたブラジリアン・テイストのBritish Smooth Jazz傑作”Images”がこの12”にエクスクルーシヴで収録。ブラジリアンなサウンドが心地いい素晴らしい作品です。c/wにはアップ・リフティングなBrit Funkクラシックス”Can’t Keep Holding On”を収録した最高の内容です。


●Shakatak / Brazilian Love Affair (Inside Out / 12 INZ 2 / 1994 / UK)

80年代から活躍するブリティッシュ・ジャズ・ファンク/フュージョン・バンドShakatakによる1994年アルバム”Full Circle”からの12”カット。なんとGeorge Dukeの名曲”Brazilian Love Affair”をカヴァーした人気作品。GuestミュージシャンにキーボーディストDon Grusin、そしてパーカッショニストにラテンDJとしてもお馴染みのSnowboyが参加。なんといってもオススメはGeorge Dukeのオリジナルに忠実ながらShakatakサウンドでアレンジした”Album Version”。更には美しいピアノのイントロで始まるハウス・ミックス”The Steve Mac Mix”、ラテン調のアレンジが強調された”Dub Affair - The Steve Mac Mix”も収録です。




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page