top of page

中古盤商品更新:2021.05.20



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.05.20】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

今週はヨーロピアンに加え久々にジャズ、ソウル、ブギーの定番アルバムも紹介してます。

是非チェックしてみて下さい!

オーダーはこちらから↓

ESPECIAL RECORDS

===================================

●Peter Herbolzheimer Rhythm Combination & Brass & Inga Rumpf / Hip Walk (Polydor / 2371 704 / 1976? / Germany)

ルーマニア出身、ドイツで活躍した作曲家 & アレンジャーPeter Herbolzheimerがリーダーを務めたビッグ・バンドRhythm Combination & Brassによる76年アルバム。ヴォーカルにInga Rumpfをフィーチャーした最高のドイツ産ファンク/ソウルな内容。Gilles Petersonによる名コンピレーション”Talkin' Jazz (Themes From The Black Forest)”の冒頭を飾ったMPS産ファンキー・フュージョンの傑作”Hip Walk”が収録の人気アルバム。その他にもHerbie Hancockのカヴァー”Butterfly”、Stevie Wonderのカヴァー”Superstition”、Al Jarreauのカヴァーであるファンキー・ソウル”Spirit”等も収録!その他の曲も◎です!(こちらは同年か翌年頃にリリースされたと言われているレーベルカラーのみ違う2ndプレスですが、中古盤市場ではオリジナルとほぼ同じ価値で取引されています。)


●John Thomas & Lifeforce / Devil Dance (Nabel / NBL 8001 / 1980 / Germany)

“Like A Samba”でお馴染み数多くのジャズ・アーティストのサポートメンバーとして活躍したギタリストJohn ThomasがドイツのNabelレーベルに残したJohn Thomas & Lifeforce名義での80年アルバム。同レーベルで活躍したヴォーカリストMonika Lingesのスキャットをフィーチャーしたブラジリアン・フュージョン”Maryke”は“Like A Samba”と並ぶ彼の代表作。アルバムの冒頭を飾るブラジリアン/ラテン・フュージョン”Devil Dance”、ボサ・フュージョン”Seven Kinds Of Jewels”、キラージャズの”Vector”等も◎。もちろんオリジナル・ドイツ盤です。


●Monika Linges Quartet / Songing (Nabel / BL 8415 / 1984 / Germany)

John Thomas & Lifeforceの作品にも参加したドイツのジャズ・ヴォーカリストMonika Lingesが率いるMonika Linges Quartetによる84年2ndアルバム。1stアルバム”Floating”に収録された”Running”でも人気ですが本作も◎。スピリチュアルなヴォーカルが心地良いジャズ・ヴォーカル作品”Song Of Changes”、ダンサブルなブラジリアン・ジャズ”Samba De Coração”、そして何と言ってもファットなジャズ・ドラムとMonika Lingesのスキャットが冴え渡るダンス・ジャズ・トラック”Courage”が最高です!もちろんオリジナル・ドイツ盤です。


●Hal Singer / Paris Soul Food (King Records / KSD-1075 / 1969 / US)

USのジャズ・サキソフォニストHal Singerによる69年名作アルバム。当時フランス滞在中にレコーディングされた本作は、Polydorからのフランス盤と同時にUS盤がJames Brownが手掛けたKing Recordsからリリース。数多くのサンプリングとしても使用されたジャズ・ファンク/レア・グルーヴの名曲”Malcolm X”が収録!ファンキーなベースラインとドラム・ワーク、そしてHal Singerのサックス・プレイが光る最高傑作です!その他にもソウル・ジャズ”Paris Soul Food”、Booker T. & M.G.sの名曲カヴァー”Green Onions”、Dusty Springfieldの名曲カヴァー”Son Of A Preacher Man”等が収録。一時期コピージャケット的なブートレグ盤での再発が出回った事もありますが是非USオリジナル盤で!


●Surface Noise / The Scratch (Groove Production / AWLP 02 / 1981 / UK)

Chris Palmer率いるBrit FunkバンドSurface Noiseによる81年唯一のアルバムとなるレア作品。Sadar Baharのプレイでも知られるUK産フュージョン・ブギーの傑作”The Scratch”が収録!!!”The Scratch”はWeaから12” & 7”がリリースされ当時から市場に出回りましたが、このアルバムはChris Palmer主宰のプライベート・レーベルGroove ProductionからのみのリリースとなりBrit Funk作品の中でもレア・アルバムでほとんどお目にかかりません!その他にもBrit Funk節前回のダンス・トラック“Dancing On A Wire”、Joey Negro選曲の”BACKSTREET BRIT FUNK”にも収録されたラテン・テイストな”Zero One”、前年にThe Scratsch Bandという名義で12”カットされたブギー・ファンク“Your Place Or Mine”も収録された最高のアルバムです!STR4TAのリリースに合わせ是非聴いて頂きたいBrit Funk Classicsです!


●Roy Ayers / Africa, Center Of The World (Polydor / PD-1-6327 / 1981 / US)

数多くの名作を生み出したRare Groove界を代表するヴィヴラフォ二ストRoy Ayersによる81年作。ほぼ毎年アルバム・リリースを重ねヒット作品を量産したある意味全盛期にリリースされた本作は、80年に手掛けたFela Kutiとの共演からの影響もあったのかアフリカ回帰をコンセプトにアフリカン・ファンクからブギー・トラックまで素晴らしい楽曲を披露。中でもお薦めはジャズ/クロスオーヴァーDJ達にも人気のブギー・クラシックス”Land Of Fruit And Honey”。その他にもアフリカン・ファンク”Africa, Center Of The World”、インスト・ブギー”Destination Motherland”、Roy Ayers節全開のメロー・トラック”The Third Eye”、ジャジーなブギー・ソウル”There's A Master Plan”等が収録された最高の内容です!


●Ritchie Family / I’ll Do My Best (Arrive Records / DS 4145 / 1982 / Scandinavia)

3人組のソウル/ディスコ・ヴォーカル・グループRitchie Familyによる82年作。Change等のプロデュースでお馴染みのJacques Fred Petrusが参加。一押しは、The Mighty Zafと今は亡きPhil Asherがエディットを手掛けた事でも知られる80’sブギー・ソウルの傑作“One And Only”!サビの高揚感がたまりません!その他にもヒット曲”I'll Do My Best (For You Baby)”、”Alright On The Night”、”This Love's On Me”等、アルバム通して最高の内容です。こちらはUS盤と同年リリースのスカンジナビア盤です。


●Brainstorm / Journey To The Light (Tabu Records / PZ 35327 / 1078 / Canada)

デトロイトのディスコ・グループBrainstormによる78年2ndアルバム。Theo ParrishやDJ NORI氏のEditも素晴らしかった”Journey To The Light”は極上のブギー・ソウル・クラシックスです。その他も人気曲”We're On Our Way Home”、Stevie Wonderのカヴァー”Every Time I See You I Go Wild”、ブラジリアン・テイストで始まるフュージョン・ソウル”Brand New Day”等を収録。名盤です!


●Freddie Hubbard And His Orchestra / Born To Be Blue (Pablo Records / 2312134 / 1982 / US)

大御所ジャズ・トランペッターFreddie Hubbard率いるFreddie Hubbard And His Orchestraによる82年作。ダンス・ジャズ・クラシックスとして古くからDJ達に愛されてきたジャズ・ダンサー”Gibraltar”が最高!ブラジリアンなベースライン、パーカッシヴなトラック、4ビートに展開するパート、キーボードのラテン・パート、そしてFreddie Hubbardのトランペット & ホーン隊のプレイも最高!(中盤のパーカッション・パートは”restless soul / Beautiful”ネタです。)たまにしか見ない当時限定盤としてリリースされたレッド・ヴァイナル仕様です!!


●Lonnie Liston Smith / Live! (RCA / APL1-2433 / 1977 / US)

ジャズ鍵盤奏者Lonnie Liston Smithが77年にブルックリンのSmucker's Cabaretで行ったライブ・レコーディング盤。観客の歓声まで収められた現場の雰囲気まで感じれる傑作ライブ。メンバーにはお馴染みDonald Smith (Vo & Flute)を始め、Michael Carvin (Perc)、Dave Hubbard (Sax)、Hollywood Barker (Dr)、Al Anderson (Bass)等が参加。Lonnie Liston Smithの名作である”Expansions”のライブ・ヴァージョンは激盛り上がりで圧巻。”Visions Of A New World”を始めとした他の収録曲も含めこのライブ盤のみでのアレンジでしか聴けないヴァージョンで必聴です!


●Stratavarious / Stratavarious (Roulette / SR-3019 / 1977 / US)

”Nightfall”収録!!! John L. Usry JRが率いるStratavariousによる77年デビュー・アルバム。ジャジーなイントロからコーラスワークが素晴らしいメロー・ソウルに展開する”Nightfall”は最高!!!DJ Harveyがリエディットしていたブギー・トラック”I Got Your Love”や”The Baby”、”I Need You”、”Love Is Love”等の人気曲も収録です。

●Starship Orchestra / Celestial Sky (CBS / S CBS 84558 / 1980 / UK)

ソウル・ユニットStarship Orchestraによる80年作。プロデュースはNorman Connors。Aquarian Dreamのブギー・クラシックス”You’re A Star”のカヴァーやファンキー・フュージョン“The Genie”を始め、Toninho Hortaの名作でブラジリアン・クラシックスAquilas Coisas Todasをカヴァーした”All Those Things”も収録!オリジナルに匹敵する最高のカヴァー・ヴァージョンです!(UK盤です。)




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page