中古盤商品更新:2021.05.13



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.05.13】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


今週はヨーロピアン・タイトルを紹介してます!

新入荷商品に加え、人気タイトルも再入荷してます!

是非チェックしてみて下さい!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Rimona Francis / Rimona Francis (MPS Records / 0068.187 / 1978 / Germany)

イスラエル生まれのブルガリアンでドイツを拠点に活躍したジャズ・シンガーRimona Francisによる78年MPSからの名盤。Gilles Peterson選曲による名作コンピTalkin’ JazzのCDにのみ収録され一気に人気ジャズ・トラックとなった”Colours Of Excitement”が収録!ムーディーなイントロで幕を開け、スピリチュアルなベースラインとブラジリアンなトラック、そしてRimona Francisのスキャットと文句無しの最高傑作です!ファンキーな変拍子スキャット・ファンク”Bulgarian Beans”も人気です!2001年に一度だけ再発になった事もありますが、こちらはもちろんオリジナル・ドイツ盤です!


●Krystyna Pronko / 1980 (Wifon / LP-014 / 1980 / Poland)

ポーランドのシンガー・ソング・ライターKrystyna Pronkoによる80年作。ポーランドではポップ・シンガーとして活躍した彼女ですが、本作にはジャズ/ブラジリアンDJにも人気のEspecial Classics “Oto Przyczyna”が収録。ブラジリアンなベースライン、ジャジーなブギー・アレンジ、フュージョンなキーボード・ワーク、そして彼女の極上スキャットが素晴らしい融合を魅せてくれるダンス・トラック!その他にもフュージョン・ソウル・トラック”Jutro Zaczyna Się Tu Sezon”等も要チェック!お薦めです!


●Claudio & Cristina Latini Band / Sol E Cachaca (Ipe Mundi Records / IPR 001/88 / 1986 / Norway)

ノルウェーのブラジリアン・ジャズ・バンドClaudio & Cristina Latini Bandがプライベート・プレスで発表した唯一のアナログ。当時ノルウェーのジャズクラブで演奏していた彼等がブラジルに渡航しリオデジャネイロで録音。一部のマニアの間でしか知られていない極上のブラジリアン・ダンサー”Sol E Cachaca”はアップリフティングなブラジリアン・フュージョン。その他にも同じくダンサブルなブラジリアン・フュージョン”Brasileira”、George Dukeの”Brazilian Love Affair”的イントロから始まる”Afoxe Da Minha Espera”や、フェンダーローズ・ソロが心地いい”Farinha De Mandioca”等も最高。アルバム通して最高の内容です!マイナーなブラジリアン・フュージョンでこのクオリティーの作品にはなかなか出会えません!


●Erica Chiquinho Et Les Show Rio / Brazil 77 (Sonopresse / 69.653 / 1976 / France)

ブラジリアン・シンガーErica Norimar Denzと、Os MaracatuのギタリストChiquinhoによるフランスで録音された76年フレンチ・ブラジリアンの傑作。なんといってもお薦めなWandoの傑作にしてブラジリアン・クラシックス”Nega De Obaluae”の極上カヴァー!Chiquinhoによるギターで始まる軽快なブラジリアン・トラックにEricaの爽やかなヴォーカルとChiquinhoのコーラスがのせられたある意味オリジナルを超える極上カヴァー。”Dodo”、”Chatanooga Choo Choo”、”De Frente Pro Crime”を始めとしたその他のトラックも◎。何気にブラジル系の方はチェック漏れしているアルバムですので是非この機会に聴いてみて下さい。


●Maija / The Voice (Bleubird / BBL 1012 / 1980 / Finland)

フィンランドのヴォーカリストMaija Hapuojaによる80年作。ヘルシンキのジャズ・ミュージシャンHeikki Sarmantoがプロデュースした作品。なんと言ってもお薦めは、彼女のスキャット・コーラスが素晴らしいブラジリアン・テイストのフュージョン・トラック”April Morning”。ジャズ/ファンク/ブラジリアンの融合具合が素晴らしいフィンランド産フュージョンのトップ・トラックです。A1の”Little Passionate Man”、A3の”For Juan”辺りも◎。Kitty Winter辺りの作品が好みの方は是非チェックを。


●Art van Damme & Liza Matson / Art & Liza (Svenska Media AB / SMTE 5003 / 1981 / Sweden)

スウェーデンのアコーディオン奏者Art Van DammeとシンガーLisa Matsonによる81年作。スウェーデン産ブラジリアン・フュージョンが発掘された当時人気作となっていた軽快なブラジリアン・トラック”You Are The Shining Sun”が収録。その他にもジャズ・トラック”Cute”、フリーソウルとしても一時期取り上げられたフュージョン・フィールなAOR曲”Our Hearts Are One”、"The Sun Is Out”等も収録です。


●Svante Thuresson / Just In Time (WEA / 24 0004-1 / 1982 / Scandinavia)

スウェーデンのジャズ・シンガーSvante Thuressonによる82年人気盤。ブラジリアン・ジャズ・アレンジでのStevie Wonderカヴァー曲”Rocket Love”はジャズ系DJの定番トラック。同じくStevie Wonderのカヴァーでブラジリアン・テイストの作品”Bird Of Beauty”、”On A Clear Day”のカヴァーも人気です!


●Tintomara / Tintomara (Abra Cadabra / ABC 2013 / 1979 / Denmark)

スウェーデンのフィーメール・ラテン・バンドTintomaraによる79年デンマークでのデビュー・アルバム。スカンジナビア版Alive!とも呼ばれる彼女達は、Alive!同様にブラジリアン・サウンドを取り入れたジャズ/フュージョン・サウンドを披露。フルートがメロディーを奏でピアノが疾走するジャジーなサウンドが心地いい北欧ならではの洗練されたブラジリアン・ジャズ/フュージョン”Singing Spring”が素晴らしいです。同様にブラジリアン・ジャズな”Samba Till En Hund”や、ジャズ・ファンク”Cirkus Pastillo”も◎。


●Freeez / Southern Freeez /(Beggars Banquet / BEGA 58 290 / 1981 / Germany)

80年代Brit Funk・シーンを牽引したバンドFreeezによる81年デビュー・アルバム!Gilles PetersonやPatrick Forge等も昔からプレイしているBrit Funkの最高傑作として現在も人気のUKブギー”Southern Freeez”の収録はもちろん、ジャズ〜ブラジリアン的なイントロからフュージョン・ブギーに展開するこちらもBrit Funkクラシックスである”Mariposa”、このアルバムからのヒット曲でもある”Flying High”、その他にも”Caribbean Winter”、”Sunset”等々アルバムを通して最高の内容です!こちらはドイツ盤です。


●Mondo Grosso / Marble (99 Records / 9006 / 1993 / Germany)

Mondo Grossoのデビュー作品にして同時に海外デビュー作品となったフルアルバムに先駆けリリースされたミニ・アルバム。アルバムには収録されなかったヴァージョンリミックスが収録されたエクスクルーシヴな内容。アップリフティングなヴァージョンの”Tree, Air, And Rain On The Earth”、Norman CookのRemixによる”Anger (Club Mix)” & “Souffles H (Souffle Your Wig)”、本作のみの収録となった”That's How It Is” & “Spirit Of Voyage (Non Vocal Mix)”、Young DisciplesのBrother MarcoがRemixを手掛けた”Yellow Note (Straight To Prince Jazz Beards Head)”、James LavelleのユニットUNKLEによる”Vibe P.M. (Stranger Things Have Happened - Brazil On A Jimmy Hill Mix)”と恐るべし豪華な内容!こちらは日本盤と同年リリースのドイツ盤です。

最新記事

すべて表示