中古盤商品更新:2021.05.06



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.05.06】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

今週はブラジル盤ジャズ サンバの7” & LPに加え、ロシアン/東欧フュージョン作品を紹介してます!

レア盤もありますのでお見逃し無く!

オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================


●Claudia / Jesus Cristo c/w Com Mais De 30 (Odeon / 7B-476 / 1970 / Brazil)

大推薦!60年代後半から活躍し続けていたブラジリアン・シンガーClaudiaによる70年カップリングも最高な7”。彼女の4thアルバムにして人気作品”Jesus Cristo”からの7”カットとなる本作は、アルバムのハイライトとなっている2曲が両方収録!Erasmo Carlos作サウダージ感に溢れる”Jesus Cristo”はファンク・アレンジが最高!c/wにはブラジリアン・メローの最高傑作”Com Mais De 30”を収録。どちらも胸を締め付けられるメロディー & Claudiaのヴォーカルが最高です!”Jesus Cristo”はヨーロッパ盤も含め数タイトルの7”が存在しますが、この2曲がカップリングされた7”ほとんど見かけません!(本作が一番最初にリリースされたオリジナル盤だと思われます。)


●Claudette Soares ‎/ Que Maravilha c/w Vem Balançar (Philips / 365.287 / 1969 / Brazil)

ブラジリアン・シンガーClaudette Soaresによる69年リリースの”Feitinha Pro Sucesso Ou Quem Não É A Maior Tem Que Ser A Melhor”と”Claudette” 2枚のアルバムからの7”カット。”Claudette”からとなる”Vem Balançar”はMário Castro Neves & Samba S.A.のヴァージョンでも知られているブラジリアン・ジャズ・ダンサー!このClaudette Soaresのヴァージョンも最高です!Jorge Ben E Toquinhoの名曲カヴァーである”Que Maravilha”ももちろん◎。ブラジリアン・ジャズ・コレクターは是非7”で持っておきたいですね。


●O Som Psicodélico de L.C.V. ‎/ Yê-Melê c/w Zizê Baiô (CBS ‎/ 33532 / 1967 / Brazil)

ブラジリアン・ピアニストLuiz Carlos Vinhasによる67年レア7”。Side-Aには68年のレア・アルバム”O Som Psicodélico De L. C. V.”からLuiz Carlos Vinhasが生み出したブラジリアン・クラシックスの最高峰”Yê-Melê”を収録。Side-Bには68年のアルバムに収録されたヴァージョンとアレンジが違うこの7”のエクスクルーシヴ・ヴァージョンとなっている”Zizê Baiô”が収録。ブラジリアン・ジャズ・コレクターはお見逃しなく!


●Elis Regina ‎/ Yê-Melê c/w Upa Neguinho (Philips ‎/ 365.229 / 1968 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる7”オンリーでの68年レア作品。Luiz Carlos Vinhas作曲で多くのアーティストにもカヴァーされたブラジリアン・クラシックス”Yê-Melê”を極上のアレンジでカヴァー。今までこの7”以外ほとんどアナログ化されていないレア・トラックです。c/wには68年にBossa Jazz Trioをバックにライブ録音された名曲”Upa Neguinho”を収録。ブラジリアン・ジャズ・コレクターは是非7”で持っておきたいですね。


●Eduardo Costa & Os Hit-Makers / Festa De Brotos (Rozenblit ‎/ LP 70.004 / 1967 / Brazil)

ブラジルのオルガン奏者Eduardo Costaによる67年作。基本スタジオ・エンジニアとしての仕事がメインだったようでミュージシャンとしての作品は数少ないが本作は彼の残したジャズ・ボサの名盤として古くから知られている作品です。なんといっても本作のハイライトは同じオルガン奏者であるEd Lincolnの最高傑作”Cochise”のカヴァー・ヴァージョン。Ed Lincolnヴァージョンに勝るとも劣らないキラーなジャズ・ボサ・ヴァージョンで、よりスイング感のあるEduardo Costaヴァージョンの方が好きなリスナーもおられます。何気にマイナー作品なので”このヴァージョンは?”と聞かれる事も多々。その他にもソウルジャズやラウンジ・テイスト等の素晴らしい作品が収録されたナイス・アルバム。


●Maria Bethânia Viana Telles Veloso / A Tua Presença (Philips / 6349.001 / 1971 / Brazil)

Caetano Velosoの妹でもあるブラジリアン・シンガーMaria Bethâniaによる71年作。Jorge Ben作の楽曲でゲストにもJorge Benをフィーチャーした”Mano Caetano”はJorge Benサウンド全開のブラジリアン・クラシックス。90年代にはジャズ系のコンピレーションに収録されるなど古くからDJに人気の名作です。その他にもClaudiaのカヴァーでもお馴染みのファンキーな”Jesus Cristo”もナイス・ヴァージョンです!


●Doris Monteiro / Doris Monteiro (Odeon / MOFB 3622 / 1970 / Brazil)

1950年代からブラジリアン・シンガー/女優として活躍してきたDoris Monteiroによる70年作。数多く存在する彼女のアルバムの中でも人気の一枚。当時主流であったジャズ・テイストのボサノヴァ/サンバを披露。Baden Powell作でElis Reginaのヴァージョンでも有名な”Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaquá)”は彼女のヴァージョンも最高です。その他にも”A Peteca”辺りを筆頭にアルバムを通して彼女のヴォーカルを堪能出来る素晴らしい内容です。


●Doris Monteiro / Doris (Odeon / MOFB 3698 / 1971 / Brazil)

1950年代からブラジリアン・シンガー/女優として活躍してきたDoris Monteiroによる71年作。数多くの名作を残したDoris Monteiro。ジャケットのお洒落さでも有名ですが本作も人気のジャケット。内容もメロウなボサノヴァ〜サンバが収録されたBGMにも最高な内容。”ラララ”コーラスが心地いい人気トラック”Eu Quero, Eu Quero, Eu Quero”を筆頭に、”Mas Que Doidice”や”De Pilantra E De Poeta”等が収録。


●Marina Granovskaja, Kęstutis Lušas / Jazz Compositions (Мелодия / С60 20475 001 / 1984 / USSR)

マルチ・プレーヤーKestutis Lusasがサウンド・プロデュースを手掛けた旧ソ連のシンガーMarina Granovskajaのよる84年作。某レコード紹介本にも掲載されましたが、”これぞEspecial Classicsといえる昔Especialがディスカヴァリーした極上アルバム。お薦めはスキャット/フュージョン感が最高に心地良いソビエト産ブラジリアン・フュージョン”Greita Bosanova”。その他も極上のジャズ・ファンク”Pastovus Judėjimas”、ワルツ作品等、まさか旧ソ連産とは思えない極上のジャズ/フュージョ