中古盤商品更新:2021.02.25



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.02.25】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

今週は、お薦めのUKブギーことBRIT FUNKクラシックス等の12”や、SOULの名盤12”をヨーロッパ盤等のジャケットあり仕様中心で、更にはUSの定番LPも追加してます。ご興味ある方は是非。

オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================


●Weekend / The View From Her Room (Rough Trade / RT 097 / 1982 / UK)

後にWorking WeekのメンバーとなるSimon Booth、そしてギタリストのSpikeとヴォーカリストのAlison StattonによるユニットWeekendがEPオンリーで発表した82年作。後のWorking Weekサウンドに繋がるジャズやブラジリアンを取り入れたサウンドは、2年後にメジャーデビューでブレイクを果たすSadeにも強い影響を与えたといわれるBritish Smooth Jazzシーンの先駆け的作品。Kyoto Jazz MassiveがBebel Gilbertoをフィーチャーしてカヴァーを手掛けた”The View From Her Room”はGilles PetersonやPatrick Forge等のDJ達のマスター・ピースとなった素晴らしいブラジリアン・トラック。当時7”もリリースされているが、後半アップテンポに展開する部分がフルで収録されたこの12”ヴァージョンがやはり最高です。c/wにはジャズ・トラック”Leaves Of Spring” + インストを収録。


●Second Image / Can’t Keep Holding On c/w Images (Polydor / POSPX 336 / 1981 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドSecond Imageによる81年リリースの名盤”Second Image”からの12”カット。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたBritish Smooth Jazzの傑作”Images”がこの12”にエクスクルーシヴで収録。ブラジリアンなサウンドが心地いい素晴らしい作品です。c/wにはアップ・リフティングなBrit Funk作品”Can’t Keep Holding On”を収録。更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。


●Beggar And Co. / (Somebody) Help Me Out / c/w Rising Sun (Ensign / ENYT 201 / 1981 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドBeggar And Co.による81年リリースの名盤”Monument”からの12”カット。後にはLight Of The WorldやThe Funk Jazz Collectiveとの共作も手掛ける彼等ですが、本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”(Somebody) Help Me Out”が収録。更にc/wはEspecial的にお薦めです!この12”のみでリリースされたUKブギー・フュージョン”Rising Sun”が収録。Brit Funkの名曲です!更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。


●V.A. / Re-Mixture (The Best of UK Jazz Funk) (Champagne Records / CHAMP 1 / 1981 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心作品が”"The Best of UK Jazz/Funk”というコンセプトでChampagne Recordsによって選曲された81年のコンピレーション12”。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたBrit Funkの傑作”Powerline / Journey To...Powerline (Double Journey)”、”T.W. Funk Masters / Love Money”の2曲が収録。その他に収録されている”The Inversions / Mr. Mack”、”RAH Band / Slide”、”Not James Player / Friends Again”も当時のUK Jazz Funk / Brit Funkを語る上では欠かせない作品です!更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。


●Real Thing / Can You Feel The Force c/w Children Of The Ghetto (Pye Records ‎/ 7NL46147 / 1978 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドReal Thingによる78年リリースの名盤”Step Into Our World”からの12”カット。本作はGilles PetersonがWWFMでの”The 20 - Brit Funk”においてお気に入りの20枚ピックアップしたUKブギー/Brit Funkの傑作”Can You Feel The Force”が収録。c/wにはこちらもUK産メローソウルとして人気の”Children Of The Ghetto”が収録された最高の内容。更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。


●Light Of The World / London Town (Full Length Version) c/w Pete’s Crusade (Ensign ‎/ ENY 4312 / 1980 / UK)

AtmosfearやFreeez同様に再評価が高まるBrit Funkシーンの中心バンドでIncognitoのBlueyも在籍していたLight Of The Worldによる80年2ndアルバムにして名作”Round Trip”からの12”カット。後に阿川泰子の”L.A. Night”にも引用されたと言われる”London Town”はBrit Funkシーンの中でも人気のメロー作品。c/wにはAtmosfearやThe Warriorsにも参加していたキーボーディストPeter Hinds作曲でCrusadersサウンドにリスペクトを捧げたと言われるフュージョン・ブギー・トラック”Pete’s Crusade”を収録。更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。更なるBrit Funkブームが来る予感ですので今のうちに是非。


●Kalima / Four Songs (Factory,Base Record / FAC 127 / 1985 / Italy)

80’s Brit FunkバンドKalimaによる85年人気盤!Jazz DefektorsやA Certain Ratioと共にUKジャズ〜ニューウェーヴ・シーンで活躍したKalima。彼等の作品の中でもDJ人気が一番高い高速ラテン・ジャズ・ダンサー”Sparkle”が収録!ジャズ・トラック”Land Of Dreams”も最高です!最近オリジナル盤はほとんど見かけなくなったので是非!(こちらはUK盤と同年リリースのイタリア盤です。経年汚れの為ディスカウント)


●Mondo Grosso / Invisible Man (99 Records / 9012 / 1995 / Germany)

大沢伸一率いるMondo Grossoによる94年3rd EP。(こちらは95年リリースのドイツ盤) 93年にデビューを果たし、その後世界的評価を受けることになった彼等の代表作の一つ。Valerie Etienneをコーラスに迎えた名曲”Invisible Man”は3ヴァージョンで収録。そして今や日本産ブラジリアン・クラシックスとなっているMonday Michiruをフィーチャーした”Tree, Air, And Rain On Earth (Night Fire Carnival)”、隠れ名作”Espirito, Alleglia, Emosau”、更には”Vibe-P-M (Masters At Work Mix)”迄を収録した豪華過ぎる内容。


●The James Taylor Quartet Featuring Cleveland Watkiss / It Doesn't Matter (Urban / URBX 43 / 1989 / UK)

Acid Jazzを代表するアーティストThe James Tylor Quartetによる89年4thアルバム”Get Organized”からの12”カット。お薦めはCleveland Watkissがヴォーカルで参加したジャズ・トラック”It Doesn't Matter”。当時UK DANCE JAZZシーンが盛り上がる中、Charlie Earlandの”Murilley”等と共にジャズ・ダンサー達を盛り上げたダンス・ジャズ・クラシックス。c/wには当時この12”にエクスクルーシヴ収録されたSteve White (The Style Council)プロデュースによる”Mon Oncle” & “One And Only One”が収録。市場ではあまり見かけないので是非12”で持っておきたい一枚。


●Herbie Hancock / I Thought It Was You c/w No Means Yes (CBS / CBS 6550 / 1978 / Netherlands)

説明不要のジャズ・キーボーディストHerbie Hancockによる78年アルバム”Sunlight”からの12”カット。フュージョン・ブギーの最高傑作”I Thought It Was You”が収録。c/w には同アルバムからフェンダーローズのプレイも最高な”No Means Yes”を収録。アルバムのアートワークを引用して作られたこのレアなジャケットは当時オランダ盤のみでのリリースです。(アートワーク付きオランダ盤)


●George Benson / Give Me The Night (Warner Bros / LV40, K 26142 / 1980 / UK)

ヴォーカリスト/ギタリストGeorge Bensonによる80年リリースのUK盤オンリー12”。Side-Aには80年リリースのアルバムからブギー・ソウル・クラシックスとしてお馴染みの名作”Give Me The Night”が収録。c/wには77年のアルバム”In Flight”からGeorge Bensonのスキャット & ギターも最高なこちらもブギーの傑作”The World Is A Ghetto”と、76年のアルバムから収録のメロー・クラシックス”Breezin’”を収録した全曲◎な内容。(アートワーク付きUK盤)


●Crusaders / Street Life - Special Full Length U.S. Disco Mix (MCA Records / MCAT 513 / 1979 / UK)

Joe Sample 率いるフュージョン・グループCrusadersによる79年アルバム”Street Life”からの12”カット。ヴォーカルにRandy Crawfordをフィーチャーした”Street Life”はブギー・ソウルの名曲です。アルバムに収録の冒頭アカペラ部分がカットされDJユースに再構築された”Special Full Length U.S. Disco Mix”での収録。(アートワーク付きUK盤)


●Arnie’s Love / I’m Out Of Your Life (Streetwave ‎/ WAVEL 9 / 1983 / UK)

ソウル・シンガーArnie C. JosephことArnie’s Loveによる83年デビュー12”。(アルバムはリリース無し) アーバンかつメローなミッド・テンポ・ブギー・ソウルの傑作として80’sブギー・ファンに人気の1枚。c/wにはインストが収録。12”オンリーでのリリースという事でRadar RecordsからのUS盤はレア盤となっていますが、こちらの同年リリースのUK盤も価値上昇中です。(UK盤)


●Diana Ross / The Boss - Special 12” Version (Motown / M 00026D1 / 1979 / US)

ソウル・クイーンDiana Rossによる79年名作アルバム”The Boss”からの12”カット。大人気ソウル・ダンサー”The Boss”がアルバム・ヴァージョンの約倍の長さとなる7:23に渡るSpecial 12” Versionで収録。c/wには78年リリースのアルバム”Ross”から”Lovin', Livin' And Givin’”が収録。(アートワーク付きUS盤)


●Womack & Womack / Baby I’m Scared Of You (Elektra ‎/ E9733T / 1983 / UK)

夫婦ソウル・Womack & Womackによる83年1stアルバム”Love Wars”からの12”カット。ミッド・テンポ・ブギーでありながらカラージ・クラシックスである数多くのDJ達のフェイヴァリット・ソウル”Baby I’m Scared Of You”が収録。前半のメローなパートから、中盤になってパワフルになっていく展開は圧巻です。c/wには同アルバムから”A.P.B.”が収録。(アートワーク付きUK盤)


●Brenda Russell / Piano In The Dark c/w In The Thick Of It (A&M Records ‎/ 390 291-1 / 1988 / Germany)

シンガーソングライターBrenda Russellの2つのアルバムからの人気トラックを収録した12”カット。なんといってもお薦めは79年のアルバム”Brenda Russell”からの収録となったJoey Negro/The Sunburst Bandがブギー・カヴァーしていた極上メロー・トラックの最高峰”In The Thick of It”。冒頭のフェンダーローズのプレイから最高です!他には88年のアルバム”Get Here”から”Piano In The Dark”と”This Time I Need You”が収録です。(アートワーク付きドイツ盤)


●Patsy Gallant / Patsy! (Miracle Records / MLP 3004 / 1979 / UK)

カナダのシンガーPatsy Gallantによる79年名作アルバム。ジャジーなピアノ・リフ、最高な哀愁のメロディーも最高なメロー・ソウルの最高傑作”It'll All Come Around”はもちろん、コンピレーション”London Jazz Classics”でディスカヴァーされたカナダ産ブラジリアン・フュージョンにしてピークタイム・サンバ・トラック”Te Caliente”が収録。その他にもディスコ・トラック”Slow Down”、メロー・トラック”Party Baby”含め素晴らしい内容のアルバムです。カナダ盤はAtticからのリリースですが、こちらはMiracle RecordsからのUKオリジナル盤です。


●Linda Williams / City Living (Arista / AB 4242 / 1979 / US)

シンガーソングライターLinda Williamsによる79年唯一のアルバムにして名作。Richard Evansがプロデュース/アレンジを担当。イントロのピアノのフレーズから素晴らしいラテン・ソウルの最高傑作”Elevate Our Minds”を筆頭に、ブギー・ソウル・クラシックスとしてDJに人気の”City Living”、メロー・トラック”No Love, No Where, Without You”、Richard Evans節全開のメロー・フュージョン”Our Song”等、アルバム通して内容◎です。是非オリジナル盤で!


●American Gypsy / American Gypsy (BTM Records / BTM 1001 / 1975 / UK)

LA出身のソウル/ファンク・バンドAmerican Gypsyによるオランダ録音の75年作。Gil Scott-Heron的なヴォーカルもクールな古くからレア・グルーヴ・クラシックスとして人気の"Inside Out”を筆頭に、フォーキー・ソウルから中盤にファンキーなスキャット・パートが挿入される極上トラック"Golden Ring”、メローかつ軽快なソウル・トラック”10.000 Miles”、ブラック・シネマ・サウンド/Gil Scott-Heron的な”Angel Eyes”、ファンキー・ソウル・トラック”Stuck On You”等々、アルバムを通して素晴らしい楽曲満載のアルバム。US盤はChess、オランダ盤はPhilipsからリリースされていますが、こちらのUK盤も市場では同等の価値です。


●Jimmy Smith / Black Smith (DJM Records / DJLPS 451 / 1975 / UK)

ジャズ・オルガン奏者Jimmy Smithによる75年名盤。冒頭のファットなドラム・ブレイクから最高なBarry Whiteのカヴァー作品”I’m Gonna Love You Just A Little More Babe”は、数多く存在するカヴァー・ヴァージョンの中でもTOPといえる最高の作品で、ソウル/ジャズファンク/レアグルーヴの傑作。他にもTimmy Thomasの”Why Can't We Live Together”のカヴァーやキラー・ジャズ・トラック”Pipeline”等も含め素晴らしいジャズ・ファンクアルバムです。US盤はPrideからのリリースですが、こちらはDJM RecordsからのUKオリジナル盤です。


●Brenda Russell / Brenda Russell (A&M Records / 393 174-1 / 1979 / Europe)

シンガーソングライターBrenda Russellによる79年フデビュー・アルバム。Volcovがコンピレーションに収録していたストリングのアレンジも絶品なブギー・ソウル”Way Back When”が最高。Joey Negro/The Sunburst Bandがブギー・カヴァーしていた極上メロー・トラック”In The Thick of It”もこのアルバムに収録です。


●Cameo / Knight Of The Sound Table (Casablanca / 6480 041 / 1981 / Netherlands)

Larry Blackmon率いるニューヨークのファンク・バンドCameoによる81年作。スキャットやホーンアレンジを加えたジャズ・ファンク・ディスコとして多くのDJ達にプレイされ続けている名曲”The Sound Table”が収録された人気盤。こちらはUS盤と同年リリースのオランダ盤です。


●Earth, Wind & Fire / I Am (CBS / CBS 86084 / 1979 / UK)

数多くの名曲を生み出したMaurice White率いるスーパーバンドEarth, Wind & Fireによる79年作。世界的ヒットとなったディスコ・クラシックス”Boogie Wonderland”が収録のアルバムとしても有名ですが、このアルバムでの一番のお薦めはA4に収録されているブギーの傑作”Let Your Feelings Show”。ジャズ/クロスオーヴァー系DJ達のフェイヴァリット・ブギーの一つです!こ他にも”In The Stone”、"Can't Let Go"なんかも名曲です。こちらはUS盤と同年リリースのUK盤です。


●Stevie Wonder / Hotter Than July (Tamla / T8-373M1 / 1980 / US)

説明不要のシンガーソングライターStevie Wonderによる80年作。BDソングの定番”Happy Birthday”収録アルバムとして有名ですが、同じく彼の最高傑作”All I Do”も収録されています。更にお薦めはTheo Parrishのエディットでも有名で、DJ人気のファンク・トラック”As If You Read My Mind”。意外と聴き逃している方も多いと思いますので改めてチェックしてみて下さい。


最新記事

すべて表示