中古盤商品更新:2021.01.07



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2021.01.07】


中古盤新入荷更新が完了いたしました!


年末に到着していたヨーロピアン・ジャズ等の中古盤アップしてます!


オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


●Nico Gomez And His Orchestra / Bossa Nova (Omega International / OM 444 032-H / 1972 / Netherlands)

ブラジリアン/ラテン/アフロと数多くのラテン・アメリカ・サウンドを生み出したオランダ出身でオランダ/ベルギー等で活躍したNico Gomez率いるNico Gomez And His Orchestra名義での72年傑作アルバム。Rainer TrubyのコンピレーションGlücklich IIIのに収録されたヨーロッパ産ブラジリアンの傑作”Rio”が収録!冒頭からのピアノのフレーズ、そしてスキャットをフィーチャーしたダンサブルなブラジリアン・ジャズ・サウンドは正にユーロ・ブラジリアンの傑作です。A-1に収録されている”Aquarela”も人気のブラジリアンですね。ジャケットも最高です!2002年に日本盤で再発もされていますが今や市場ではほとんど見ません。ユーロ・ジャズ・ブーム期よりかなり値段も落ち着いてますので是非オリジナルのOmega盤で持っておいて下さい!(Side-Aに浅いキズがありますが音にはでません。予め御了承下さい。)


●To Be / To Be (Brain / 0060.053 / 1977 / Germany)

ドイツのJazz Rock/Fusion BandであるTo Beによる77年作。ヨーロピアン・ジャズ・ブームの時に発掘されRainer Trubyの大人気コンピに収録!コンピ・タイトルにも使われた”Glucklich”はカッティング・ギターとフェンダーローズが心地良くからむ極上のドイツ産ブラジリアン・フュージョンの名作。同じくDJユースなブラジリアン・フュージョン”Samba For Heino R.”も最高です!


●Nikolai Levinovsky / Вокруг Блюза - Around Blues (Мелодия / C60 25015 004 / 1987 / USSR)

ロシアのジャズ・ピアニストNikolai Levinovskyの87年作。トリオ編成で録音された本作、ジャズファンク・スタイルの”Fusion”もいいですが、Especialでのお勧めはA-3に収録されているブラジリアン・ピアノ・ジャズ”Джаз-Рок”。シンプルなサウンドですがめちゃくちゃ良いです!ロシア産ジャズなかなか入手難しいので是非要チェックで!お薦めです!


●Peter Lipa / Moanin’ (Opus / 9115 1461 / 1984 / Czechoslovakia)

チェコスロヴァキアのヴォーカリストPeter Lipaによる89年1stアルバム。ヨーロピアン・ジャズ再評価期に注目を浴びたヴォーカル・ジャズ/ボサ・フュージョン”My Album”が収録!ブラジリアン系のヨーロピアン・ジャズ/ヴォーカル・ジャズが好みの方にはお薦めのナイス・トラックです!


●Joe Gallardo / Latino Blue (Sandra Music Production / SMP 2108 / 1980 / Germany)

激レア盤”Sol” (Joe Gallardo & Sol)でもお馴染みUSのトロンボーン奏者Joe Gallardoによる80年ドイツでのリリース。スキャット・ヴォーカルにドイツのシンガーAnne Haigisをフィーチャーした”Sambita”は古くからジャズDJ達がプレイしているドイツ産ブラジリアン・フュージョン!その他もブラジリアン・フィールなジャズ〜フュージョンを収録しています。


●Nico Gomez And His Orchestra / The Best Of Nico Gomez And His Orchestra (Dureco / JDL25.019-H / 1976 / Netherlands)

ブラジリアン/ラテン/アフロと数多くのラテン・アメリカ・サウンドを生み出したオランダ出身でオランダ/ベルギー等で活躍したNico Gomez率いるNico Gomez And His Orchestra名義での76年リリースのベスト盤。72年にリリースされたアルバム”Bossa Nova”から”Rio”、”Aquarela”、更には71年にNico Gomez And His Afro Percussion Inc.名義でリリースされたレア・アルバム”Ritual”に収録されたユーロ・ファンクの傑作”Baila Chibiquiban”等が一挙に収録されたお得な内容!Nico Gomezの作品でお馴染みの素敵なジャケット・シリーズの一つですので、オリジナル盤に手が届かない方にもお薦めです!


●Buddy Miles Regiment / Sneak Attack (Atlantic / ATL 60 156 / 1981 / Europe)

ドラマーBuddy Milesによる81年作。ガラージクラシックとしても知られるラテン・ファンク”Latin Rock Fusion”、ファンキー・ソウル”Can You Hold Me”等も良いですが、なんといってもドラムブレイクから始まるフュージョン・ジャズ・ファンク・ダンサー”Jazz Fusion”が最高です!レアでは無いはずですが最近では滅多にお目にかかりません!


●Tania Maria / Piquant (Picante / CJP-151 / 1981 / US)

言わずと知れたブラジリアン・シンガー/ピアニストであるTania Mariaの81年作。初期ダンスジャズ・クラシックスである”Yatra-Ta”はTania Mariaのスキャットとピアノが軽快なブラジリアン・クラシックス。哀愁のジャズ・サンバ”Vem P'ra Roda”、Gilberto Gilのヴァージョンでもお馴染みの”Chiclete Com Banana”も◎。


●Tania Maria / The Real Tania Maria: Wild! (Concord Jazz Picante / CJP-264 / 1985 / Germany)

ブラジリアン・ピアニスト/シンガーであるTania Mariaによる85年ライブ盤。サンフランシスコのThe Great American Music Hallでのライブ・レコーディング。何と言ってもお薦めはTania Mariaの名曲”Come With Me”のライブ・ヴァージョン。アルバム・ヴァージョンとは違うアレンジ/ライブ感に溢れる演奏、そしてオーディエンスとの掛け合いまでが収録された素晴らしいテイクです!朝方のクラブやイベント終了前にDJで使えます!”Yatra-Tá”や、”Funky Tamborim”のライブヴァージョンも要チェック。(こちらはドイツ盤となります。)


●Tania Maria / Love Explosion (Concord Jazz Picante / CJP-230 / 1984 / US)

言わずと知れたブラジリアン・シンガー/ピアニストであるTania Mariaの84年作。名盤”Come With Me”の翌年リリースされた本作は、ブギー/フュージョン/ブラジリアン・ジャズと彼女らしい内容。ファンキーなベースラインが印象的なブラジリアン・ブギー・クラシックス”Funky Tamborim”、”Come With Me”路線の”Deep Cove View”、Tania Mariaらしいインスト・ブラジリアン・トラック”Bela Be Bela”、なんとJon Lucienがヴォーカルで参加しているメロー・トラック”The Rainbow Of Your Love”等を収録です。