中古盤商品更新:2020.12.24



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2020.12.24】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

こちらも年内最終の更新となります!

ブラジルから中古盤到着!人気のブラジリアン・クラシックスが入荷してますので是非チェックを!

オーダーはこちらから↓

https://www.especial-records.com

ESPECIAL RECORDS


===================================

●Ed Lincoln / Órgão E Piano Elétrico (CID / CID 14.020 / 1971 / Brazil)

“Cochise”でお馴染みブラジルのオルガン奏者Ed Lincolnによる71年作。お薦めはPatrick Forgeのペビープレイで知られる極上のブラジリアン・ボッサ・ファンク”Se Voce Quiser”。ファンキーでファットなドラム・ブレイクとボッサ展開が素晴らしい調和を遂げたブラジリアン・クラシックス!もちろんDJユースです!他にも爽やかなコーラス・ワークの”Hey, Amiga” & ”O Bêbado”、ファンキーなMPBトラック”Eu Quero Levar Você Pra Casa”、ファンキーかつ美しいコーラスのハーモニーが冴え渡る”Assim Não Dá”等も◎。アレンジャーにはAzymuthのJose Roberto Bertraniが参加ということで改めて納得。一度ブートレグでの再発が出ていたようですが、ブラジル・ファンはオリジナルで持っておくべき最高のアルバムです!


●Ivan Lins / Modo Livre (RCA Victor / 103.0092 / 1974 / Brazil)

ブラジルを代表するアーティストであるIvan Linsによる74年人気アルバム。数多い彼のアルバムの中でもTop Wantsとなるこの4th Albumには、ブラジリアンの最高傑作”Essa Mare”が収録!Claudiaのヴァージョンでもお馴染みの”Deixa eu dizer”、更にはPaulinho Da CostaやMondo Grossoのカヴァーでもお馴染み”Abre Alas” (Carnival Of Colors)も最高です。その他の内容も◎!!! 超人気アルバムの割には再発も2003年に一度だけ、そして”Essa Mare”は意外とコンピレーション等にもあまり収録されていないのでこの機会に是非!もちろんレアなブラジル・オリジナル盤です!


●V.A. (O.S.T.) / Selva De Pedra (Trilha Sonora Original Da Novela) (Som Livre / SIG 1012 / 1972 / Brazil)

オリジナル盤と同年リリースのジャケット違い盤・レーシングカージャケ仕様!収録曲のほとんどをMarcos Valle & Paulo Sérgio Valle兄弟が手掛けたSelva De Pedraのサントラ盤。さすがValle兄弟の作品という事で豪華ミュージシャン達の作品はどれもいいですが、中でも注目はOsmar Milito E Quarteto Formaの傑作”América Latina”の収録です!後にOsmar Militoのアルバム”Na Trilha De Osmar Milito”にも収録されますが、そちらは今や入手困難で中古盤市場にもほとんど出回っていない超レア盤となっています。Osmar MilitoのピアノとQuarteto Formaのコーラスによる美しいハーモニーはまさにブラジリアン・クラシックスの傑作といえます!更にOsmar Milito E Quarteto Formaによる”Corpo Sano Em Mente Sã”を始め他の収録曲も◎です。このサントラも入手困難のレア盤となっていますのでお見逃しなく!


●Sandra Sá / Sandra Sá (RGE / 303.6011 / 1982 / Brazil)

ブラジルのソウル/ブギー・シンガーSandra Sáによる82年人気アルバム。最高の内容です!ブラジリアン・ブギーの傑作でFavouriteからのコンピレーション”Brazilian Disco Boogie Sounds“に取り上げられた人気トラック”Negra Flor”を筆頭に、古くからソウル/ファンクDJにも人気のブラジリアン・フォーク・ファンク”Olhos Coloridos”、Banda Black Rioサウンドを彷彿とさせるキャッチーなブラジリアン・ブギー・ソウル”Música Maravilha”等々収録の最高の内容です。Lincoln Olivetti、Mamao (Azymuth)、Robson Jorge、Claudio Stevenson (Banda Black Rio)等のメンバー参加!もちろんオリジナルのブラジル盤です!盤面は綺麗ですがプチノイズがあります。もちろん針飛びはございません。(レア盤ですのでこれでもディスカウント・プライスです。予めご了承下さい。)


●Lô Borges / A Via-Láctea (EMI / 31C 064422851 / 1979 / Brazil)

Milton Nascimentとの共演でもお馴染みミナス・サウンドの代表格Lô Borgesによる79年人気盤。72年リリースのMilton Nascimento & Lô Borges名義での傑作アルバム”Clube Da Esquina”に収録されたブラジリアン・クラシックス”Tudo Que Você Podia Ser”をセルフ・カヴァー。最新のシンセサウンドとアコースティックなサウンドを織り交ぜたサウンドは、数多く存在する”Tudo Que Você Podia Ser”のカヴァーの中でも別格のヴァージョンです。その他にも”Clube Da Esquina Nº 2”や、”Equatorial”等の美メロに溢れるミナス・サウンドも◎。もちろんブラジル・オリジナル盤です!現在も値段が上昇し続けていますのでお早めに入手しておいてください!


●Hector Costita / 1981 (Som Da Gente / SDG-002/81 / 1971 / Brazil)

ブラジルを拠点に活動したるアルゼンチン出身のサックス/フルート奏者Hector Costitaによる81年作。Hector Costitaに加え、Dirceu (Drums)、Roberto Azevedo (Bass)、Paulo Falanga (Percussion)、Roberto Bomilcar (Piano)の5人編成で極上のブラジリアン・フュージョンを披露。お薦めは沖野好洋(KJM)がThe Room Radioでのブラジリアン・ミックスで冒頭にプレイした”Divagação 6/8”。印象的なベースライン、ジャジーなフェンダー・ローズ、そしてスピリチュアルなHector Costitaによるサックスが調和した素晴らしいブラジル産フュージョンの傑作です。サウダージ感に溢れる”Lou”、ブラジリアンなリズムとジャジーなサウンドが溶け込んだ”Avessos”等含め他の収録曲も素晴らしいです!同年に3rdプレスまでリリースされていますが、こちらは1stプレス/オリジナルGatefold盤です!)


●Elis Regina / Elis Especial (Philips / 6349 413 / 1979 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaによる79年作。60年代から長きに渡って数多くの名曲を残して来た彼女ですが、79年の本作では極上のMPB & フュージョンを披露。ダンサブルなフュージョン・トラック”Ou Bola Ou Bulica”は最高です!MPB作品”Noves Fora”を始めとした他の収録曲も◎。70年代のElis Regina作品の中でも圧倒的にDJ人気が高い名盤です!


●Elis Regina / Elis Regina in London (Philips / 6349 042 / 1982 / Brazil)

ブラジルを代表する歌姫Elis Reginaが69年のロンドンで録音した最高傑作。”Corrida de Jangada”、”Se Voce Pensa”、”Zazueira”等最高のアレンジで披露!UKオリジナルや日本盤はスーパー・レアで入手困難。再発盤ですら値段高騰中。こちらは82年プレスのブラジル盤です。


●Fafá De Belém / O Prestígio De Fafá De Belém (Fontana / 6488 180 / 1982 / Brazil)

アマゾン出身のブラジリアン・シンガーFafá De Belémによる82年コンピレーション・アルバム。コンピレーションといえど侮るなかれ!本作には彼女のレア・トラック”Emorio”が収録!75年彼女のデビュー作として今やスーパーレアとなっている7”オンリーの作品で、DJクラシックスとしてGilles PetersonやJazzanovaがプレイしていていた”Naturalmente”が有名ですが、その7”のカップリングで収録されていたのがこの”Emorio”。Joao Donato作でSergio Mendesのヴァージョンも有名ですが、このヴァージョンもキラーです!”Naturalmente”路線のグルーヴでDJ NutsもBoiler Roomのミックスでプレイしていた曲です!7”は激レアですので是非このLPを使って下さい!


●Joao Bosco / Galos de Briga (RCA Victor / 103.0171 / 1976 / Brazil)

ブラジルのシンガーソングライター・ギタリストJoao Boscoによる79年5thアルバム。ブラジリアン・クラシックスとして有名な”O Ronco Da Cuica”はマスト!哀愁のギターで始まるイントロから、サンバに展開する極上のブラジリアン・サウンドを奏でる”Incompatibilidade De Genios”、ラテンソウル的な”Rumbando”等もお薦めです!!


●MPB4 / Cicatrizes (Philips / 6349 056 / 1972 / Brazil)

60年代から活躍するブラジルのコーラス・グループMPB4による72年作。彼等の70年代の作品はサンバの影響も積極的に取り入れたファンキーな作品も生み出しています。本作でのお薦めはサンバ・グループTom & Dito作の”Agibore”。ファンキーなベースラインにスピード感に溢れるギターとピアノ、そして彼等のコーラス・ワークでダンサブルなブラジリアン・ファンクを披露。その他にもJorge Benのカヴァー等を収録。Antonio Carlos E Jocafi等がお好みの方には是非お薦めしたいです。


●Nara Leão ‎/ ...E Que Tudo Mais Vá Pro Inferno (Philips / 6349 396 / 1978 / Brazil)

数多くのボサノヴァ名曲を生み出したNara Leãoによる78年作。このアルバムではWilson das Neves、Marku、Roberto Menescal、Paulinho等が参加したバンドを率いてシンセ・サウンドも取り入れた楽曲を披露。中でもお薦めはErasmo Carlos, Roberto Carlosによる名曲で、Elis Regina、Wilson Simonal、Wilson das Neves等のカヴァーでもお馴染みの”Se Você Pensa”。彼女の作品らしからぬファンキーなベースライン、ワウギターのイントロから疾走感に溢れるサビに展開する素晴らしいヴァージョンを披露!是非聴いてみて下さい!


●Various / 14 Sucessos Do III Festival Da Musica Popular Brasileira (RGE / XRLP 5.319 / 1967 / Brazil)

67年リリースのRGEレーベルのコンピレーション・アルバム。お薦めはRainer TrubyやKyoto Jazz Massiveが当時ヘビープレイしていたErasmo Carlosによる”Capoeirada”。Erasmo Carlos名義では7”のみでリリースされていたレア・トラック。ヴォーカル・グループTitulares Do Ritmoによる”Ponteio”もコーラス・ワークが素晴らしいナイス・ヴァージョンです。このアルバム自体はレアではありませんが持っておく価値ありです!


●Marcos Valle / Estrelar c/w Fogo Do Sol (Som Livre / 401.6155 / 1983 / Brazil)

Artist : Marcos Valle

説明不要のブラジリアン・アーティストMarcos Valleの83年レア・オフシャル 7”。Leon Wareとの共作でブラジリアン・ブギー/AORの傑作”Estrelar”の7”です。既にアルバムは再発等でお持ちの方もおられると思いますが、コレクターの方はこのジャケット付きの7”も是非持っておいて下さい!(この時代のMarcos Valleのジャケット逆の意味で素敵です。笑)


●Claudette Soares ‎/ Quem Não É A Maior Tem Que Dar Mais (Philips / 6245.001 / 1971 / Brazil)

ブラジリアン・シンガーClaudette Soaresによる71年7”カット。同年リリースのアルバム”De Tanto Amor”からの7”カットとなった本作ですが、なんとこの7”にのみ収録されたエクスクルーシヴ・トラック”Shirley Sexy”に注目!O.S.T “O Cafona”にMarília Peraのヴァージョンも収録されブラジリアン・クラシックスとして知られる”Shirley Sexy”ですが、このClaudette Soaresによるヴァージョンも最高です!ファンキーなギターとリズム、そしてClaudette Soaresの美声がマッチした古くからDJ人気の作品です。


●Elis Regina / Madalena (Philips / 441.473 / 1970 / Brazil)

ブラジルの歌姫Elis Reginaによる70年7”カット。Ivan Linsの名曲でElis Regina作品を代表するカヴァー作品となった”Madalena”、70年リリースのアルバム”...Em Pleno Verão”の冒頭を飾ったこちらも彼女の代表作”Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquada)”、彼女の人気作の一つ”Fechado Pra Balanço”、等チョイスも最高な4曲が収録。内容がいいのはもちろんですが、なんといってもジャケットがいいですね!当時25歳であったElis Reginaの写真が使われた数多く存在する彼女のEPの中でも上位にランクインするジャケットだと思います。