中古盤商品更新:2020.11.19



【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2020.11.19】

中古盤新入荷更新が完了いたしました!

オーダーはこちらから↓ (新サイト)

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================


今週はお薦めの12”諸作と定番タイトルを紹介しています。

定番アルバムはファクトリーシールド盤(デッドストック)も入手してますのでも是非チェックで。


●Wando / Nega Do Obaluae (Brasilia Records / 12 BR-S 2501 / 1976 / US)

ブラジルのシンガーシングライターWandoによる名曲”Nega Do Obaluae”のレア12”。当時Brazil, US, France, Italyから7”でもリリースされましたが、12”はUSのBrasilia Recordsからのリリースのみ!Side-Aには”Nega Do Obaluae”をアルバムとは違うフルレングスの5:49ヴァージョンで、Side-Bにはアルバムにも収録されていた人気曲”Na Baixa Do Sapateiro”がカップリングで収録です!Brasilia Recordsカンパニー・スリーヴです。


●Fonda Rae / Over Like A Fat Rat (Vanguard / SPV 55 / 1982 / US)

NYのシンガーFonda Raeによる82年名作!!!実は彼女名義でのアルバムはリリースされていないのでこの12”がオリジナル盤。ブギー/ディスコの名曲として多くのDJから愛され続けるマスター・ピース!Leroy Burgessもアレンジに参加しています。De La Soul等のサンプリングネタとしても有名ですが、DJブギー・セットには欠かせない最高傑作ですね!


●Kid Creole And The Coconuts / Stool Pigeon / Annie, I'm Not Your Daddy / I'm Corrupt (Sire / PRO-A-1064 / 1982 / US Promo Only)

元Dr.Buzzard’s Savannah BandのメンバーであるKid CreoleことAugust Danellのトロピカル・サウンド・バンドKid Creole And The Coconutsによる82年プロモ・オンリーの12”。ヒットアルバム”Tropical Gangsters”に収録された”Stool Pigeon”の12”ですが、このプロモ盤にはトロピカル・ブギーの傑作”I'm Corrupt”が収録!(正規盤には未収録。本作とスペイン盤にのみ収録です。)一時期Alex from Jazzanovaがブギー・セットに織り交ぜ”これなんだ?”と話題になった事もあるDJユースなお薦めのブギー・トラックです!Idjut Boysがエディットを手掛けた事でも知られハウス系でも人気ですね。今やこのプロモ盤も滅多に見ないので是非!


●Freeez / Southern Freeez (Beggars Banquet ‎/ BEG 51T / 1981 / UK)

Britt Funk (British Jazz Funk)を代表するバンドFreeezによる81年の人気フュージョン・ブギー傑作。古くからLoft Classicsとしてもお馴染みのUK産ブギー/ディスコ・クラシックス。最近ではKamaal WilliamsのDJ-Kicks(CD)に収録されたり、Freeez & John Rocca名義での再発LPで復刻されたりとBritt Funk再評価の流れで人気の作品です。 是非12”で持っておきたいですね。

●Billy Griffin / Hold Me Tighter In The Rain c/w Understand (CBS / A13-2935 / 1982 / UK)

Miraclesのリードヴォーカリストとしても知られるBilly Griffinの82年作。アルバム”Be With Me”からのリードEPとなった本作は、Kyoto Jazz Massiveを始め多くのDJ達がプレイする極上のアーバン・ブギー”Hold Me Tighter In The Rain”。心地いいファルセット・ヴォイスでのサビは高揚感に溢れる最高の展開です。c/wの”Understand”もナイス・ブギー・ソウルです!USプロモ盤は値段が上昇していますが、このUK盤は現在も買いやすい値段。それもピクチャー・スリーヴなのが嬉しいですね。


●Diana Brown & The Brothers / Yes It's You c/w Hot Pants (TUF Records / TUF T 12-001 / 1987 / UK)

Acid Jazzブーム期にブレイクしたDiana Brown & Barrie K Sharpeの前身バンドDiana Brown & The Brothersによる87年唯一のEP。後のAcid Jazzブームの中心人物になるミュージシャンがこの時期にバンド活動を始めていたがこのバンドもその一つ。Barrie K Sharpeと、Brand New HeaviesのAndrew Levyを中心としたメンバーでDiana Brownがボーカルを務めたRare Grooveカヴァー作品。Side-AにはSweet Charlesのヒット曲”Yes It's You”を極上のヴァージョンで披露。Side-BにはJames Brownのカヴァー”Hot Pants”を収録。当時国内輸入はされておらず、SOUL II SOULのJazzie Bの初来日時にイベント会場でのみ販売されRare Groove DJ達が血眼になって探したと言われる幻の傑作です。後にドイツ盤での再リリースや、”Yes It's You”がDiana Brown & Barrie K Sharpeの12”にも収録されましたが、本作がオリジナル盤です。


●Lesette Wilson / Now That I've Your Attention (Headfirst / HF-9708 / 1981 / US)

NY出身のピアニスト/シンガーLesette Wilsonによる81年作。80’sブギーを代表する傑作”Caveman Boogie”は、印象的なシンセ・ベースのイントロからコーラス・ワーク、ピアノ・ソロとフュージョン・テイストに溢れた極上のブギー・トラックです!フュージョン・ダンサー”Saturday Nite Groovin”、インスト・ピアノ・ブギー・フュージョン”Corrida”、メロウ・ソウル”No Matter What 'Cha Do”等の収録作品も◎です!


●Mandrill / Getting In The Mood (Arista / AL 9527 / 1980 / US)

ソウル/アフロ/ラテン等のテイストを取り入れたファンクサウンドでお馴染みのMandrillによる80年作。Theo Parrishのプレイで人気の”Feeling Good”はROOT SOULがアルバムでカヴァーも手掛けたブギー・ファンクの傑作。ブギー系はマストです。


●Mtume / In Search Of The Rainbow Seekers (Epic / JE 36017 / 1980 / US)

Reggie LucasとJames MtumeによるバンドMtumeによる80年作。Joey NegroがRemixを手掛けた事でも話題を呼んだストリングスを含めた壮大なアレンジが最高な傑作ブギー・トラック”So You Wanna Be A Star”を筆頭に、ブギー・ソウル”Give It On Up”やメロー・ブギー”You Can't Wait For Love”、その他のメロー・ソウルも含めて最高の内容です!


●Betty Wright / Betty Wright Live (Alston Records / 4408 / 1978 / US)

マイアミ出身のシンガーBetty Wright による78年ライブ・レコーディング盤。彼女最大のヒットとなった名曲”Where Is The Love”のクラブでも使えるライブ・ヴァージョンを筆頭に、”Clean Up Woman”からのカヴァー・メドレーや、名作”Tonight Is The Night”等を収録。ライブの名演が楽しめる素晴らしいアルバムです!


●Norman Connors / Invitation (Arista / AB 4216 / 1979 / US)

ジャズ〜ソウル・シーンでもお馴染みNorman Connorsによる79年作。数多くの名作を生み出した彼が本作で手掛けたのはRenee Geyer Bandのヴァージョンでもお馴染みのソウル・ダンサー”Be There In The Morning”。ヴォーカルにはAdaritha、アルトサックスにはGary Bartzをフィーチャーした軽快なソウル・トラック。アルバムには先日亡くなったキーボーディストOnaje Allan Gumbs、バッキング・ヴォーカルにはJean CarnやThe Jones Girls等も参加。収録の他の曲もめちゃくちゃ良いです。


●Rodney Franklin / Endless Flight (Columbia / FC 37154 / 1981 / US)

USのジャズ/フュージョン・キーボーディストRodney Franklinによる81年人気アルバム。Kyoto Jazz Massiveのカヴァーでもお馴染みのフュージョン・ソウル”Endless Flight”が収録の名盤です。他にもTheo Parrishのプレイリストにも挙げられていたブラジリアン・フュージョンの傑作”Vibrations”等含め好内容です。


●Patrice Rushen / Patrice (Elektra / 6E-160 A / 1978 / US)

シンガー/ピアニスト/コンポーザーとしてもお馴染みのPatrice Rushenによる78年作。お薦めはフュージョン・ファンク・クラシックスである”Music Of The Earth”。Domuがカヴァーしていた事でも知られる名曲です!他にもブギー・ソウル”It's Just A Natural Thing”、メロー・グルーヴ”Didn't You Know”等収録の好内容です。


●Phyllis Hyman / Somewhere In My Lifetime (Arista / AB 4202 / 1978 / US)

数多くのジャズミュージシャン作品の参加や、自身のディスコ作品でもお馴染みのシンガーPhyllis Hymanによる78年作。Harbie Hancock, Bill Summers, Monty Alexander等の豪華ミュージシャンが参加。ミッドテンポ・ブギーの最高傑作”Living Inside Your Love”が最高です。


●Michael White / The X Factor (Elektra / 6E-138 / 1978 / US)

“The Blessing Song”でお馴染みのヴァイオリニストMichael Whiteによる78年作。スピリチュアル・ジャズやジャズ・ファンクでも名作を残していますが、本作では極上のブラジリアン・フュージョン”Let Love Be Your Magic Carpet”を披露!ブラジル系が好みの方は是非聴いてみて下さい!