中古盤商品更新:2020.10.15


【ESPECIAL RECORDS WEB 中古盤商品更新:2020.10.15】

中古盤新入荷更新が完了いたししました!

オーダーはこちらから↓ (新サイト)

https://www.especial-records.com


ESPECIAL RECORDS


===================================

今回はブラジル盤でのブラジリアン・クラシックス中心に更新しました!

お時間ある方は是非チェックしてみて下さい。

(ブラジル盤続々入荷してますが、現在検品/クリーニング中ですので準備出来次第紹介予定ですのでお楽しみに。)


●Ed Lincoln / Ed Lincoln (Musidisc / Hi-Fi-2149 / 1966 / Brazil)

ブラジルのオルガン奏者Ed Lincolnによる66年人気アルバム。ジャズ・ボッサの最高傑作”Cochise”は永遠のブラジリアン・クラシックスです。その他にも爽やかなスキャットも心地いい人気曲”O Ganso”、ファンキーなジャズ・サンバ”Eu Nao Vou Mais”等名曲多数収録。もちろんブラジル・オリジナル盤(Mono)です!


●Toninho Horta E Orquestra Fantasma ‎/ Terra Dos Pássaros (EMI / 31C 064 422855 / 1980 / Brazil)

名作!!!ブラジリアン・シンガーソングライター/ギタリストToninho Hortaによる79年記念すべきデビュー・アルバム。哀愁のメロディーと切ないギターから生み出されたMPBの傑作アルバムです。ブラジルの名作にして多くの音楽ファンに愛され続ける”Aquelas Coisas Todas (Sanguessuga)”が収録。ギター、コーラス、フェンダーローズの美しくも切ないメロディーが心を打つ最高のブラジリアン・クラシックス。他の内容も最高。今迄にコンピレーションには収録されていますが、オフィシャルでのリイシューは出てません。(ブートレグのみ) レア盤ですがコンディションがDの為ディスカウントしてあります。(”Aquelas Coisas Todas”は良好です。)


●V.A. (O.S.T.) / Pigmalião 70 (Trilha Sonora Original Da Novela Da TV Globo) (Philips / R 765.108 L / 1970 / Brazil)

70年にリリースされたブラジルTV番組”Pigmalião 70”のサントラ盤。Erlon Chaves、Egberto Gismonti、Claudette Soares、Wilson Das Neves等豪華ミュージシャンの作品が収録。中でもお薦めは実はAzymuthメンバーが参加していると言われるJames Brownばりのファンク・トラック”The Youngsters / Tema De Kiko”。ただのファンクかと思いきやワルツや4ビート・パートが部分的に挿入されるブラジルならではのブラジリアン・ファンクの傑作です!(浅いキズで一部プチノイズの箇所あり。針は飛びませんので予めご了承ください。”Tema De Kiko”はもちろん良好です!ジャケ補修済みの為ディスカウント。)


●Gilberto Gil / Luar (Warner Bros / BR 36.180 / 1981 / Brazil)

ブラジルのシンガーソングライターGilberto Gilによる81年人気盤。ブラジリアン・ソウル/ブラジリアン・ブギーに特化した好内容。中でもやはりお薦めは、今でも数多くのDJ達がプレイし続けているブラジリアン・ブギーの最高傑作”Palco”。メローな”Morena”等も◎。ブラジリアン・ブギーの重要人物Lincoln OlivettiもPiano & Synthesizerで全面参加!ブラジル・ファンは絶対に持っておきべきブラジリアン・クラシックスです。(こちらはUS盤と同年にリリースされたブラジル盤となります。)


●Milton Nasciment / Milton (EMI / XEMCB-7024 / 1976 / Brazil)

数多くの名曲を生み出してきたMilton Nascimentによる76年作品。アメリカに渡ってレコーディングした作品という事で、Airto、Toninho Horta等ブラジル・ミュージシャンに加え、Herbie Hancock、Wayne Shorter、Raul De Souza等のUSミュージシャンも参加。今でもGilles Petersonのヘビープレイ・ブラジリアンである”Cravo E Canela (Clove And Cinnamon)”はやっぱりこのヴァージョンが最高です!ブラジル・ファンは絶対に持っておきべきブラジリアン・クラシックスです。(こちらはUS盤と同年にリリースされたブラジル盤となります。)*盤面Bレベルですが部分的にチリノイズがありますので予めご了承下さい。


●Djavan / Luz (Discos CBS / 138.251 / 1982 / Brazil)

数多くの名作を生み出したブラジリアン・シンガーDjavanによる82年5thアルバム。Stevie Wonderをハーモニカでフィーチャーしたブラジリアン・メロー・クラシックス”Samurai”収録の人気盤!アルバムにはRonnie Foster, Hubert Laws, Paul Jacson Jr等USミュージシャンも参加。日本盤はインコのジャケットですが、ブラジル盤はこの顔ジャケットです!


●Azymuth / Outubro (Milestone / 504 7154 / 1980 / Brazil)

ブラジリアン・フュージョンの代表格Azymuthによる80年作人気アルバム。2016年にFar Out Recordingから再発がリリースされるもオリジナル盤は現在も値上がりしてます!ブラジリアン・ブギー・フュージョンの傑作”Dear Limmertz”はJosé Roberto Bertramiによる最高なフェンダーローズと、Alex Malheirosによる極上のチョッパー・ベースのプレイ、そしてIvan Contiによる人力ブギー・ドラムが最高です!その他にもJazz Carnivalの続編ともいえる”Papasong”を始め名曲多数収録の最高傑作アルバムです!(こちらはオリジナルUS盤と同年発売のブラジル盤です。)


●Emilio Santiago / Emilio Santiago (CID / 8028 / 1978 / Brazil)

ブラジルのソウル・シンガーEmilio Santiagoの1stアルバム。(オリジナル盤は75年のジャケ違いですが、こちらは78年の2ndプレスとなります。)なんと言ってもお薦めは古くからDJ達にプレイされてきたブラジリアン・ソウルの傑作”Bananeira”。イントロのブレイクビーツから最高です。その他にも心地いいボサノヴァ・トラック”Quero Alegria”や”Batendo a Porta”、ソウルフルなブラジリアン・ファンキー・ソウル”Brother”、ブラジリアン・ラテン・ソウル”La Mulata”等収録した最高の内容です。アルバムにはJoão Donato、Vitor Assis Brasil、Wilson Das Neves、Azymuth、Orandivo、Ivan Lins、Jaime & Nair等の豪華ミュージシャンが参加!是非ブラジル盤で持っておきたい名盤です。(Far Out Recordingsからリリースされた再発盤はこの2ndプレスのジャケットが使われてますね。)


●Wando / Ilusão (Beverly / BLP-9155 / 1977 / Brazil)

ブラジルのシンガーシングライターWandoによる77年作。当時の日本盤では”Ilusão De Carnaval”というタイトルでもリリースされていた本作は、ダンサブルな人気のサンバソウル・トラック”Se Quiser Chorar Por Mim”、Ronnie Lawsのブギー名曲”Nuthin' 'Bout Nuthin’”のイントロを彷彿とさせるサンバ”Boca Calada”、哀愁のサンバ”Samba Do Perdao”等々、素晴らしい内容のアルバムです。(盤面は良好ですが、ジャケットがテープで補修されていますのでディスカウント・プライスです)


●Hiroshi Fukumura / Hunt Up Wind c/w Captain Caribe / 12” (Champagne Records / FIZY 5002 / 1980 / UK)

ジャパニーズ・ジャズを代表するトロンボー二ストHiroshi Fukumuraが78年に日本でリリースしたアルバム”Hunt Up Wind”からUKのChampagne Recordsがライセンス・リリースしたUKオンリーの12”。Sadao Watanabeをフィーチャーしたフュージョン・ファンクの傑作”Hunt Up Wind”に加え、ラテンテイストのフュージョン・ブギー”Captain Caribe”のアルバム内のTopチューンズが収録。


●Spank / Oh Baby / 12” (Champion / CHAMP 12-1 / 1985 / UK)

85年に唯一のアルバムをリリースしたJohn Davis率いるUKのモダンソウル/ブギーソウル・バンドSpankによるUKオンリーの12”。UK産の80’s ブギー・ソウルとして知る人ぞ知る名曲”Oh Baby”は都会的なサウンドと胸を締め付けられるような切ないメロディーが素晴らしいお薦めの作品です。Instrumental & Radio Editの3ヴァージョンが収録。


●Chaka Khan / What Cha’ Gonna Do For Me (Warner Bros / WB 56 888 / 1981 / Germany)

ソウル・ディーヴァChaka Khanによる 81年人気アルバム。数多くのDJ達がプレイし続けて来たダンス・クラシックス”I Know You, I Live You”を筆頭に、Ned Dohenyの名曲カヴァー”What Cha' Gonna Do For Me”、その他も”We Got Each Other”、”Heed The Warning”、”Fate”等、名曲オンパレードの最高傑作です。(ドイツ盤です。)


●V.A. / Brownswood Workshop : Multidirection (Talkin’ Loud / 518 960-1 / 1994 / UK)

United Future Organizationプロデュースの元、日本のアーティストを海外に紹介する企画としてGilles PetersonのTakin’ Loudからリリースされた94年作。今や幻のプロジェクトとなったSleep Walkerの前身バンドKyoto Jazz Massiveによるスピリチュアルジャズ”Rising Sun”を始め、United Future Organization, Jazz Brothers, Cool Spoon, Muro, Soul Bossa Trio, Nobukazu Takemura等が参加したジャパニーズ・ニュージャズ・ショーケース。


●Mondo Grosso / Mondo Grosso (99 Records / 9003 / 1993 / Germany)

Mondo GrossoがデビューEP”Marble”と同年に海外デビュー作品としてリリースされた93年コンセプト・アルバム。Mondo Grossoの作品はもちろん、Secret Vibes, Bahia Sunsets, Man Against Cool, Brenda等当時のMondo Grossoメンバーによる別プロジェクト作品も収録されたMondo Grosso周辺アーティストによるショーケース。当時海外でも評価された事も納得できる日本が誇るクオリティーに脱帽。


●Mondo Grosso / Now You Know Better / 12” (Epic / EPC 670836 6 / 2000 / Europe)

Mondo Grossoの名アルバム”MG4”からのシングル・カット第一弾。Amel Larrieuxをボーカルに起用した極上のメロー”Now You Know Better”はNitin Sawhney Remixと共に2ヴァージョンで収録。更にはヒット曲”Life feat.bird”はアコースティックなスタジオ・ライブ・ヴァージョンと、Paula Limaによるポルトガル語ヴァージョンで収録です!(こちらはヨーロッパ盤です。)