中古盤商品更新:2020.09.24



【 中古盤商品更新:2020.09.24】

中古盤新入荷更新が完了いたししました!

オーダーはこちらから↓ (新サイト)

https://www.especial-records.com/home

ESPECIAL RECORDS

===================================

連休明けに続々と中古盤到着してます!

準備にもう少し時間がかかりますが一部定番タイトルのみ更新しました。

Sadeの人気タイトルや、Acid Jazz等々も久々に紹介してます。

お時間ある方は是非チェックしてみて下さい。

●Sade / Diamond Life (Epic / EPC 26044 / 1984 / UK)

UKソウルを代表するSadeによる84年リリースのデビュー・アルバム。歴史的大名曲”Smooth Operator”はもちろん、”Hang On To Your Love”、”Cherry Pie”、そしてTimmy Thomasのカヴァー作品”Why Can't We Live Together”等最高の内容です。

●Sade / Promise (Epic / EPC 86318 / 1985 / Spain)

UKソウルを代表するSadeによる85年リリースの2ndアルバムにしてグラミー賞を獲得したSadeの代表作品。傑作”The Sweetest Taboo”を筆頭に、”Mr. Wrong”、”Never As Good As The First Time”、”Maureen”等々ジャズ、ブラジリアン、フュージョン等のテイストをアーバンでクールなアレンジで表現したUKソウルの最高傑作です。こちらはスペイン盤です。


●Sade / Stronger Than Pride (Epic / EPC 460497 1 / 1988 / Spain)

UKソウルを代表するSadeによる88年リリースの3rdアルバム。グラミー賞を獲得した前作に続き名曲満載の傑作アルバムです。名作”Paradise”を筆頭に、”Love is Stronger Than Pride”、”Nothing Can Come Between Us”、”Turn My Back On You”、”Keep Looking”等々ジャズ、ラテン、ワールドミュージックのテイストをアーバンでクールなアレンジで表現したUKソウルの傑作です。こちらはスペイン盤です。


●The Bukkyleo Quintet / Rejoice In Righteousness (Acid Jazz / JAZID 7 / 1988 / UK)

ロンドンでAcid Jazzブームが始まる直前、”ジャズで踊る”シーンが始まった頃に初期Acid JazzレーベルからリリースされたThe Bukkyleo Quintetによダンス・ジャズの傑作。当時Gilles Peterson等のDJ達がBrothers In JazzやIDJ等のジャズ・ダンサー達を踊らせていたキラー・ジャズ!Pharoah Sandersの名曲”You've Got To Have Freedom”とジャズの名曲”Jeannine”を組み合わせたような”Rejoice In Righteousness”は最高のジャズ・ダンス・トラック!このアルバム最近ではほとんど見ませんので是非!


●United Future Organization / Loud Minority (Zero Corporation / XRJN-1015 / 1992 / UK)

United Future Organizationによる92年リリースの2ndシングルにして歴史的名盤。日本産のクラブジャズ・サウンドを世界中に知らしめたFuture Jazz前夜の最高傑作。言わずと知れたUnited Future Organizationによる高速ジャズ”Loud Minority”、そしてVan Morrisonのカヴァー”Moondance”を収録。初期Mondo Grossoのヴォーカリストとしても活動していたAbigail Grimselをヴォーカルにフィーチャーした”Moondance (Moon Chant)”、そしてポエットにClaudiaをフーチャーした”Moondance (Moon Rappin’)”共に◎。


●United Future Organization ‎/ Cosmic Gypsy EP (Brownswood Records ‎/ PHJL10006 / 1995 / Japan)

United Future Organizationによる95年リリースの3rd Album “3rd Perspective”からのシングルカット。後にJazzanova等にも強い影響を与える事になるジャジーなベースラインと、スパニッシュギターが印象的な”Cosmic Gypsy”は彼等の代表作品の一つ。更には”Cosmic Gypsy - Descarga Dub”、ラテンネタが散りばめられた”Fool's Paradise”、”On Est Ensemble Sans Se Parler-L.O.V.E. (Kruder & Dorfmeister Session™)”も収録。


●Mondo Grosso / Mondo Grosso (99 Records / 9003 / 1993 / Germany)

Mondo GrossoがデビューEP”Marble”と同年に海外デビュー作品としてリリースされた93年コンセプト・アルバム。Mondo Grossoの作品はもちろん、Secret Vibes, Bahia Sunsets, Man Against Cool, Brenda等当時のMondo Grossoメンバーによる別プロジェクト作品も収録されたMondo Grosso周辺アーティストによるショーケース。当時海外でも評価された事も納得できる日本が誇るクオリティーに脱帽。


●The James Taylor Quartet / Get Organized (Urban / 839 405-1 / 1989 / UK)

Acid Jazzを代表するアーティストThe James Tylor Quartetによる89年4thアルバム。”Breakout”、”The Stretch”、”Electric Boogaloo”等々全編に渡って当時最高潮であったファンキーなAcid Jazz節全開ですが、お薦めはCleveland Watkissがヴォーカルで参加した”It Doesn't Matter”。当時UK DANCE JAZZシーンが盛り上がる中、Charlie Earlandの”Murilley”と共にジャズ・ダンサー達も盛り上げたダンス・ジャズ・クラシックスです。


●The James Taylor Quartet / Extended Play (Acid Jazz / JAZID 110 T / 1994 / UK)

Acid Jazzを代表するバンドJTQのアルバム”In The Hand Of The Inevitable”からのシングル・カット。Alison Limerickをヴォーカルにフィーチャーした”Stepping Into My Life”は今でもフレッシュに聴ける極上のブギー・ソウル!Acid Jazzクラシックスです!


●Jamiroquai / Virtual Insanity (Sony Soho Square / 663613 6 / 1996 / UK)

説明不要のJamiroquaiによる3rdアルバム”Travelling Without Moving”からのEPカット。彼の代表曲の一つ”Virtual Insanity”はAlbum Version & Single Editを収録。更には”Do You Know Where You're Coming From”、”Bullet”が収録です。


●Young Disciples / Get Yourself Together (Talkin’ Loud / TLKX 15 / 1991 / UK)

90’sのTalkin’ Lound/Acid Jazzシーンを代表するユニットYoung Disciplesによる91年EP。この人気曲”Get Yourself Together”のEPは90年にリリースされたThe Har-You Percussion Groupのジャケを引用したヴァージョンが有名ですが、こちらは一年後にリリースされた収録曲違いのEPです。90年のEPには収録されなかったCarleen Andersonのイントロヴォーカル付きの”Album Mix”が収録されています。更には”Original Mix”、そしてOutlaw PosseがMCを担当した”Step Right On (Keep On Steppin’)”の3トラックが収録。もちろんアートワークはSwiftyです!


●Incognito / Jazzfunk (Ensign / CHEN 27-2 / 1992 / UK)

Bluey率いるIncognitoによる1981年デビューアルバム。Talkin' Loudのデビュー前でBlueyがThe Warriorsのメンバーであった時の作品。当時ブレイクしていたブリティッシュ・ジャズ・ファンク・サウンド前回の極上UKブギーを披露しています。ブギー・スタイルの”Parisienne Girl”、”Summer's Ended”、”Incognito”、”Sunburn”等からジャズ・トラックの”Walking On Wheels”迄素晴らしい内容。昨今のブリティッシュ・ジャズ・ファンクのリバイバルもあり、今改めて聴くとフレッシュです!(本作は2ndプレスとなるジャケ違いの1992年盤です。個人的にはオリジナルのジャケットよりこちらのスリーヴ・デザインの方が好みです。)


●George Duke / Brazilian Love Affair c/w Summer Breezin’ (Epic / S EPC 13 8751 / 1980 / UK)

言わずとしれたGeorge Dukeの80年作最高傑作!同名アルバムからのシングル・カット。ブラジル、ブギー、ジャズフュージョンをミックスしたクラブ・クラシックスです。イントロのベースライン、そして高揚感に溢れるコーラスワーク、George Dukeのソロ、全てがパーフェクト!是非12”で持っておきたい名作です!(こちらはUK盤となります。)


●Seawind / Seawind (CTI / CTI 5002 / 1976 / US)

ハワイ出身のフュージョンソウル・バンドSeawindによる76年CTIからのデビュー作。Pauline Wilsonのヴォーカルが映えるブラジリアン・フュージョン名曲"He Loves You"収録。Paulinho Da Costa、Ralph MacDonald、Larry Williams、Harvey Mason等も参加した名盤。


●Flora Purim / Open Your Eyes You Can Fly (Milestone / M-9065 / 1976 / US)

ブラジリアン・シンガーFlora Purimによる76年作。ブラジリアン・フュージョンの傑作”Open Your Eyes You Can Fly”収録。Chick Corea作のフュージョン・トラック”Sometime Ago”、Commonにもサンプリングされていたメロー”Time's Lie”等も収録。


●Ramsey Lewis / Don’t It Feel Good (Columbia / PC 33800 / 1975 / US)

数多くの名作を生み出したジャズ・ピアニストRamsey Lewisによる75年作。もちろんプロデュースはCharles Stepney!何と言ってもCharles Stepney節全開のメロー・トラック”Something About You”が最高です!その他にもサンプリング・ネタしても知られる”I Dig You”、80年代のAzymuyh的サウンド”That's The Way Of The World”、ブギー・ファンクな”Fish Bite”等収録の好内容アルバムです。


●Ramsey Lewis / Sun Goddess (Columbia / KC 33194 / 1974 / US)

ジャズ・ピアニストRamsey Lewisによる74年名作。Charles Stepney, Maurice White (EW&F)等が参加したまさにCharles Stepneyサウンドの最高峰”Sun Goddess”はジャズ・ファンクの名曲です。その他も”Living For The City”、”Love Song”、”Jungle Strut”、”Tambura”、”Gemini Rising”等々収録の最高のアルバムです。(ディスカウント・プライスです。)


●Ramsey Lewis / Love Notes (Columbia / PC 34696 / 1977 / US)

数多くの名作を生み出したジャズ・ピアニストRamsey Lewisによる77年名作。なんと言っても彼の名曲中名曲”Spring High”は永遠のジャズ・クラシックス。Arp OdysseyはStevie Wonderがプレイ!もちろん他も好内容です。(ジャケットDの為ディスカウント・プライスです。)